晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2008/07/31: バンコク・5日目:消えゆく想い出

5時半起床。


ブログの更新。
面倒くさくなってきました。
\(^o^)/



080731_001

毎日サラデーン・カフェで朝食兼昼食。



MBKで、タイ・オラタイのニューアルバムと勤務先職場の土産を買う。


MBKの前が工事中だったが、またショッピングセンターのようなものが建っていた。

バンコクも古いビルが取り壊されて新しくなっていく。
以前の風景が思い出せなくなっていく。

MBKから空中歩道を歩く。




080731_002

デモ行進。



あ、まだ足が痛い。

紀伊国屋書店で久しぶりにタイ語の教科書を買う。
初級編と中級編。



足が痛いしお腹の調子がまた悪くなって来て早くアパートに戻りたい。





080731_003

ひえ~、ナーライパンも取り壊されている。

12年前、初めてバンコクに来た頃、よく行ってたんですよね。

また一つ景色が消えて行く。




080731_004

マイサバーイ状態だけど、歩道からぼーっと景色を眺めていた。









080731_005

タイ人の友人Kさんとソンブーンで夕食。

みんな空芯菜の炒め物を注文するけど、空芯菜よりこのパッカチェーの炒め物(パッ・パッカチェー)の方が私は美味いと思う。

海老が最近小ぶりなんですけど。

オースワン(牡蠣の卵とじ)を久しぶりに注文。美味い。



あたりを見回すとほとんどが日本人客。

となりの60代後半から70代前半と思われるご年配のご一行が食べる食べる。
私達が来る前から食事が始まっていて、私達が出ようとする頃にまたカニが運ばれて来て食べていた。
私の軽く2倍は食べてますね。
凄いパワー。
Kさんも目を丸くしていた。

従業員の多くが知り合いなので、2人で来るとチップが大変。
チップに合計500バーツぐらい使った。


JuJuで飲み直してビール買って帰宅。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/07/31: カンボジアとタイでのiPhone

Apple iPhone 3Gは、海外でもそのままローミングで使えます。

今回の旅行で、最初は「圏外」となってしまうので、どうすればよいのかと迷いましたが、
「設定」の「キャリア」で携帯ネットワークを検索してくれました。


iPhone_0807_0001カンボジア・プノンペンでのキャリアの検索結果です。



iphone_0807_0002タイ・バンコクでの検索結果です。


iphone_0807_gmap_th部屋のAirMac ExpressのWiFiの届く範囲で「マップ」で現在の場所の表示を試してみました。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 携帯電話・PHS/iPhone |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/30: バンコク・4日目:子供のパワー

日本からバンコクに向かう飛行機で仲良しになった小学2年生のまりちゃんとお母さんと昼食を一緒にした。




080730_001

私には子供がいないので、小さな子供と話す機会はほとんど無いのだが、
こうして子供の様子を観察していると、子供の能力や元気な力というのは素晴らしいものだと感心した。

母親が言う通りのタイ語でウエイトレスにデザートや飲み物を注文できるし、
いろいろな想像力を働かして絵を画くし、
話題にも尽きること無く話し続ける。

気がつくと3時間が経過していた。

とても楽しい時間でした。
ありがとう、まりちゃん、お母さん。





080730_002

宿泊しているアパート近辺も再開発か。





夕方、スリウォンに買い物に出かけ、タクシーに乗ったら渋滞にものの見事にハマった。

途中でタクシーを降りて汗だくで歩く。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/29: バンコク・3日目:大いに飲む

5時に起きて、NHKを見ながらパッキング。
日本も暑そうだ。


07:25 チェックアウト。
ダネイと記念写真を撮る。
07:25 I checked out the guest house.
I took a picture with Danay.


Panasonic LUMIX DMC-FX35はライカ判換算25mmの超広角ズームなので、
写真を撮りなれていない人が撮ると被写体が非常に小さくなってしまう。
なので、撮る立ち位置や構図を私が決めて、私を撮ってもらう。
My Panasonic LUMIX DMC-FX35 camera has super-wide zoom lens (about 25mm for Leica size).
If a person who don't have experiences of photography take a picture with this camera, the subject looks very small in the picture.
So I should advise a layman to make good position of the camera if I ask him to take picture of me.





080729_001

07:30 ダネイとお別れの握手をしてトゥクトゥクで出発。
07:30 I said farewell to Danay and shook hands with her, then I went to the airport by tuktuk.



8時に空港到着。

搭乗までiPhoneで映画「ボーン・アイデンティティー(THE BOURNE IDENTITY)」を観ながら過ごす。
カメラワークの良いアクション映画だ。


09:20 搭乗開始。

定刻より早く離陸。





080729_002

西バライをこれほど鮮明に上空から観察できたのは初めてだ。
ただ、飛行機がB717-200のジェット機なので、あっという間に西バライが見えなくなっていく。





10:50 バンコクの入国審査を終えてスーツケースを待つ。

11:00 無愛想な運転手のタクシーに乗って「我が家」に向かう。

Rama IV通りの信号待ちで、この運転手は無愛想と思いきや、
突然、英語と日本語とタイ語を混ぜながら陽気に喋り出す。





11:50 コンドミニアムにチェックイン。

25日に日本から休暇でバンコクに来ているAくんに電話。
ソンブーンで夕食を共にする約束をする。


昼飯抜きでブログを更新。



夕方、タクシーでタニヤに向かい、酒屋で両替。
10,000円=3,105バーツ


スリウォン通りをブラブラ歩く。


080729_003

通りに挟まれた公園でエクササイズ。
小さな女の子が物マネで踊っていた。




080729_004

Aくんと同僚のYさんとソンブーンで食事。
メニューが立派な冊子になった。

12年前に初めてソーンブーンに来たけど、
その時とは大変な変わり様で、今ではりっぱなレストランだ。

従業員の顔なじみは相変わらずで、年に2回程度しか来ない私をみんなが覚えてくれている。




Aくんが持って来てくれたバーボンでソンブーンを出る時は酔っぱらい状態。


みんなでタニヤの「JuJu」で飲み直す。
ここでもヘネシーをさんざん飲んで帰宅。



(ダネイが読めるように一部英語表現を追加)







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/28: シェムリアップ・5日目:ぐうたら誕生日

4時頃一度目が覚めて、そのままうつらうつら眠っていた。
その浅い睡眠の中で、何故か小学生の時に読んでいた漫画「愛と誠」のストーリーを追っていた。

6時にIさんから「朝だよー」と電話がかかってきた。

今日は遺跡巡りも無いのでのんびりした一日になる。





今回の旅行は腰痛を気にしてデジタル一眼レフのみの写真機材。
デジタル一眼レフで作品を撮る気など毛頭なく、
これまでの遺跡撮影旅行とは180度違う姿勢で出歩いている。

つまり、これまではハッセルブラッド2台に交換レンズ2-3本、フィルムを20-30本をバックパックに詰め、
カメラマンベストに、フィルムマガジンや露出計、SWC用フォーカシングスクリーンとフォーカスルーペ、等を押し込み、
早朝から夕方まで汗だくでクメール遺跡の写真を撮るという旅だった。

今回はそういうもの一切無し。
ぐうたらのカンボジア旅行である。






080728_001

9時に朝食と昼食を兼ねた食事を「ソチアタIIレストラン」で摂る。
ラーメンのような麺の上にローストダックが乗せられている。
これ、なかなか美味い。





午前中にオールドマーケットに来たのは初めてだ。

080728_005

活気があって楽しい。





080728_002

歩道まで広げた野菜が次々に売れる。






080728_003

魚も新鮮だ。
捌いてない魚はトレイを動き回って、元気なヤツは外に飛び出してしまう。

西洋人が鼻をつまみながら写真を撮っていた(笑)。






080728_004

お姉さんが鶏を次々に捌くので、売れ残ったらどうするんだろうと思いきや、
この鶏もどんどん売れていく。






080728_006

野菜が美味そう。


東京ならさしずめ商店街の景色なのだろうけど、
最近はスーパーマーケットだから味気が無い。

やはり食べ物の売買はこうでなくちゃ。






080728_007

「Le Grande Cafe」で昼間に飲む最後のアンコール・ビール。

こんなふうにだらだらと過ごす時間もいいもんだ。


露店でS21のドキュメンタリー映画のDVDを見つけて買う。





夜、日本から今日シェムリアップ入りするOくんと「Khmer Family」で会う。
I will meet with Mr.O and his son who will come to Siem Reap from Japan, at Khmer Family restaurant tonight.



「Khmer Family」で働くダネイの役割は、店頭でメニューを覗きに来たお客さん候補を店内に呼び込むことのようだ。
Danay at this restaurant calls in customers who look in the menu in front of the restaurant.


観察していると、ダネイが声をかけた観光客は、ダネイと話しているうちにみんな笑顔になり、
9割以上の観光客が店内に入って行く。
I watched Danay and her job.
All customers to whom Danay speak smile happily, and 90 percent or more of them decided to have a dinner at this restaurant.

この仕事ぶりは凄い!
She contributes to sales of this restaurant very much!





080728_008

22時過ぎ、ダネイと歩いてゲストハウスに帰った。
I went back to the guest house with Danay after her job at the restaurant.



(ダネイが読めるように一部英語表現を追加)







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/07/27: シェムリアップ・4日目:今回の観光客のいない遺跡

5時半起床。今日は目覚まし時計で目が覚めた。

カンボジア旅行では毎回、観光客が少ない、あるいは観光客が行かない遺跡巡りを旅程に入れているが、
今回は、ロリュオス遺跡群の一つでバコンの南のプラサット・トロペアン・ポーン、
それと、バンテアイ・サムレの東のチャウ・スレイ・ヴィボールの2つの遺跡に行く。

8時にドライバとガイドと待ち合わせ。
こうした田舎の遺跡はカンボジア人のガイドが必ず必要である。

ドライバはアンコール遺跡群周辺の道しかわからないし、
何らかのトラブルの際にも田舎の遺跡にも詳しい遺跡オタクのガイドがいると助かる。

6号線をロリュオス遺跡群に向けて東に走る。


バコンに梯子のような金属製の器機が取り付けられているのが車の窓から見えた。
ドライバによると、バコンで最近一部の遺跡が崩れたらしい。
その修復工事のようだ。

バコンをさらに南に下り、道が悪くなる。
ガイドは3-4年前にトロペアン・ポーンに行ったことがあると言っていたが、
それでも村人に道を訊きながら進む。

近くの小学校前で警備に当たっていた警察官が軍用ライフル銃を持っているのには少々驚いた。




もうこれ以上先に車は進めないと判断したところで、ガイドと2人で歩くことにした。

その時、Nikon D200とレンズ2本を入れたバックパックが車内に無いことに気がついた。
どこに置き忘れたのか思い出すこともできない。
もしかしたら、バナナを取りに行ったゲストハウス内の食堂かな。





080727_001

村の家々の庭先を歩く。





080727_002

畑を歩く。





080727_003

09:00 プラサット・トロペアン・ポーンに当到着。
ロリュオス遺跡そのものである。
建立は西暦880~890年だろう。





080727_004

レンガ造りに漆喰が典型的な工法だが、漆喰の痛みが激しい。


建立時の塔の数は5つ。
ガイドによれば前回来たときは塔は2つあったと言う。





080727_005

典型的なカンボジアの田舎の風景。






10:30 チャウ・スレイ・ヴィボールに到着。


080727_006

ほとんど崩壊している。

ガイドによればチャウ・スレイ・ヴィボールはタ・ケオの時代と同じ11世紀のものらしい。
デヴァターの彫刻は無い。


080727_007

彫刻された模様はバンテアイ・スレイや前回訪れたアンコール・チュムのプラサット・コールに似ている。





080727_015

チャウ・スレイ・ヴィボールの遺跡内には古い寺がある。
ガイドは17世紀の寺だと言う。





080727_008

窓枠の木彫りが美しい。



チャウ・スレイ・ヴィボールは、全体が山になっている。
GPSが示す簡易地図によれば、環濠を含めるとかなり広い。





080727_009

北側の池の跡に多い茂っていた蓮の葉の緑が美しかった。

カンボジアの遺跡巡りの楽しみの一つは、深い森や地平線に広がる空、そして熱い太陽の中に身をおくことである。
こうした田舎の遺跡巡りは私以外に観光客が一人もいない。
その静けさもすばらしい。



帰りにプラダックの村の食堂で美味いものがあると言うので「ならば食べよう」ということで立ち寄った。




080727_010

080727_011

この麺の名前も聞いたのだけど忘れてしまいました。
魚ベースのスープにココナツミルクを使ったペースと、それに米の麺が入っている。





ゲストハウスに戻って、D200を入れたバックパックの捜索が始まった。
ガイドにゲストハウスの従業員、ダネイまでが手伝ってくれての大捜索。
ダネイが「部屋を調べてみれば?」

「ん!?」

ま、まさか、そんなことは無いだろうと、思いきや、
自分の部屋にバックパックがありました。

なんてこった。私は持ち出してもいないで「無くなった」と騒いでいたわけ?
これって私のオツム、ヤバくないですか!?
アル中ハイマーですかいな。

みなさん、すみませんでしたーっ!!





ダネイが「日本語教室が今日は休みなので16時から18時まで一緒に出かけましょう」と言ってくれた。
Danay talked to me, "Today I have no Japanese-school, so I have free time from 4pm to 6pm. Let's go out together."




080727_012

ダネイのバイクにまたがって、イオン博物館のある新道の東側の工事中の道路に向かった。
We rode on her motorcycle double to a new road area that was under construction and it located near to Aeon Museum.




080727_016

途中でダネイが買った土地を見せてもらった。
近い将来、ダネイはここに家を建てる。
On the way to there, Danay showed me the land she has bought recently.
She will build her house here for her family near future.




080727_013

ここは夕方になるとシェムリアップの人々の絶好のピクニック場所になっている。
分離帯にゴザが敷かれ(使用料2,000リエル)そこに食べ物を持ち込んで過ごすというわけだ。
This area is suitable to have a picnic for people in Siem Reap.
They spread a mat on the median strip (the fee is 2,000 riel to a caretaker), and they spend their time enjoying food and talking in here.

ダネイが、蒸かしたトウモロコシ、サトウキビ、お菓子、ゆで卵(実際は中身を調理したもの)、ピーナッツ、等を買って来てくれた。
「おカネはオレが払うよ」と言うと、「お客さんだからいいですよ」とおごってくれた。
Danay bought steamed corns, sugar corns, confectioneries, grilled eggs, peanuts, and others.
I said, "I will pay for them."
But Danay said, "You are my customer. You don't have to pay."

「もっとお菓子を食べてください」
「オレ、甘いものは要らんのよ」
「Iさんと同じですね、甘いのは嫌いですか?」
「酒のつまみになんねーからな」
「もっと食べてください」
「はい、はい」と・・・
Danay said, "Please eat more cake."
I said, "I don't want to eat confectioneries so much."
"You don't like them as Mr.I, do you?"
"I don't drink beer with a cake or candy."
"Anyway, please eat another one."
"Y, Yeah..."





080727_014

こんなに広く美しい空に抱えられたピクニックは最高の気分。
It was great time for me to enjoy this picnic under wide and beautiful sky like this.


いろいろ話しているうちに、
「今何時ですか?」
「おっ、いけね、6時3分前だよっ!」。
Danay asked to me, "What time is it now?"
"Oh, it's three minutes to six o'clock!"

ダネイは18時からまた別の仕事がある。
Danay has another job from 6pm.

大急ぎで片付けてバイクで街に戻る。
We finished our picnic, and went back to the town.

「不快であってもヘルメットを買って必ず着けなさい。
私の知り合いのカンボジア人は私の忠告に従わずヘルメットを着けずにいて、
数年前に車に衝突されて顎を複雑骨折して話せなくなって一生を台無しにした人がいるんだ。
安全は全てに優先するんだよ。」と、しつこく忠告するが、どこまで本気になってくれたやら。
I advised her, "You must wear a helmet for your safety even if you don't like it. My Cambodian friend who didn't wear a helmet has had a traffic accident. And it broke his jaw, and he lost his job and his career. The safety is the highest priority for you and your family."
But I don't know if she understood my anxiety and advice.


途中でダネイの家に寄って、ダネイのお母さんに挨拶。
ダネイは「Iさんのお友達なのよ」と言ってました。
We stopped by Danay's home. And I greeted to her mother.
Danay told her, "He is a friend of Mr.I".


毎日休み無しで2つの仕事を掛け持ちするダネイは、
今日はせっかくの2時間の休憩時間ができたというのに、
私を楽しませてあげようとわざわざピクニックを計画してくれた。
Danay has two jobs per day.
Although she has valuable two-hour interval for her because there was no Japanese-school today , but she made the plan to treat me to have a picnic.

その優しい心遣いに心から感謝。
どうもありがとう、ダネイ。
I appreciated her kindness.
Thank you, Danay.


ダネイのお菓子で満腹になった私は、部屋でKettieのポテトチップでビア・チャンを飲み直していつの間にか爆睡。
I felt full with confectioneries Danay bought for me.
I enjoyed beer with Kettie's potato chips in my room.
I fell asleep with unconsciousness.



(ダネイが読めるように一部英語表現を追加)




日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/07/26: シェムリアップ・3日目:欧米人ばかりでアジア人が少ない

5時半起床。

8時にゲストハウスを出発し、プレア・カンに向かう。




080726_000

西門が塞がっていた。




080726_001

朝のプレア・カンの森と回廊は実に清々しい。





080726_002

以前は東のテラスには土産売りの子供たちが大勢いて賑やかだったが、今では誰もいない。
何人か顔なじみの子供たちもいたのだが、なんとなく寂しい場所になった。
きっと遺跡内の土産売りが禁止になったのだろう。

その証拠に、東門を超えて外の環濠跡まで歩いて行くと土産売りがどっと寄ってくるのだが、
遺跡側に一歩踏み入れると、そこで子供たちはあきらめてしまうのだ。





先週、渋谷で歩道を歩いていて段差を踏み外したときに捻挫した足の痛みが何故かここに来て酷くなった。
うーん、これは歩けなくなるかもしれない。





080726_003

タ・ソム。
東門付近のこの森が大変美しい。


足の痛みが辛い。





080726_004

バンテアイ・クデイ。
私が好きな「ホール・オブ・ダンサーズ」。



西門で待ち受けていた女性たちに土産物を売りつけられた。
冷徹に断るのが私の得意技であるが、ひょんなことから隙を見せてしまった。

(全て日本語)
私:「オレは絶対に買わないからな。」
土産売り:「ナンデカワナイ?」
私:「あっ! あの中国人の連中なら買うぞ。中国人は金持ちだからな。あっちに行きなよ。」
土産売り:「カンコクジント チュウゴクジンワ ヤサシクナイカラ ゼッタイニカワナイ。ニホンジンワ ヤサシイカラ カウ!」
私:「はいはい、負けましたっと」





080726_005

真ん中の娘が交渉上手。
日本人のユウジロウさんという友達がいるそうだ。


足が痛くて帰ることにした。


昼食は昨日と同じ「ソチアタIIレストラン」でバイサイチュルック(豚乗せご飯)とカエルの炒め物。





080726_006






ゲストハウス近くにできたスーパーでアンコール・ビールを買おうとしたら、
「政府から選挙日は酒類の販売を禁止されている」と言う。
なんかタイの仏様の日みたいだなと思っていたら、
オーナーらしき人が「あんたは外国人だからいいわよ」と許してくれた。


ゲストハウスで洗濯とビール飲みながら写真の整理。

夕方、ブルーパンプキンでメールのチェックと返信。
なんかパターン化してきた。





080726_007

夕食は「クメール・キッチン」に行った。
以前は小さな店だったけど、隣をぶち抜き、さらにオールドマーケット前にも入り口ができるほどの大きな食堂になった。

魚とニンニクの炒め物を注文。
大量のニンニクが入っていてうれしい。



ダネイはどうしているかなと思い、クメールファミリーに立ち寄った。
I stopped by "Khmer Family" restaurant to see Danay.

もの凄い大繁盛でダネイも従業員たちも大忙し。
ディナーラッシュってやつですね。
The restaurant was very crowded. Danay and other waitpersons were very busy.
It was called a "dinner rush", wasn't it?




シェムリアップは今日で3日目となるが、観光客の多くが欧米人で、
アジア人は圧倒的に比率が低いようだ。

オールドマーケット周辺では、街を歩く人たちのほとんどが欧米人である。



(ダネイが読めるように一部英語表現を追加)




日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/07/25: シェムリアップ・2日目:アンコール遺跡観光はもう遅すぎる?

5時起床。

目覚ましは6時にセットしてあるのに毎日5時前に目が覚める。


撮影機材の準備。
撮影といっても今回の旅行はスナップ程度だし、
機材といっても今回はデジタル一眼レフ一台だけのお気軽旅行なので軽装備だ。
一番小さなバックパックにNikon D200とレンズ2本を入れるだけ。


07:55 ゲストハウスのロビーでMさんのスタッフと会い、今回の旅行費用全額を支払う。

8時過ぎにアンコールワットに向けて出発。

チケット売り場で3日間チケットを購入。



080725_010これまでのチケットはプラスチックで保護されていたが、
今回はペラペラの紙一枚だ。
受付の女の子が「水に濡らさないでください」と言ってた。






ドライバーがアンコールワットの前を通り過ぎるので、
「アンコールワットで降りると言っただろう!?」と言うと、ようやく止まってくれた。

10ヶ月ぶりの10数回目のアンコールワット。




080725_001

西参道の修復工事は完了している。




080725_002

西塔門は入場禁止のまま。
しかも倒壊防止の木枠が組まれていた。





080725_003

中央塔にも修復工事のための足場が組まれている。
これでは写真にならない。


参道を歩き、十字回廊に上がる。

ここでふと気がついた。

観光客が少ない。

韓国人の団体も一組だけだった。
十字回廊も静かだ。


080725_013私が十字回廊で最も好きな仏像がこれである。

頭も腕も無く、
体の左側は大きく欠けてしまっているが、
結果として全体的に美しいと思わせてしまう。





080725_004

第三回廊にはまだ上がれない。

新しく取り付けられた階段を初めて見た。
手すり付きで2本取り付けられているので、
将来はこれが観光客用として使われると思う。
このどちらかの階段から上がって、回廊は一方通行となり、
もう一方の階段で下ることになるのだろう。


以前は、8時から13時過ぎまでアンコールワットで写真を撮っていたが、
もうそろそろ出ようかなと時計を見ると9時半だった。
まだ1時間しか経っていない。


北門方向から写真を撮ろうと思ったが、
中央塔の足場は南西に組まれているようで、西側にはみ出た足場が北側からも見えてしまう。





080725_005

あきらめて木漏れ日の中を歩く。






080725_012

北側の象の門から出ようとしたら板が張ってあった。
現在の観光ルートが定められたアンコールワットでは、南北の象の門が出口となっている。
ここはぬかるみが激しいので板を張ったのだろう。


バイヨンからバプーオンに行ってみることにしたが、ここでもドライバーが通過してしまう。
行き場所を伝える度に、理解したかどうかを訊いているのだが、
このドライバーは「Yes」としか言わない。

バプーオン、ものすごく巨大。
恐怖を感じるほど巨大である。

修復はまだ進行中なので途中までしか行けない。





080725_006

行きつけの食堂「Mom Byon」でビールを飲む。
お姉さんはフランスに嫁いだとのこと。





タ・プロームに行ってみる。



080725_007

ついに西門は通行止め。
タ・プロームで最も美しいと思うデヴァター像(このブログのプロフィールの写真)の一角は、
ロープが張ってあって中に入れない。


修復はインドがやっているそうだ。
大丈夫かな。






080725_011

ここもいつもと違って騒々しい韓国人も中国人もいない。
タ・プロームが静かだ。


タバコを吸いながら歩いている西洋人を見かけたので、
「遺跡の中でタバコを吸うな!」と注意すると、
「タバコ中毒なんだ。勘弁してくれよ。」と言う。



やはり、アンコール遺跡観光の最も良い時期は内線前、次に良い時期は内線後の1993年以降の90年代だろう。
私が初めてアンコール遺跡を訪れたのは4年前の2004年の夏。
そのときも「来るのが遅過ぎた」と強く思った。
2008年のアンコール遺跡は2004年よりも大きく変わってしまった。



14時過ぎにオールドマーケット周辺で遅い昼食を摂ることにした。
ドライバーに「明日も朝8時に来てくれ」と言うと、
「Yes」と答えるので、「本当に理解しているのか?OKか?」と訊くと、「No」と答える。
Mさんのスタッフに電話をしてもらい、「このドライバに『明日も8時だ』と伝えてくれ」と頼む始末。






080725_008

オールドマーケット前の元Lotusで昼食。
プラホックを使った卵焼き「トレイ・プロマー・チェン・ポン・ティア」が美味い。






080725_009


ゲストハウスに戻ってシャワー浴びて洗濯して写真の整理。
短い間激しい雨が降る。

iPhoneを持ってブルーパンプキンでメールのチェックと返信。
今日はメールの送信が問題なくできた。

ふと気がつくと18時半を回っていたので夕食の場所を探す。

4年前、初めてシェムリアップに来た時によく行った中華料理のモノロム・レストランに行くことにした。
外人がよく通されるエアコンの部屋は軍人でいっぱいだったが、なんとか席を作ってくれた。
軍人以外にもカンボジア人が何組かいたのだけど、誰も金を支払わずに出て行った。

豚のあばらのフライを注文。
美味いのだけど、骨ばかりで食べた気がしない。


Temple Barでクメール舞踊を観ながら春巻きでも食うことにした。





080724_008

ここもクーレンと同じで最初に伝統的(?)な踊りがあって、その後はココナツダンスだのつまらない踊りで面白くない。
どこかで最初から最後までクメール舞踊の伝統的な踊りを見せてくれるところは無いのだろうか?


明日からの選挙の宣伝カーというか応援団というか物々しい一団の列が、
シュプレヒコールを上げながら通り過ぎて行く。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/24: シェムリアップ・1日目:10ヶ月ぶりの訪問

5時起床。

ブログ用の写真を編集しながらパッキング。

7時にホテルをチェックアウトしてトゥクトゥクで空港に向かう。
トゥクトゥク7ドル。タクシーが9ドルだからちょっと高いけどまあいいや。

空港について気がついた。
そうか、国内線だっけ。
来るのが早過ぎた。

空港だからWiFiにつながると思った。
しかし、iPhoneは「Free Internet Access」という電波を拾うのだがアクセスできない。


09:20 FT992便は定刻より10分早くシェムリアップに向けて出発。
かなりの数の乗客だ。もっとガラガラの便だと思ってた。

トンレサップ湖の上を飛んで行く。


10:10 シェムリアップに到着。
10:10 I arrived at Siem Reap airport.

今回泊まるゲストハウス「ゴールデン・テンプル・ヴィラ(Golden Temple Villa)」か
ら手配されたトゥクトゥクが迎えに来ていた。
A driver of tuktuk that has been arranged via Golden Temple Villa guest house where I would stay this time, came to pick me up at the airport.




080724_001

シヴォタ通りが大渋滞。
選挙の応援車が大行列。
カンボジアの選挙は相変わらず物々しい。
I was caught in a traffic-jam in Sivotha street.
The traffic-jam was caused by many campaign trucks.
I felt that the election in Cambodia was still heavy as before.


Golden Temple Villaは3回目。
前回は2005年。16泊した。
今回は5泊の予定。
このゲストハウスも見た目が様変わりした。
It was the third time for me to stay at Golden Temple Villa.
Last time was in 2005. I spent 16 nights at this guest house in that time.
The entrance of this guest house seemed to be redecorated.

ここで働くダネイに10ヶ月ぶりに再開。
成田空港で買って来たお土産を渡した。
I met Ms. Danay, a friend of mine, who works at this guest house.
It has been ten months since last time.
I gave her a present which I bought at Narita airport.




080724_002

ダネイの手配で格安で2ベッドルームに泊まることができた。
部屋番号48。
ダネイが「プライベートバルコニー付ですよっ!」と言う。
Danay arranged a 2-bed-room for me with at a special price.
The room number was 48.
Danay said, "you have a private balcony."



Mさんに電話。
明日8時に車の迎えが来るように依頼。
I called Ms. M (Kumi).
I asked her to arrange a car and a driver at 8-am tomorrow morning for sightseeing.



ダネイと知り合ったのは、
3年前に、ダネイとMさんともう一人カンボジア人女性と、私とドライバ以外は女性ばかりのメンバで、
ソンボープレイクックに出かけたのがきっかけだった。
I got to know Danay three years ago.
I went to Sambor Prei Kuk ruins with Ms.M, Danay, and another Cambodian woman.
It started our friendship.

ダネイに電話をかわると、ダネイが「Mさんのカンボジア語が完璧なので驚きました」と言っていた。
I put on Danay to let her talk to Ms.M.
Danay said, "I'm surprised that she has improved her Khmer very much!".



080724_003

オールド・マーケット。



080724_006

オールド・マーケットの魚屋さん。



080724_005

この貝をつまみにビールを飲みたいのだけど、
3年前Mさんがこれで腸チフスにかかって緊急帰国したのを思い出して手が出ない。





080724_004

Happy Herb Pizzaで昼食。
これもシェムリアップに来た日の定番となった。
しかし、今回はアンコール・ビールではなく、ビア・ラオ。
帰りにできたばかりのようなMax Martでアサヒ・スーパードライを4本買う。
4本で6ドル。
日本で私は飲むことの無いビールだけど。



部屋に戻ってゲストハウスのネットコーナーでメールをチェック。
日本語で読めるが日本語で書けない。

下着とTシャツの洗濯。面倒くさい。


iPod touchを持ってブルーパンプキン(Blue Pumpkin)でメールチェックと返信。
しかしGmailで送信ができない。
「送信者アドレスのエラー」と表示される。
意味が分からない。


オールドマーケット周辺を歩いて、「スープドラゴン(Soup Dragon)」で夕食。
iPod touchが「Soup Dragon」のWiFiを拾うので、
「パスワードを教えてくれないか?」と聞いたら、
従業員が店のメールアドレスを書いた紙を持って来た。

もういいです。



今日は早く寝たい。




(ダネイが読めるように一部英語表記を追加)






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/23: プノンペン・番外編:S21(トゥール・スレン収容所)

そこはごく普通の街中にあった。

S21。
ポル・ポト政府の政治犯強制収容所。


共産党の反革命分子を粛正するために作られた。

収容されたのは14,000~20,000人という。
生き残ることができたのはたったの8名。

収容された囚人は、反革命ストーリーを自白するまで拷問され、拷問の苦しみから逃れるために「自白」すると処刑された。
収容されたのは一般市民のみならず、政府の高官やS21の看守さえその対象だったという。




S21_01

S21は高校の校舎を改造してつくられた。




S21_02

尋問室。
ベトナム軍がプノンペンを制圧し、S21を発見した時の写真が部屋ごとに展示されている。




S21_03

S21_04

衝撃的な独房跡。
本では読んでいたが、実物を見て愕然。
「なんなんだ、これは・・・」と、つい独り言を言いながら歩く。




S21_05

S21に収容された人々の写真。
子供さえ反革命分子として処刑された。




S21_06

反革命の疑いをかけられた政府高官の妻子も処刑された。





S21_07

鉄格子越しに陽が差し込む。




共産党は、党中央の意思を市民に強制させることを「人民の解放」と言う。
中国共産党もチベットについて「チベット人民を解放してあげた」と言っている。
来週から開催されるオリンピックは、そのような共産党一党独裁政治の国で行われるのだ。

ポル・ポト時代、ほとんど全てのジャーナリズムはカンボジアの共産党支配を批判せずに、
むしろそれを賞賛するかのような報道をしていたという。

正しいジャーナリズムは現在も存在しないのか?






S21_09

カンボジアの空と陽は共産党の恐怖政治を消し去ろうとしているように思えた。






* S21については「ポル・ポト 死の監獄S21」が一番適切な解説書である。
また、S21のドキュメンタリー映画「S21: The Khmer Rouge Killing Machine」も作られていることを今回知った。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/23: プノンペン・3日目:遺跡でクメール舞踊を撮る

5時起床。
旅行先でも目覚まし時計無しに5時に目が覚める。



いろいろな経緯があったが、
今日は、結局、山中さんを遺跡の前で撮影する日となった。



06:50 中国大使館の前で山中さんと待ち合わせ。
07:00過ぎ、山中さんのクメール舞踊の師匠ユヴァンナ先生一家とトンレ・バティに車で出かける。



080723_001

08:00 トンレ・バティ近くの遺跡「タ・プローム」に到着。
蓮の花と線香を持った子供たちが集まって来てしつこくせがまれる。
合計5ドルくらい払った。





080723_002

木漏れ日が程良い照明となっている。

撮影を終えて市内に戻り、ロシアン・マーケットで山中さんとお別れ。11:20。




080723_003

トゥクトゥクでカンボジア料理「クメール・スリン」に行って昼食。

GPSmap 60CSXの表示をたよりに歩いてホテル戻る。



ホテルに戻ってデジカメの写真を取り込んでいると、
何故だかネットにつながったのでメールとブログのチェック。
だが、しばらくしてネットがまた使えなくなった。
もうネットは放っておこう。


歩いてトンレサップ河沿いに向かう。


080723_004

10人くらいの子供たちが総掛かりで車を洗っていた。



080723_005

交差点に一斉にバイクと車が突っ込んで来てグチャグチャになるのだが、
何故か衝突せず巧く相手をかわして行く。




旅行の楽しさはこうした街歩きだ。



080723_010

河のすぐそばのフォーの店「(後で店名を調べます)」に立ち寄った。



080723_006

トンレサップ河沿いを散歩。
あいにくの曇り空。



080723_007

今にも雨が降りそうな王宮前。


案の定、雨がポツポツと降り始めたので、一昨日みんなで訪れたカンボジア料理店「ポンロック」に入った。




従業員に「こないだの女性たちはどうした?」と聞かれる。



080723_008

蛙のフライを注文。
この店の蛙のフライは美味い。



080723_009

私のビールを従業員がマグに注いで乾杯。

この店はフレンドリーというかノリが良いというか陽気というか、従業員がみんな馴れ馴れしい。
少しでもチップを稼ごうって魂胆なのだろう。
まあ、こちらの気分を害するものではないが、チップが高くなりがち(?)
一人のウエイトレスなんかは、私の席に座って食事をし始めた(もちろん私の許可を受けてのことだけど)。

聞けば月給は30ドル、チップが1日3~5ドルとのこと。
実質150ドルくらいの月収か。



雨が止んだのでトゥクトゥクを呼んでもらってホテルに帰宅。


ビールを飲みながらブログの原稿を書いた。

ここで、買ったばかりで持って来たRICOH GR Digital IIで撮影した全ての画面に「しみ」があるのを発見。
なんてこった!!

予備でLUMIX FX35を持って来てよかった。

GR Digital IIは、この旅のために買ったのに、旅の途中で使用をあきらめることになった。
初期不良での交換といい、この「しみ」(ホコリだろう)といい、困ったカメラだ。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/22: プノンペン・2日目:クメール舞踊の稽古の見学

2時間の時差のある旅行中でも5時に目が覚めてしまう。

ネットがつながったのでブログに写真抜きで少し書き込む。

08:30 シャワーを浴びて、ホテルの前で呼び込みをしていたタクシーを指名。


オルセー・レストランに向かう。

Kさんおすすめのクイティアウ・ボー・チュルックを注文するが、
カンボジア語でいろいろ言われてよくわからない。
あーだこーだの話の中で、どうやらクイティアウ・ボー・チュルックは午前のメニューには無いらしい。
仕方が無いので牛肉入りの麺を注文。




080722_001

これが美味い。


国立博物館に行った。

写真を撮りたいと申し入れるが拒否されたので、仕方なく写真を撮りながら歩いた。
誰にも何も言われなかった。すみません。




080722_002

実物が見たかったジャヤバルマン7世の像。



1時間強見学。
もっとじっくり見たかったが、午後のクメール舞踊の練習風景撮影に間に合いそうも無い。

タクシーのドライバにホテルに戻ってもらう。
ドライバーは、ホテルからオルセー、オルセーから博物館、博物館からホテルで、
10ドルと言うので8ドルあげた。


シャワーを浴びて、
D200と交換レンズをバックに入れてホテルを出る。




080722_007

時間が無いので選択の余地無く、ホテルの隣の店で焼豚乗せご飯とアンコールビールで昼食。


昼食後、またトゥールスレンに向かう。
山中ひとみさんとトゥールスレン前で待ち合わせしているので、その前にもう一度見学しておきたかった。

トゥールスレンをD200と超広角ズームで100枚ほど撮影する。
トゥールスレンの写真は後日まとめて掲載します。



13:25 山中さんと待ち合わせ。
今回の稽古を紹介してくれたクメール舞踊の先生の家に行き、
そこから稽古場所に車で送って行ってもらう。

次々に踊り子と先生たちが集まってくる。
14時半から稽古は始まると聞いていたが、お菓子を食べたりおしゃべりをしたりで一向に始まる気配がない。
14時半を過ぎても踊り子がやってくるが、遅刻を叱る気配も無い。

15時をとうに過ぎた頃、主役と思われる女性2人がぼちぼちと稽古を始めた。
どうやら舞踊のストーリーの順番に稽古をするようだ。




080722_003

400枚くらい撮影したところでバッテリ不足の警告表示が出る。
予備のバッテリはホテルに忘れてきてしまった。



17時過ぎ、踊り子たちは自分の出番の稽古が終わると着替えて挨拶も無しにさっさと帰って行く。
これには驚いた。
日本なら他の役どころも見て学べというところだろう。

主役たちの稽古も終わって我々も帰ることになった。



ホテルに戻り、夜歩いてオルセーにまた行った。



080722_005

念願のクイティアウ・ボー・チュルックを注文。




080722_006

ん~、美味いことは美味いが、私は朝食べた牛肉入りの麺の方が好きだな。
ビールがぬるい。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/07/21: プノンペン・1日目:はじめてのプノンペン

3時起床。

お腹の調子が最悪。
昨日の辛かったレモングラス・サラダのせいだろう。

パッキングしながら4-5回トイレに行く。


4時半にチェックアウト。
タクシーを待つ間、新聞を読んでいたらまた具合が悪くなり、ロビーのトイレで時間を過ごす。


5時過ぎに空港へ向かう。
タクシーの中でもお腹がヤバくて冷や汗が流れる。




080721_001

5時半過ぎに空港に到着しチェックイン。
トイレに直行。


出国審査で長蛇の列に並び、審査を終えてまたトイレに駆け込む。

これで飛行機に乗れるのかと心配になってきた。




080721_002

07:30過ぎ、定刻より早めに飛行機が出発。

だいぶ落ち着いてきた。


08:50頃にプノンペン空港に着陸。
飛行機が空いていたので、ビザの手続きも短時間で終わった。

空港でMさんと10ヶ月ぶりに再開。
MさんにカンボジアのSIMカードをMさん名義で買ってもらった。
これでカンボジアで携帯が使える。但し、10日間のみ。

Mさんが「ご存知のようにプレアヴィヘアでタイとの衝突があって、タイとの関係が最悪の緊迫状態だし、実際にタイとの戦争をするべきだという意見まで出て来ています。それに今週末選挙でしょ。与党が負けたらまた内戦になるんじゃないかしら。○○さん(私)も大変なときにカンボジアに来てしまいましたね!」と言う。




080721_003

09:40 ニューヨークホテルにチェックイン。



080721_004

いつの間にか下痢もおさまったが気分が良くない。
それでも飯を食いに出かけた。


ホテル近くの戀容餃子館。
アンコール・ビールを注文。不味くて飲めない。
店員に文句を言うが言いたいことが伝わらない。
炒飯と餃子を食べる。


PowerBookがホテルのWiFiの電波をかろうじて拾っているので、レセプションでパスワードを入手。
なんとかネットにつながったがすぐに切れてしまう。



14:30 山中ひとみさんの弟子の3名の日本人女性たちがホテルに迎えに来てくれた。

今日はクメール舞踊の装飾具の工房の見学と撮影ということになっている。



しかし行ってみるとただの装飾具のお店。
愕然。orz



何の成果も無く、山中さんを除いたメンバでポルポト時代の強制収容所S21跡「トゥールスレン」を見学。
S21は書物で勉強していたが、予想以上に重かった。




080721_005

「トゥールスレン」を出て、山中さんを拾って5人で川沿いのカンボジアレストラン「ポンロック」で夕食。


ホテルに戻ると、睡眠不足と体調不良のためビールを飲んですぐ寝た。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/07/20: バンコク・2日目:サラデーンカフェ三昧

5時起床。

風呂からあがってビールを飲みながら、再度無線LANのセットアップに挑戦。

あれ!?
何のことも無くつながった。
昨日の苦労は何だったのだろう?



080720_001

無線LANに接続できたので、PowerBookを寝室から居間に移動。
ブログを更新。




080720_002

11時頃、昼食を近くの行きつけのジム・トンプソン・サラデーン・カフェで摂る。
手前は、なんとグリーンカレーの炒飯。カオ・パッ・ゲーン・キヨワーン。
これは美味い!




080720_004

080720_003

散歩。




080720_005

GT-Rを売っていた。
これ欲しい。




080720_006

夕食もサラデーン・カフェ。




明日からカンボジア。
ブログの更新は7月29日以降になります。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2008/07/19: バンコク・1日目:体をほぐす

私はようやく夏休みです。

今回は中判カメラを持っていかないので、スーツケースと、Nikon D200と交換レンズを入れたバックパックのみという軽装備。


05:15 タクシーで池袋に向かう。
05:30 池袋メトロポリタンホテルに到着。
06:00 リムジンバスがホテルを出る。
06:20 サンシャインの乗り場で何故か時間がかかって、5分遅れで成田空港に向けて出発。バスはほぼ満席。
07:35 成田空港第一ターミナルに到着。

免税店でヘネシーを買う。
6,000円じゃなかったっけ?
7,200円もした。




080719_001

毎回しつこい写真だが、ラウンジでのこのビールが本来の私を生き返させてくれます。

シンガポール航空SQ631は09:05発なので、ビールを一杯飲んだところで搭乗開始のアナウンス。




080719_002

シンガポール航空のビジネスクラスの食事は、いつも利用するタイ航空と比較するとはるかに良いです。


同席した小学2年生のまりちゃんとママとワイワイ話し込んで、あっという間のフライトでバンコクに到着。





080719_003

リムジンタクシーでアパートに向かう。

いつの間に眠ってしまい、目が覚めるとニューロードを走っている。
「どこ走ってんのよ、行き先はサラデーンだってば」と言うが、
運転手は道がわからないようだ。

旅行者の私が「じゃぁ、サトーンに出て真っすぐ走って。そこを左。さらにそこを左にまがる、これがサラデーン・ソイ1だよ。」と運転手を案内する。

月曜日の朝5時に迎えにくるよう、運転手と約束をする。




080719_004

10ヶ月ぶりの「我が家」。


早速、無線LANのセットアップを始めるが、なぜかエラーが発生してできない。
何度トライしてもダメ。
仕方なく、寝室のネットケーブルを直接PowerBookに接続するとSafariでユーザIDとパスワードを訊いてくる。

ベッド脇の電話でフロントに確認。
「ユーザIDは部屋番号、パスワードはあなたのラストネーム」と言うがログインできない。
「じゃ、パスワードは123456でやってみて」。

つながった。

再度、無線LANのセットアップに挑戦したけど、私のITリテラシーの低さではどうしてもダメ。

あきらめた。

面倒だけど、PowerBookは寝室で使うことになった。

Bluetoothのヘッドセットを使って、
Skypeで日本に「無事に到着した」旨電話をかけようと思ったが、Bluetoothもつながらない。
Bluetoothのマウスは問題無い。


気がつくと、3時間近く無線LANとBluetoothにハマっていた。

バカらしい。



タクシーでタニヤへ向かう。
ガソリン高騰でも初乗り35バーツのまま。

酒屋で両替。
10,000円=3,100バーツのレートだった。

iPhoneがローミングできず「圏外」となるので、
電話屋でプリペイドのSIMカードを購入。
Nokiaの愛用の携帯電話を使えるようにした。



スリウォン通りの行きつけのタイマッサージ店「サイアム・オンセン」へ。
コンビニで買ったミネラルウォーターを電話屋に置き忘れたことに気づいた。

おなじみのオバさんがいるというので指名。
「久しぶり~、腰の状態はどう?」と訊かれた。

2時間たっぷり体をほぐしてもらう。

あ~、天国天国!



19時過ぎに「サイアム・オンセン」を出て、ギャラクシー近くの「光明酒楼」で夕食。
バンコク到着日と最終日は「光明酒楼」で夕食がパターン化してます。




080719_005

土曜日なのに客が私だけ。
持ち込んだヘネシーをソーダ割りで楽しむ。

あ~、天国天国!




080719_006

ここの蟹炒飯とアヒルの手の煮込みは絶品!
ヘネシーも進みます。

あ~、天国天国!




080719_007

今日は奮発してプー・オプ・ウンセンも注文。
フツーは数人でシェアするプー・オプ・ウンセンを独り占めです。
もうムチャクチャ美味いです!

あ~、天国天国!




「光明酒楼」を出ると外は強い風が吹いている。

「激ヤバ!」ってんで走ってタニヤに向かう。
その途中で雨が降り始める。


タニヤの「JuJu」に着く寸前でバンコクは大雨。


町田のカンボジア料理店「アンコールトム」がカンボジア勉強会町田支部化しつつありますが、
「JuJu」はカンボジア勉強会バンコク支部化しつつあります。




女の子がタイ・カンボジア国境の遺跡プレア・ヴィヘアの両国間のトラブルの話をする。
「カンボジア、今行かない方がいいですよ~。○○さん(私)アブナイよ~」と言ってくれる。


飛行機でガンガン注がれたワインChateau Ramafort Medocと「光明酒楼」のヘネシーが効いたのか、
かなりの酔っぱらいモードに入ったのでこれ以上遠征せず、
理性が働いているうちにアパートに帰宅することにした。


「JuJu」を出ると外は土砂降りの大雨。




080719_008

ようやくひろったタクシーで22時過ぎに帰宅。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

2008/07/18: iPhone 3Gの一週間

iPhone 3Gを購入して1週間経った。

あまりの混雑のためか、その晩にiTunes 7.7がサーバに接続できなかったのでアクティベートができず、
実際に使えるようになったのは翌日の12日からだった。


この1週間、毎日iPhone 3Gを持ち歩いて気がついたことを記しておきましょう。




iPhone_080718まず第一に、しょっちゅう接続が切れる。
これはソフトバンク・モバイルの責任だろう。
東京都区内の木造一戸建て我が家でも左の状態。



勤務先は、東急田園都市線の多摩川を越えて2-3駅先にあるので、
さらにしょっちゅう接続が切れる。

ウイルコムのPHSでは、このようなことは無かった。



それと、電池が持たない。
通勤車内でいじりまくっていると、帰宅時にはバッテリー切れの警告が表示される。
なので、外出時はGPSとWiFiをOFFにしなければならない。


細かいことを言えば、製造の精度が悪い。
クロームの部分と裏のプラスティックの部分に段差がありそのエッジの感触が悪い。
この段差は場所によって深さが異なるので、
意図的ではなく設計上ははスムーズにつながるべきものなのだろう。

やはり中国製だからなのか?





そして、遅い!
メールを書いているとかな漢字変換に数秒かかることがある。
これは大変不快だ。
いくつかのTipsを得て試してみたが、私のiPhoneはいつも遅い。



しかし、良いこと。

まず、画期的ユーザインタフェースが素晴らしい。
これほど触って楽しい電子機器は無いだろう。

それと、MobileMe

Palmのようなシンク作業が不要になった。
15年ぶりにコンピュータのスケジュール表を使う気になった。

時代が変わったことを痛感する。



なんだかんだ言っても、iPhone 3Gは現時点でモバイル・インターネット・アプライアンスのベストである。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Apple |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/16: 下目黒 寿司いずみ (17回目):飲み過ぎ

飲み過ぎました。

あまりに美味い料理と鮨、そして酒。



いずみ_080716_001

かいとろ、という料理だそうです。
鮑が入っています。
美味過ぎです。



いずみ_080716_002

鮑のぶつ切り。青森産と千葉産。
海藻の香りがとてもよかった。
美味過ぎです。



いずみ_080716_003

冬瓜と鮑。
美味過ぎです。



あまりに美味い料理と酒が続いて鮨の前に完全に出来上がってしまった状態でした。





いずみ_080716_004

今回はお鮨の写真はこれだけ。

はい、シンコですよ。
美味過ぎです。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/魚さかなサカナ~♪ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/14: 二酸化炭素排出権取引

二酸化炭素排出権取引はうさん臭い。

特に国家間の排出権取引は、単にカネを他国にくれてやるだけである。
こんなムダなことに国家のカネを使うべきではない。


先進国の二酸化炭素排出規制と排出権取引は、先進国の経済力低下をねらう後進国、特に中国共産党に利用されるだけである。




空_080714

二酸化炭素排出の最も効果的な方法は、逆に中国に厳しい排出規制を適用し、日本との間の排出権取引で中国の経済力を低下させることである。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 政治・経済/環境・資源・エネルギー |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

2008/07/13: お盆の日

今日はお盆。

とは言っても、私自身は無頓着。
せいぜい仏壇に線香をあげる程度。
けしからん日本人である。



昨日、友人のHさんからカンボジア料理のプラホックが届いた。

プラホック_080713

材料は豚肉と卵。
この風味はプラホックそのものなんだけど、どうやって作ってるの、Hさん?

あまりにも美味くてビールが進む。





iPhone_080713_001iPhone 3G。
着信音も好きな音楽に設定した。

iTunes経由でiPhoneの着信音を設定するには:
・AACファイル
・拡張子は「m4r」
・音声の長さが30秒以下
のようだ。

上記条件のAACファイルをiTunesにドラッグするとiTunesの「着信音」に入る。



不満も出てきた。

とにかく動作が遅いのだ。

かなキーボードも数秒遅れて反応することがある。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/13: iPhone 2.0の日本語入力

iPhone 3Gのビデオガイドにもあるけど、iPhone 2.0の日本語入力は強力に進化した。



例えば、これまでの携帯電話でおなじみの「かな入力」では、
「と」を入力しようとしたら、「た」を5回押す(下記左図)。

iPhoneでは、「た」を長めに押すと「た」を中心とした「た行」の各母音の「ち・つ・て・と」のキーが表示される(中図)。


080713_00001

ここまでは、「なるほどな~」と思うのだけど、
マルチタッチを使ったユーザインタフェースのスゴいところは、
上記「と」の入力を「た」に置いた指からの「フリック」で実行させることである。

つまり、「かな」キーパッドの「た」に指を置いて、下方向に指を「はらう」と、
「と」が入力される(上記右図)。

iPhone 2.0の日本語入力では、全ての「かな」はワンアクションで入力できるということだ。



なんと素晴らしいアイデアではないか!

私は、こういう新しい発想とそれを気がつかなかった自分とのギャップが悔しいが、
しかしこういうアイデアを知った時は楽しい気分になる。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Apple |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/12: iPhone、セットアップ

昨晩、iPhoneをセットアップ(ロック解除)しようとしたら、
iTunes 7.7がエラーを吐き出してセットアップできなかった。

今朝5時に起きて再度試したところ、何の問題も無く無事にiPhoneが使えるようになった。




iPhone_080712_01

思えば、私が最初に携帯電話を買ったのは1994年。
当時はDoCoMoの携帯は10万円くらいだったので、安い東京デジタルホンの松下の電話を買った。
7万円くらいだったように思う。
その2-3年後、東京デジタルホンからDoCoMoに乗り換えた。


東京デジタルホンは、その後、J-Phone、Vodafoneとなり、
現在はソフトバンクモバイルとなった。

私のiPhoneは、この流れから言えば「14年ぶりの東京デジタルホン」である。






自動販売機_0807112

GR Digitalを片手に散歩。




夕方、iPhoneを予約していたソフトバンクの某店から「緊急入荷した」旨の電話が入った。
昨日は予約者をそっちのけにして行列で話題を煽る商法だったことが見え見え。

我が愛するAppleもずいぶんと汚い手を使ったな。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Apple |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/11: 並ばずにiPhone 3Gを入手できた!

昨日、もうこの週末はiPhone 3Gは入手できないとあきらめていた。


夕方、仕事で東京の郊外に外出。

あまりにも暑いので駅近くのスーパーに立ち寄って涼んでいた。
そのスーパーの中で携帯電話ショップを見つけたので、「iPhoneある?」とダメもとで訊いてみた。


「ありますよ!」




iphone_080711_01

iphone_080711_02


ってことで、16GB Blackを入手。

発売初日に1秒も並ばないでiPhone 3Gを手に入れることができた。

オレっていっつもツイてんだよね~。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Apple |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

2008/07/10: iPhone、明日の初日は入手出来ず

ソフトバンクショップから電話。
「お客様が予約していたiPhoneは、残念ながら明日の発売日には確保できませんでした。」

やっぱ発表日の翌日の予約じゃ遅過ぎたわけか。
欲しいなら行列に並べってのかな?

行列嫌いだから並ぶのはダメです。


残念。




080710





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Apple |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/09: Ricoh GV-2ファインダー

なーんの成果も無かったG8サミットが終わったらしい。

GR Digital II用に、カメラぶれ低減とLCD表示OFFによる省エネをねらって外付けファインダーGV-2を買った。




GV2_080709

なかなか見やすいファインダーだ。
視野枠よりも若干広く写る。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/GR DIGITAL |
  2. この記事へのリンク|
  3. 写真関連機材
  4. | トラックバック:1
  5. | コメント:0

2008/07/08: 臭い

今日も蒸し暑かった。

汗だくで外出先から戻ったら会社内も蒸し暑くてたまらない。



んで、スゴく臭い。
電車の中も、会社の中も、
そして自分自身も臭い。





080708






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/07: 七夕

080707

外国人に参政権はないのだから、政治家は名前は日本語で書くべきである。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/06: 蒸し暑い

自宅には、
2台のデスクトップMac、Mac ProとPowerMac G4、
2台のノートMac、MacBook ProとPowerBook G4、
1台のDELLのデスクトップPC、
1台のIBM ThinkPad、
の合計6台のパソコンがある。
どれも現役で動作している。

私はパソコン趣味ではないけど、いつのまにかこれらの6台のパソコンが狭い我が家に居座ってしまった。


しかし、私はWindowsが大嫌いなのだ。
Windows XPの起動時のあのおぞましいメロディを耳にするだけで鳥肌が立つので、
私のWindows PCはヘッドホンジャックにプラグを差し込んで音が出ないようにしている。


Windowsを起動したくないので、
朝からこれらWindows PCにある1990年代の古いメールをGmailに移す作業を試みた。

しかし、Windows PC上のNetscape 7.1のメールは、IMAPのGmailにどうやっても移行できない。
エラーになってしまう。
うまく転送できてもメールの日付が今日の日付となってしまう。

仕方ないので、Netscapeのメール・ファイルをMacに移動し、
Mac OS Xのメール・ソフト「Mail」(Mail.app)でインポートを試した。
しかし、一部のメール・フォルダをどうしても読み込むことができない。


今日はあきらめた。






図書館に本を返しに外に出た。

薄曇りだが、蒸し暑い。





道路ペイント_080706

iPhone 3Gのビデオガイドが出た。
この日本語のキーボードは良く出来ている。
楽しみだ。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/05: ロマンスカーで町田に行く

50000形ロマンスカーVSE(Vault Super Express)に乗って町田に出かけた。



VSE_080705_00

ネットで予約したのだが、展望席に空席があったので押さえた。



VSE_080705

展望席だからといって特別料金が加算されるわけではない。
とっても得した気分。





町田アンコールトム_080705

町田のカンボジア料理店「アンコールトム」でカンボジア勉強会・町田支部飲み会。





帰りは代々木上原で千代田線に乗り換えて明治神宮前経由で副都心線で帰宅するつもりだったが、
気がつくと北千住を通り越して綾瀬だった。
西日暮里まで戻って山手線で池袋に行き、何とか東武東上線の最終電車に間に合った。

中板橋から歩く。
東京都の防災計画によって引越ししてしまった友人宅の跡地を見て途方に暮れていた。

午前1時半過ぎになんとか帰宅。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/鉄道旅行 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/04: いよいよ本格的夏

今年は暑くなるかと思えば春並みの気温に下がったりして、どうも季節を感じにくい。
しかし、今日は暑かった。



タイ料理_080704

夜、M君と飲みに出かけた。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2008/07/03: Deutsche Harmonia Mundi 50th Anniversary Edition

古楽で有名なレコード会社(CD会社?)「ドイツ・ハルモニア・ムンディ」(DHM)の設立50周年記念のCDボックス・セット
CD 50枚入り。

ダイジェスト版ではありません。
それぞれが単独のCDとして発売されていたものが50枚です。


でも、値段は、なんと1枚あたり100円ちょっと。
\(^o^)/


DHMは概ね音質も大変良く、作品によってはリファレンスとしているオーディオ・マニアもいるほどです。



DHM50_080703

これはチョーお買い得。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 音楽/クラシック |
  2. この記事へのリンク|
  3. 音楽・オーディオ装置
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

前のページへ

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ