晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2008/01/31: メモリ増設

Mac Pro (Early 2008)のスリープ問題は、SMCリセットでは解決しなかった。

しばらく、だましだまし使うことにする。
まだ保証期間は約1年あるので、イザとなればその間に修理依頼できる。



メモリの増設をすることにした。

4GB(2GBx2)は、kakaku.comでも最安値は6万円以上。
アメリカの通販を検索したら、この店ではUS$199.00(約21,150円)。
送料を入れても約24,300円だ。

29日夜その店に発注。
なんと今日(31日)午後に配送された。
すげ早。




080131_01

ELPIDA製?。
放熱用のデカいヒートシンクが付いている。

これでMac Proのメモリは6GBになった。

ついでにMacBook Proも4GB(最大搭載量)にアップした。
約1万円。


20年前にMac Plusのメモリ4MBを7万円で買ったことを思い出した。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Mac |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/30: 中国製猛毒餃子

ついに起きてしまいました。
中国製食品による日本国民の被害者たち。

一連のマスコミ報道を見ると、中国に加工食品を発注していた食品会社の検査に関するツッコミが多いが、
私に言わせれば本事件の発生はマスコミにもその原因がある。
(だいたいね、毒物が混入していることを前提とした検査体制なんかフツーしないよ)

消費期限・賞味期限偽造問題では、各マスコミはこれを「食の安全の問題」として経営者を吊るし上げる報道をしていたが、
これは「食の安全の問題」というより、社会的地位の高い人が嘘をつくという日本人の質の低下の問題であり、マスコミはその点をもっと深く追求し、伝統的日本人の質を取り戻すための教育改革を議論すべきだったのだ。
嘘つきの経営者を吊るし上げても根本的問題解決にはならないし、問題の食品は腐ってもいないし、毒が入っていたわけでもない。


少し前に、中国産・中国製の「食の安全の問題」が諸外国を発端として問題となったときに、マスコミはもっと突っ込んだ取材・報道ができたはずである。
中国共産党が宣言した食の安全性について、現地に飛んで徹底的に取材し、それが何の根拠も無いことを何度も繰り返し報道し、日本国民の注意を喚起することはできたはずである。



今からでも遅くはない。
マスコミ取材陣は中国で徹底的に取材し、「中国共産党が宣言した食の安全性」の嘘を暴き、繰り返し世界に向けて報道すべきだ。
中国共産党に取材を邪魔されたら、取材・報道の自由の無い独裁国家でのオリンピック開催の問題を世界中に問わなければならない。

世界のジャーナリストは中国共産党と戦っているぞ!



そして、日本政府はこの国民の生命の安全に関する問題についてどう対応すべきか?

忍者ハットリくんは、「う~ん、残念なことだねぇ~。」などと相変わらずのん気なコメントをしていた。

直ちに中国共産党に厳重抗議をし、緊急中国産食品輸入禁止・販売禁止令を発令すべきだろうが!
中国産・中国製の食品をメーカ問わず全て回収せよ!




そうすれば食料自給率の低さもまた問題となり、国会で議論すべきホンモノの課題が明確になり、国民の視点もそこに行くだろう。
国家の最優先課題が、ガソリン暫定税とつなぎ法案ではないことは明らかだ。



しかし、当面、自分の身は自分で守らなければならない。

過去そして現在の政策の過ちによるこの低い食料自給率ではどうしても中国産の食品を口にせざるを得ない。
知らないうちに食っちまう。


しかし、少なくとも「中国製」・「中国産」と記してある食料品は買うのは止めよう。
安い外食店での食事も控えよう。
不明な時は、必ず訊こう。「これは中国産ですか?」と。




080130_01

HPの電卓HP-35sも中国製

日本では中国を「シナ(支那)」とよんでいたが、いつのまにか「シナ」や「シナ人」が差別用語のように扱われるようになった。
これは日本の左翼系マスコミの国民洗脳の仕業である。
ちなみに他の国々では今でも中国は「チャイナ」・「シナ」・「チナ」・「チン」等である。


PS
もしかして、後日犯人が見つかって、
「個人的な日本への恨みによる犯行のため、日本以外の国々への輸出は安全である。
日本も歴史認識を正しく持ちきちんと謝罪していれば、この犯人も犯行には至らなかったはずだ。
したがって悪いのは日本である。」
なぁーんてオチは無いよね。
これは言い過ぎだね。
すいません。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 政治・経済/中国問題 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/01/29: また初期不良かいな?

買ったばかりのMac Proの調子がおかしい。


「スリープから解除されず再起動」してしまうのだ。

再現率は100%ではなく、症状が発生したりしなかったりする。

この症状を検索してみると私と同じ問題に遭遇している人が複数いるようだ。



アップルに相談したところ、「SMC(System Management Controller)のリセット」をやってみてくれという:
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=304123


普段の私なら「新品に交換しろ」と言うが、現在の腰痛悪化の状態ではこのバカでかいコンピュータを1階まで降ろすことはとてもできそうにない。


なので、今のところ、SMCリセットの効果を観察しているところである。



ところで、このMac Proは外部スピーカーをつなげていても起動音が内蔵スピーカから発せられる。
アップルによれば、このMac Proの起動シーケンスではサウンド設定の状態の把握の前に起動音を鳴らすそうだ。

ヘンなの。



私は昔から初期不良の帝王だ。
買ったものが製造不良等の要因で最初から壊れていたという経験が多い。

Macに限っても、21年前に買ったMacintosh Plusは電源不良で交換、PowerMac G4は電源不良とHDDの動作不良で2回も交換した。

その他、ハッセルブラッド503cx、パイオニアのレーザー・ディスク・プレーヤ、ソニーのプロフィール・モニター、ローランドのシンセサイザー、アルカリイオン整水器、等々。

暗室用品も初期不良の経験がある。
Zone IVの温度センサー付きタイマーはセンサーが壊れていたし、SALTHILLのプリントウォッシャーはアクリル板が割れていたのにメーカは交換に応じず大喧嘩した。



080129_01

高校時代にバイト代貯めてやっと手に入れたこのニコンも実は買った翌日に交換した。
故障していたのではなく、保証書と本体の製造番号が異なっていたからだ。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Mac |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/29: IEでGoogle Mapが表示されない!?

今ごろ気がついたのですが、Windows上でInternet Explorer(IE)を使うと、このブログのGoolgeマップが表示されませんね。


080129_00

これはMac ProでVMWare Fusionを使ってWindowsを実行している様子なのですが:

左:Mac OS X上のSafariではちゃんと地図が表示されています。
中:Windows上のFireFoxでも正しく地図が表示されています。
右:Windows上のIEでは地図が全く表示されません。

IE 7も試してみましたがダメでした。

そうそう、本ブログ右側の「今日の月」もWindows上のIEでは表示されませんね。

何でだろう?
「今日の月」も表示されないということは、Google Map APIの問題じゃないですね。


解決策を有している方、いらっしゃいましたら教えてください。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/トラブル |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/01/28: 最後のアメリカ大陸の旅、1997年夏

旅は一人旅に限る。

特に撮影旅行は一人の方が他人に気兼ねすること無く自由に行動できる。
連れが写真に興味がない場合だけではなく、写真仲間同士でも撮影は一人の方が気楽でいい。


1992年に初めて体験したアメリカ大陸の大自然に魅了された私は、その後も日本に帰国後もアメリカ大陸の旅に何度か出かけていた。

しかし、いつも旅仲間と連れ立って行動していたのである。




1997年の夏、当時東南アジアのタイにハマり始めた時期だったが、この夏休みは一人でお気楽なアメリカ大陸を旅することを決め、
リンホフハッセルブラッドパノラマカメラ等、写真機材一式をカメラバッグに詰めてアメリカに向けて飛び立った。



Los Angeles空港でVolvo V70を借り、昔住んでいたコンドミニアムに近いモーテルに宿を取り、その晩は懐かしい友人たちと大いに盛り上がった。

この旅には「10日後にはモーテルに戻ってくる」という日程計画しか無く、
その10日間でグランド・サークルと呼ばれているアメリカ西南部の国立公園やモニュメントを可能な限り多く巡り、
フィルムを残すこと無く写真を撮ってくるのが旅の目標だ。
もちろん宿は予約していないので、車の運転に疲れたら近くの街でモーテルを探す。



%%http://maps.google.co.jp/maps?q=36.066862,-114.038085+()&hl=ja&ie=UTF8&z=6.5%%36.066862%%-114.038085%%6.5%%0%%0

この記事を書くにあたり、当時のメモ帳を探したが見つからない。
後日メモ帳を発見したら、詳細かつ正しい記事に改めようと思う。


「10日後に戻ってくるよ」とモーテルのオバさんに言い残して、早朝Los Angelesを出発。

インターステイツ、つまり州間道路、その15号線をひたすら走る。
以前ブラックジャックにハマったLas Vegasにも目もくれずに走る。

この日700km弱をドライブして、夕方St. Georgeに到着しモーテルを探して泊ることにした。

夜、St. Georgeの街を車で走りレストランを探す。
一人旅は撮影には最高なのだが、旅先での夕食が一人ではなんとも寂しい。

夕食後、モーテルのオヤジに、この先訪れたい場所を示してどのルートが適切かを相談した。



翌日早朝Zionに向けて出発。
ZionからBryce Canyonを廻り、Bryce Canyon近くのモーテルに泊まった。


翌日、12号線をBryceからCapitol Reefに行く途中、
途中でふと横道に入りしばらく走ったところで、車がぬかるみにハマって動けなくなった。

仕方なく、買ったばかりのGitzoの高価なカーボン・ファイバーの三脚をタイヤの下に入れたりしたが、どうしてもぬかるみから脱出できない。

車が来ない。そもそもアメリカの田舎道は車なんか走ってない。
辺りは恐ろしく静かで太陽が熱くなってきた。

私も車も泥だらけになって途方に暮れているところにようやく一台のジープがやってきた。
年配の夫婦が乗っている。
ジープに向かって手を振り「止まってくれ!」と叫ぶが、奥さんが旦那さんに「止めちゃダメッ!」と怒鳴っている。
私が強盗でもしかねないと誤解しているのだろう。

それでも旦那さんが車から降りてきて「どうしたんだ?」と声をかけてくれた。
だが、牽引ロープも携帯電話も持ってないと言うので、「次の街に付いたらトリプルA(日本でいうJAF)に電話してくれ。」と頼んでおいた。

しかし、その人をあてにしてトリプルAの救助隊の到着を待っているわけにもいかないし、どうせ来やしないだろう。


周辺の草木を拾い集めてタイヤの下に敷き車を少しずつ動かす、
という作業を何十回もやっているうちにどうにかこうにかぬかるみから脱出できた。

その時の嬉しかったことといったら、まさに狂喜!
「やったやったやったやったやったやった!!ざまぁみやがれってんだ!!」と一人で雄叫びまくってた。

次の街で泥だらけのVolvoと私は注目を浴びていた。




その後、Capitol Reefから、ArchesCanyonlandsに向かった。
Archesは私が大好きな場所なので近くの街Moabに3泊して写真を撮った。


この先、何処に泊まったのか、どう走ったのか、記憶が定かではない。
以下は「たぶん」である。


その後、おそらくMoabからコロラド州に入ってMesa Verdeに行った。

Mesa Verdeから4州が交わる十字点Four Cornersを見学。
比較的直線で区切られている各州だが十字で交わるのは、実はネヴァタ州・ユタ州・コロラド州・アリゾナ州の交差点だけなのだ(上記地図参照)。


Four Cornersから、Goosenecks State Parkに行ってパノラマ撮影。
そこからアリゾナ州に入ってMonument Valleyを回り、Canyon de Chellyに行った。
Canyon de Chellyでは、リンホフを担いで谷を降り、Ansel Adamsの写真で有名な遺跡を同じアングルで撮影した。


州間道路40号線に出て化石の森Petrified Forestを再訪問。
ここはかつての森林が化石となった国立公園。
地味(?)だが大変興味深い。

Petrified Forestから40号線をひたすら西に走り、Flagstaffを通り越し、Grand Canyonの南口ゲートの先、真南にある街Williamsのモーテルに泊まった。

早朝Williamsを出てGrand Canyonに向かう。
Grand Canyonは、その後自家用車の入場制限が厳しくなったと耳にしたが実際のところどうなのだろうか?

Williamsのモーテルの近くの過去に何度か訪れたステーキ・レストランで唐辛子を入りのチリ・ビールとステーキを楽しむ。

これが旅の最後の晩餐だった。



翌日早朝Williamsを出発し、再びインターステイツ40号線をひたすら西に走る。
Barstowで15号線に合流し、あとはLos Angelesに向かってまっしぐら。

Williamsから約750kmを運転して夕方Los Angeles郊外のモーテルに到着。


その晩、友人の店で飲んだビールが最高に美味かった。




1997_summer_02

州間道路15号線。
時速75mile(時速120km)で州間道路を走る。
右手にLica M6を持ち、ファインダーで構図を決めて撮っている。
広大な景色のため速度感覚が麻痺した危険な行為だ。





この旅以降、私は車の運転をしたことが無い。日本でも運転したことが無い。
アメリカにもそれから出かけていない。

現時点でこの1997年が最後のアメリカ大陸の旅となっている。


もう一度出かけたい旅だが、やはりもっと時間が欲しい。

一つの国立公園で2-3日過ごしたいし、移動中も街に立ち寄って寂れた食堂でフレンチフライとバーボンでのんびりしたいものだ。


それと、この記事のはじめに「旅は一人旅に限る」と言い切ったが、今思い出すと一人では危険な場面に何度か出くわした。

旅先での夕食を楽しむためにも、次回は道連れがいた方が良いかもしれない。
(この数年、腰痛がなかなか治らないこともあって弱気になっている、笑)




ちなみに上記の地図と同じ縮尺で日本を表示するとこうなる:

%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.544577,136.823730+()&hl=ja&ie=UTF8&z=6.5%%37.544577%%136.823730%%6.5%%0%%0


唖然としてしまうだろう。

やはり、アメリカは、大陸は、広い・・・



アメリカに旅行するならディズニーランドやショッピングのパッケージツアーではなく、
経験すべきは州間ドライブと大自然だ。

それ無しにアメリカへの旅行は意味が無いと断言できる。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/海外旅行記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/27: 腰痛が治らない

先週悪化した腰痛が治らない。

夜眠っていても寝返りごとに激痛が走り目が覚めてしまう。
ベッドから降りるのも大変な苦労を強いられるし、
階段は手すり無しには上り下りできず、
歩くことは歩けるが、ほんの僅かな動きで激痛が走りしばらく動けなくなってしまう。



080127_01

家にいると気が滅入るし反って良くないんじゃないかとカメラを持って散歩に出かけた。
が、15分程度で降参して帰宅。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. ヘルス・ダイエット/肩こり・腰痛など・・ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/27: 初めての海外旅行、1990年夏

両親が旅行嫌いだったので、幼い頃に遠くに出かけた記憶が無い。

そのせいかどうなのか、私も旅に出かけたいと思ったことも無かった。
(通学先の千葉を除いて)成人するまでに東京の外に出たことはおそらく数回しかなかったのではないだろうか。


しかし、20代になってから意外にも海外での暮らしを経験したいと考えるようになった。


28歳の時にシリコンヴァレーのある会社からビジネスのオファーがあり、
私は当時の上司に「全てをオレにやらせてくれ」と懇願し、
今でも尊敬するその人(もう今の会社にはいないが)は私をカリフォルニアに送った。


その最初の米国出張が私の最初の海外旅行だった。
すでに29歳になっていた。

飛行機も初めて乗った。
機上では興奮して一睡もできなかった。

今でも機上では眠ることができない。
しかし、友人のアメリカ人によれば私は「潜在的飛行機恐怖症」であるらしい。




080126_1990_CA

1990年、カリフォルニアのRedondo Beach(レドンド・ビーチ)の蟹。
蒸した蟹を木槌で叩いて割り、蟹肉を酢に浸けて食う。
(Nikon F3 w/Nikkor 28mm F2.8)

その後、どれだけの数の友人をこの海鮮食堂に招いただろうか。
トヨタに勤務する友人によれば、ここはこの地域に住む日本人駐在員と、
それらの駐在員に連れて来られる旅行者の定番らしい(笑)。

実際、高校時代の友人たちにこの店の想い出話をしたら数人が行ったことがあると言っていた。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/海外旅行記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/27: Lake Powellの想い出、1992年夏

ネガを整理していたら、懐かしい旅行の写真を見つけたのでスキャンしてみた。


カリフォルニアに住んでいた1992年の夏、友人たちに誘われて米国西南部の国立公園巡りの旅に出た。

私にとってはアメリカ大陸の大自然の初体験である。


アメリカ人2名と日本人2名のグループで、大きなバンをレンタルし、
せっかくだからと私は中判カメラとレンズと大量のフィルムを積み込んだ。



Zion(ザイオン)からBryce Canyon(ブライス・キャニオン)を巡り、ユタ州とアリゾナ州の州境にある巨大な人造湖Lake Powellに寄った。
予約していた湖の畔のリゾート施設に宿を取った。


アメリカの国立公園やリゾートで感心するのは、その大自然の素晴らしさは当然のことながら、
隣接する施設がしっかりしていることやそこで働く人たちのもてなしぶりである。




1992_summer_02

ここのリゾート施設も大変心地が良かった。



1992_summer_06.jpg

翌日ボートを借りてLake Powellの湖上巡りをした。
途中激しい雷雨に出くわして肝を冷やす。



1992_summer_04

Lake Powellはあまりにも巨大なので、地図を把握していないと迷子になってしまう。
「オレたちはいったい何処にいるんだ!?」という場面がしばしばあった。



素晴らしいリゾート気分を満喫した後、我々はLake PowellからPageを経由してGrand Canyonに向かった。



1992_summer_01

この夏の旅行で、私はアメリカ大陸の大自然に完全に魅了されてしまった。
その後のカリフォルニア滞在期間、そして日本帰国後もしばしばアメリカの国立公園巡りを楽しんだ。
(上記写真は全て:Leica M6 w/Summicron 35mm F2, Kodak TMAX400フィルム)







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/旅行記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/01/26: ワイン

ワインは好きなんだけど、日頃飲むのは2000円以下のワイン。
ワインも20年くらい前に比べれば安くなったんじゃないかと思う。
今じゃ3千円出したら昔の5千円級のワインが買えるんじゃないか?

ま、それでもワインは割高なので2000円以下の美味いワインを探すのが楽しみになっている。



080126_01

赤ワインはフルボディに限る。

左手にワイングラス、右手にマクロレンズの付いたデジタル一眼レフ。
片手で自動焦点・自動露出で写真が撮れる時代ってのはすごいよな。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/ワイン |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/26: 微笑ましい話題

全身の疼痛はまだ治らない。

腰痛は<怒り>である」という本はとても参考になる。

要は腰痛というのは心身症の一つだということだ。

私も整形外科・内科・循環器科等の精密検査を受けてもなお腰痛の原因が分からないというのだからやはり心身症なのだろう。


ということで、怒らないように「微笑ましい」話題を探しました。

あった、あった。


直前合宿は中国避け続々日本へ 北京五輪で欧州勢
2007.12.13 21:10
 北京五輪の最終調整地として欧州勢に日本が人気だ。スウェーデン選手団やオランダ陸上代表チームが福岡で事前合宿を行うのをはじめ、英国、ドイツ、フランスといった主に欧州の代表チームが日本での事前合宿を計画している。背景として今夏の陸上世界選手権で自治体などと交流ができたことに加え、中国では大気汚染や食品の安全性などで不安視されることも影響しているようだ。
 日本オリンピック委員会(JOC)が13日に開催した競技団体とJOCパートナー都市を集めた会議で、20カ国近くの海外チームから各競技団体や自治体に事前合宿計画の打診があったことが報告された。まだ調整中のところも多いが、福岡県・市では来年7月22日~8月19日までにスウェーデンの17競技の選手団(175人~200人)を受け入れるほか、オランダ陸上代表チーム(33人)も7月30日~8月18日まで事前合宿を張る予定だ。福岡市の関係者によると、11月になって突然、当初中国国内で事前合宿を計画していたベルギー選手団からも打診を受けたという。
 このほか英国水泳代表が7月下旬から約1カ月間、大阪市で事前合宿を計画しているなど、単一競技の代表チームからの依頼も多く、JOCではこの日の会議で、合宿誘致の成功例や陸上世界選手権での課題などを紹介。海外チームからの打診に対する連絡体制などの情報交換を行った。
 JOCの市原則之常務理事は「オリンピックムーブメントのためにも事前合宿は受け入れたい。(東京五輪)招致にもつながっていく」。事前合宿の受け入れは16年五輪の東京招致に向けた“足場”にもなりそうだ。
(MSN・産経ニュースより引用)




誰も行きたがらねぇ中国なんかでオリンピックやるんじゃねぇよ。

あ、腰、痛っ!


080125_02

台湾茶が美味いっ!






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 政治・経済/中国問題 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/25: 騙されるな、国民諸君!

日本のこの弱体化を前にガソリンの暫定税率などを議論している場合ではない。
これはこれで問題であろうが、少なくとも優先事項ではない。


3月の台湾選挙で中国共産党寄りの国民党候補者・馬英九が総統になった場合、
日台関係、日中関係、台湾海域の安全保障、等を今直ちに議論しなければならない。
日本国の方針を決定しなければならない。

台湾だけではない。
大国であるロシアもアメリカも選挙がある。
国際関係状況及び経済状況の激しい状況の変化にどう対応するのか。


ガソリンどころではないはずだ。


現在の国会議員が国益ではなく、私利私欲で政策案を打ち出している証拠がある。

すなわち、民主党は憲法違反とまで騒ぎ立てたテロ対策特別措置法について何も言わなくなった。
代わりにガソリンの暫定税率を持ち出した。

これは、本質的問題から国民の視点を外し、国益よりも選挙に勝つことだけを目的としていることの証拠である。
小泉元首相のあのどうしようもない郵政民営化選挙の手法を真似ようとしているだけだ。


ガソリン国会など、クソ食らえだ。

騙されるな、国民諸君!




080125_01

全身疼痛でまた歩けなくなった。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 政治・経済/憂国 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/24: 下目黒 寿司いずみ (11回目):今年の初鮨

さあ、今日は下目黒「寿司いずみ」で今年最初の鮨だ。

ほんとは22日を予約していたのだが、この日は腰痛で動けず泣く泣くキャンセル。


かと言って腰痛が快復したわけではなく、むしろ悪くなっているようだ。
鎮痛剤ロキソニンの服用でなんとか歩いている状態。
鎮痛剤は治療ではなく、痛みを誤摩化しているだけなので何の問題解決にもならないのだが今日は鮨最優先である。




今日も初めての料理をいくつもいただいた。


以下、そのほんの一部のいつものフォト・レポートです。


080124_01

蜆の抹茶蒸し。蜆を日本酒で煮込み、細かく切った林檎が入っている。
橙色のものはこのわた(海鼠腸)。なまこ(海鼠)の腸の塩漬け。
前にも蜆はいただいたけど、親方曰くこれは改訂版。



080124_02

北陸の珍魚げんげんぼうの、何つうの?、南蛮漬け?
クリームチーズとアーモンドが和えてある。てっぺんの白いのは自然薯。
自家製搾菜を刻んで入れてある。



080124_03

前回もいただいた鮟鱇の肝。
世間に出回っている多くの鮟鱇は中国等からの輸入物だが、「いずみ」の鮟鱇はもちろん天然の日本産。
「いずみ」は漁師直送。



080124_04

鮪の酒盗。絶品。日本酒が進む進む。



080124_05

小鰭(こはだ)。
親方のご友人のスペイン料理家からヒントを得て、スペイン産のジンを酢に加えてしめたと言う。
ちょっとドライというか辛口。なかなか美味い。



080124_06

九州産筍の初物。




酒の肴は約20品、鮨を15、6貫(覚えてない)食った。
酒も5種いただいた。
完全に満腹。
いつものように食えない。
腰痛は体調も変えちゃうのかな。

お茶(あがり)をいただいたところで、親方が「食後に益荒男飲んでけ」ってんでありがたくいただきました。

天然くえの美味そうなそぼろもあったけど、もうお腹が限界で諦めた。




080124_07

これが北陸の珍魚げんげんぼう。

親方は日本中から美味いものを仕入れてくる。

この鮨屋の神髄を知りたければ、この本を読むべし。
そして「いずみ」に行くべし。




駅からの帰り道、鎮痛剤の効果が切れて歩行が辛くなる。

う~、「いずみ」で完治したと思ったのに~。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/お寿司 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/23: 東京の雪

珍しく東京に雪が降った。

ほんのわずか。


しかし子供の頃はもっと普通に雪が降った。

小学校の帰り道、体を大の字にして雪の上に倒れて遊ぶことができた。



080123_01







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/雪景色 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/22: 腰痛で寝込む

昨年11月頃から悪化し始めた全身疼痛は、昨日あたりからピークとなってしまった。
ついに今朝は自宅内でもほとんど歩けない状態となった。

会社を休んだ。

一日中ベッドの上。

怖いのはトイレ。
ベッドから間に合わないかとマジで恐怖に怯えながら壁伝いでトイレに急ぐ始末。


船場吉兆の元気な女将にあやかりたいです。
\(^o^)/


080122_01

寝室の西側の窓から入ってくる光をベッドの上で撮る。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. ヘルス・ダイエット/腰痛改善と予防 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:1
  5. | コメント:8

2008/01/22: デスクトップ画面

MacとPCのデスクトップ画面(いわゆる壁紙)を作り直した。



080121_02

以前と同じアンコール・ワットの写真だが、印象を変えてみた。




080121_03原画はこれ。
6X9のモノクロ・ネガをスキャンしたもの。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/外国の風景 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/21: Steve Jobsの功績

Steve Jobsは、Apple Inc.の共同創立者であり、現在のCEOである。


Steve Jobsは、なにかとMicrosoftの創立者Bill Gatesと比較されるが、両者のコンピュータの歴史における業績は全く異なる。

すなわち、Jobsは革新的創造を追求し、Gatesは儲けることを追求した。



私は、1984年に初代Macintoshに思う存分触れる機会があり、その時に「このコンピュータの魅力は『多くの美しい書体』である」と感じた。

2005年のスタンフォード大学でのあの伝説的スピーチで、私はJobsがカリグラフィに深い愛情を持っていることを知った。
Jobsはコンピュータに「美」を求め、それを実現するテクノロジーをエンジニアに求めたのである。


Jobsが造り出したもの:

・世界最初の(正確ではないが、そう言っても良いだろう)パーソナルコンピュータ、
Xerox PARCの数々の先進的コンピュータ技術を一般人に解放した「Lisa」や「Macintosh」の開発、
・デスクトップ・パブリッシング(DTP)と呼ばれた出版のコンピュータ化(Aldus PageMakerとAdobe PostScriptを用いて)、
・コンピュータ以外の商品にも多大な影響を及ぼした画期的デザインのiMac(もちろんiMacの功績はそれだけではないが)、
・言わずと知れた音楽プレーヤiPod、
・音楽市場を完全に革新したiTunes Store、
・従来の携帯電話と全く異なるユーザインタフェースを持ったiPhone、

等々。

PIXARでもCG100%の映画造りもJobsの影響があるだろう。
1990年に入って混迷していたAppleの次世代OSの開発は、結局JobsのNeXTの技術(WWW最初のサーバーもNeXTだったね)で救われ、Mac OS Xは革新的OSとなった(とは言ってもコアは1970年代のUNIXがベースになっているんだけどね)。



Steve Jobsの功績は人類の科学史に永久に刻まれるべきであろう。
私に言わせれば、Jobsは現在のグーテンベルグ的存在である。



反して、Bill Gatesの功績はビジネス・モデルの構築である。
コスト削減と業績拡大へのGatesの現場型リーダーシップは日本の経営者は学ぶべきところが多い。
しかし、コンピュータ史上においてはGatesの功績に注目すべきものは何も無い。

Microsoftの世界的支配のきっかけとなった「MS-DOS(PC-DOS)」でさえ、他の会社から買ったものであるし、
WindowsがMacintoshの物真似であることは誰でも知っていることである。
その後のインターネットの世界においてもGoogleの徹底的な物真似をしている有様だ。


Microsoftの功績は、しいていえば、Windows 95において、かつて彼が完全に無視していたTCP/IPをデフォルトで採用し、インターネットを爆発的拡大させるきっかけを作ったことであろう。

しかし、私に言わせればこれは結果論である。
これもGateの意思というよりMicrosoftの優秀な社員の意思だったと思う(想像)。


とにかく、Bill Gatesの最優先事項は「儲け」である。

しばしば、今後のコンピュータやネットワークの変化にについてのBill Gatesへのインタビュー記事を目にするが、私は彼にはそれを予感する能力は無いと思う。
インターネットでさえ、当時のBill Gatesは時代遅れが明らかなパソコン通信(当時のMSN)にこだわっていたくらいである。

実際、インタビュー記事のGatesの発言は陳腐以外のなにものでもない。




私に取っての心配事は、Steve Jobsがいなくなった後のAppleである。

どうなっちゃうんだろうね。
マジで心配である。



080121_01

Mac Proに、VMWareを使ってWindows VistaとMicrosoft Office 2007をインストールしてみた。

Mac OS X上で、Windows Vistaで動いているPowerPoint 2007とApple Keynoteが開いている画面。

こんなことができる時代になったんですね。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Apple |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:1

2008/01/20: ピザ

ごくたまに宅配ピザを注文します。

しかし、宅配ピザはベラボーに高い。
こないだチラシが入っていた某店はマルゲリータが2400円。
いくらなんでも高過ぎます。
ちなみに、東京ミッドタウンの「ナプレ 東京ミッドタウン店」でさえ1980円です。


宅配ピザをとるなら、いいチーズを数品買ってきて自分で焼いた方がコストパフォーマンスが圧倒的に高いはず。


ってことで、よつ葉の濃厚ブレンドチーズ、パルジャミーノ・ レッジャーノ、ブルー・チーズ、アンチョビフィレ、有機栽培のトマト、等を買い出しに出かけた。

Mac Proを運んで痛めたのか、腰痛がひどくて帰宅時はやっとこさっとこ歩いている情けない状態。



080120_01

とは言っても、生地は面倒なので出来合いのもの。

トマトとタマネギたっぷりのピザ。
香りよいカンボジアの黒胡椒を削ってかけて食う。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/ピザ |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/19: Mac Proへの移行 2

朝からMac Proへの移行作業。

一昨日の移行アシスタント作業でMac Proのドライブが「汚くなった」ので、ドライブをフォーマットしてLeopard(Mac OS X 10.5)をクリーン・インストールし、全て手作業で移行することにした。


まず、Mac Pro上でPowerMac G4をネット経由で接続。

この記事を参考に、ホーム・ディレクトリ内の「ライブラリ/Preferences」から、MailやiTunes、iPhotoに関係しそうなファイルを、Mac Proの同じディレクトリにコピーし、
後はこれらのアプリケーションのファイルをひたすらコピーし続けるだけ。

約7時間かかってコピー作業は終了。


Mail、iTunes、iPhotoは無事にコピーしたファイルを認識して、正常に立ち上がった。


Apple製でないアプリケーションは、面倒だが全てインストールし直した。
PowerPCからIntelへの移行もあるので、インストールし直した方が良いと判断した。



ようやくMac Proのセットアップが終わったので、Adobe Photoshop CS3で速度性能比較をしてみた。

・PowerMac G4 1GHz-Dual 1.25GBメモリ
・Mac Pro 2.8GHz Dual Quad-core 2GBメモリ

もちろんメモリ容量も違うので正確な比較にはならないが、少なくとも私のデジタル写真環境がどれくらい変化するかを見ることはできるはずだ。


テストは、ニコンのスキャナSUPER COOLSCAN 9000EDで取り込んだ約1億1300万画素の写真の処理だ。

内容は:
・ファイルを開くまでの時間
・「ぼかし(レンズ)」フィルタのプレビューする時間
・「ぼかし(レンズ)」フィルタの処理時間
の3つ。


結果は:

080119_02

13分強の処理が5分以内で終わるので速くはなったのだが、もっと速いことを期待していた。
1分ちょっとで完了するのではないかという期待があった。
これではクロックの差程度の速度性能向上に留まっている。

CPUメータ(8個のメータが並ぶ!)を見ると、少なくともこの処理においては、Photoshop CS3はマルチコアへの最適化が不十分のようだ。

Photoshop CS3の製品広告では「マルチコアへの対応」を謳っているので、全ての処理が不適切ではないのかもしれないが、Adobe Systems社の今後の改善を望む。



080119_01

Mac Proは、他のデスクトップ型パソコンよりも一回り大きい。
冷却ファンの猛烈な騒音のPowerMac G4に比較すると、Mac Proは静音そのもの。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Mac |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:1

2008/01/18: 三信ビル

何故日本は利権が先走ってしまい、文化や伝統を蔑ろにしてしまうのだろうか。

明治維新でも古き良き日本を恥じたというし、
大東亜戦争後もそうである。



080112_03

もう無くなってしまった日比谷の三信ビル内の階段(Mamiya 7II w/65mm)。

この美しい建物を破壊して作られる建築は果たしてどのようなものなのか?









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/銀塩写真 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/17: Mac Proへの移行

会社から帰宅して、昨日到着したMac Proをどうにかこうにか2階の書斎に移動。


早速、PowerMac G4からの移行を開始する。

Mac Proを起動し、設定画面の「移行アシスタント」を使うことにした。

FireWireでMac ProとPowerMac G4をつなぎ、PowerMac G4をターゲットモードで起動(「T」を押しながら電源を入れる)。

これまで使っていたPowerMac G4は、
・OSやアプリケーションが入った80GB
・DVDワーク用の160GB
・homeディレクトリと各ファイルが入った300GB
の3ドライブ構成だが、なんと「移行アシスタント」は起動ディスクしか認識しない。

いや、「移行アシスタント」というよりも、ターゲット・モードで起動したMacは起動ディスクしか認識されないのである。


こうなると、PowerMac G4からHDDを取り出して外付けケースに入れてUSB等でつなぐか、PowerMac G4からネット経由でデータを移すしかない。



面倒なので週末にやることにしよう。



080117_01

塩豆。ビールのおつまみに最高です。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Mac |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/16: Mac Proが来た

今年もMacWorld Expoは盛り沢山だった。

世間が最も注目したのは「MacBook Air」だっただろう。
イーサネット・ポートも取り外しちまったという、さすがのセンス。
でも慢性腰痛の私にはもっと軽くしてもらいたい。

しかし、私が一番注目したのは「Time Capsule」。
Leopardの発売に合わせて、「Time Machine」機能のために「AirMac Extreme」を買ったのに、
「AirMac Extreme」は「Time Machine」機能をサポートしないと聞いて本当にがっかりした。
いずれファームウエアのアップデートで対応するだろうと思っていたら、
本日なんと全く別のハードウエア製品として「Time Capsule」が発表された。

なんてこった・・・


でも、1TBのHDD付きの無線LANポートが約6万円というのはかなり安いと思う。

う~ん、どうしようかなぁ。




080116_01

帰宅すると玄関に「Mac Pro」が来ていた。

で、でかい・・・ そして、
お、重い・・・

腰痛発症中なのにどうやって2階の書斎まで運ぼうか。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Mac |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/01/15: ESL podcast

無料かつ高品質の英語教材なら「ESL podcast」がおすすめ。
iTunes Storeから無料でダウンロードできます。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 学問・文化・芸術/英語 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/01/14: 英語の勉強

16年ちょっと前に米国駐在することになった時、試しにTOEICを受験してみたら600点に満たなかった。

それでも「ま、何とかなるさ。」と米国に赴いたわけだ。
しかし、顔を合わせてのコミュニケーションは身振り手振りで何とかなるが、電話がダメ。
赴任当初は一種の電話恐怖症のようになった。

半年もすると英語にもかなり慣れてきて、突然電話がかかってきても慌てることも無くなった。
TV番組も大体わかるようになった。

会社の仕事が終わった後、UCLAの外国人向けの英語クラスに通い、
仕事やプライベートで英語を母国語として話す友人も増え、
自由自在とはけっして言えないが、英語でそれほど困ること無く生活できるようになった。




しかし、日本に帰国する時、「あ~、これで英語とおさらばできる。」と喜び、
そして帰国後は英語の勉強は一切しなかったのである。




それから14年が過ぎた。

今年になっていくつかの米国企業とのミーティングが続いているのだが、全く英語ができなくなっている自分に驚いている。
文字通り全く聞き取れない。
英語ができる同僚がいなかったら、ミーティングにならないほどである。


私は米国に住み暮らすというまたと無い英語学習の機会を台無しにしてしまったのだ。
帰国後もラジオを聞く等して英語に接していれば良かった。




今から全てやり直しである。



911229

米国で住んでいたコンドミニアムのダイニングの照明。
(CONTAX T2、ピンぼけ)






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 学問・文化・芸術/英語 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/13: コンパクト銀塩カメラの出番はもう無い?

段ボール箱に積んであった大量のポジフィルムの整理を始めた。

昔は几帳面に整理整頓していたが、40歳を過ぎた頃あたりからそういうことが面倒になってしまった。

おかげで段ボール箱には未整理のままのフィルムが山のように入っている。


情けない。


ビートルズを聞きながら5時間居間の床に座りっぱなしでフィルムを整理していた。



ああ、昔は日頃の出来事もフィルムで撮ってたなぁ。
ポジフィルムだと一コマ約50円になるだろうよ。

どうでもいい写真も一コマ50円だもんなぁ。
カネもったいなかったなぁ。


080113_02

6年前の正月。
バンコクのホテルで朝からビールを飲みながらテレビを観ていたら、
コマーシャルで「あ、このコ、かわいい!」ってんで、コンパクト・カメラで一枚。

こんなどうでもいい写真も一コマ50円かかってんだよね。

こりゃデジカメの勝ちだわ。

(CONTAX T3と富士フィルムRDPIII)






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/銀塩写真 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 写真関連機材
  4. | トラックバック:1
  5. | コメント:0

2008/01/13: 百度

「百度」というのは中国の検索サイトだ。

本日こんなニュースが配信された:

中国のネット検索最大手「百度」日本へ本格進出
1月13日17時57分配信 読売新聞

 中国のインターネット検索最大手、百度(バイドゥ・ドット・コム)が23日、日本で本格サービスを開始する。

 世界3位の利用者数を誇る検索サイトの本格上陸は、ヤフーとグーグルの2強が圧倒的シェア(市場占有率)を占める国内ネット検索市場の勢力図に影響を与える可能性がある。

 百度は、日本を海外進出の足がかりと位置づけ、2007年3月にテスト版を開設してホームページや画像の検索からサービスを始めた。今後は、中国市場で人気を集めている地図や音楽の日本語による検索など新サービスを順次、投入するとみられる。

 百度は、米国留学から帰国した李彦宏・最高経営責任者(CEO)が北京で2000年に設立した。米調査会社コムスコアによると、07年8月の世界のネット検索シェアはグーグル、ヤフーに次ぐ3位。




ほほう、そんなにスゴい検索サイトなのか。


んじゃ、試しに「天安門 1989」で検索してみようかな。

まず最初はGoogle。

080113_001

Googleでは、「天安門 1989」の検索結果は19万件だった。




んで、その評判の中国の検索サイト・百度ではどうだろうか?



080113_002

無えってよ。\(^o^)/



天安門事件が検索できない国でオリンピックなんかやるんじゃねーよ。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 政治・経済/中国問題 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/12: PCMレコーダ

9日の朝発注した新型Mac Proは、昨日11日に出荷されたそうだ。
海外からの出荷なので配送予定は16日とのこと。

現状世界最高速と言って良い爆速マシンの威力が楽しみで仕方がない。

オリンパスからPCMレコーダLS-10が出ましたね。
ソニーのPCM-D50と真っ正面から競合する製品だ。

取りあたって録音するものがあるわけじゃないけど、あったら面白そうだと思ってしまう。
旅先の音とか録って編集したりしたら面白くない?


いかん、いかん。
そんなこと考えるのはよそう。



080112_01

朝雨の中を図書館まで歩いたら腰痛が悪化。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/花の写真 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/11: 奥能登海鼠の茶降り土佐酢

元旦のTV放送のために心配していたけど、二週間先で「いずみ」を予約できました。


080102_02

「いずみ」の海鼠(なまこ)。正月に取り寄せた品の一つです。
熱い番茶で海鼠をくぐらせ土佐酢に漬け込んだというもの。

とけそうな柔らかさとコリコリした歯ごたえが同居していて大変美味しかったです。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/酒の肴 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/10: 映画 「7人のマッハ!!!!!!!」

タイ映画です。

「マッハ!!!!!!!!」(英題:Ong Bak: Muay Thai Warrior)の製作陣で作られたというCGやトリック無しのアクション映画です。

邦題は「7人のマッハ!!!!!!!」だけど、英題は「Born to Fight」です。



アクション・シーンは当然ハンパじゃありません。
多分撮影中に怪我人続出だったと思います。
死んだヤツもいるかもしれません。

ただ、アクションをスローモーションで流すシーンが多く、これは逆に素晴らしいアクションを台無しにしています。
スローモーションでなければぶったまげの連続です。



ストーリーはバカらしいです。

クメール・ルージュを彷彿とさせる武装集団が村を襲撃し、
しかし、村人たちと慰問に訪れていたスポーツ選手たちが奮起して武装集団と戦うというストーリー。
本当にバカらしくて笑っちまいます。

映画ファン一般にお勧めできるものではありませんが、
アクション映画好きとタイ好きはゼッタイに観るべきです。





それと、もう一つ大切なこと。
この映画は現在の軟弱日本人としては学ぶべきことがあります。



村人とスポーツ選手が武装集団と戦うきっかけとなったのが、
毎朝放送されるタイ王国の国歌なんです。

ラジオから流れるこの国歌を聴いていた人たちが「そうだ!タイ王国のために命を捨ててでも戦うんだっ!!」となるんです。

今の腐りきった日本ではまず作ることのできない映画です。


んで、そのタイの国歌、日本語訳はこうなるそうです:

タイ国は国民であるタイ人の血と肉でできている
タイの領土全土は総て存続する
タイ人は純粋であるから調和を愛し 平和を愛す
しかし、戦争となっても恐れはしない
(タイの)独立は誰にも犯せない
(戦時にはタイ人が)一滴の血をも残さず捧げるであろう
タイ人が国を勝ち抜き再びの勝利が得られるまで

万歳!

(Wikisourceから引用)



「7人のマッハ!!!!!!!」は、まさに国歌をテーマにして作った映画だと思いましたね。



080110_02

以前、タイ人の女の子がこんなこと言ってました:

「テレビで放送してたんだけど、『自分は不幸と思うか?』のアンケートがあって、
アメリカや日本はワースト5に入っていたよ。
タイは100位くらいだったんだ。
わたしはこの国に生まれて本当によかったよ。」


チャイヨー!!





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 映画/この映画がすごい!! |
  2. この記事へのリンク|
  3. 映画
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/09: 南国の果物

080106_02

正月を日本で、しかも腰痛で外出しない休みを過ごしたもんだから無性に旅行に出かけたくて仕方が無い。

この写真は昨年の正月にタイで撮ったもの。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/写真にコトバをのせて |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/01/08: Mac Proが出た

Appleの新型Mac Proが発表されましたね!



デジタル写真の環境整備をやることを決めてから、昨年はニコンのスキャナーやディスプレイを揃えた。

現在使用しているPowerMac G4 1GHz-DualもMac Proに置き換える予定だったが、インテルの新しいPenrynプロセッサが11月に登場したので、
間違いなくMac Proも新しくなるとみて買い控えをしてた。



そして、本日新登場。

標準モデルが8コア。
CPUが8コだよ。




直ちに発注しました



配送予定日は早くて1月18日。

しかし、最大消費電力は1200W!


080110_03

2002年、PowerMac G4が届いたときのポラロイド写真。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Apple |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

前のページへ

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ