晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2012/03/26: 幼馴染と飲む

来週からシンガポールに赴任する親友ら幼馴染と新宿で飲んだ。

「明るい北朝鮮」と称されるシンガポールには全く親近感がわかないのだが、
そのうち行ってみようと思う。




120326_001_XIAN新宿西口店

(Ricoh GR Digital IV)

XI’AN 新宿西口店。
横浜店よりは美味いが、「刀削麺荘」の頃に比較すると味が落ちたように感じる。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/03/21: カミカゼ

カミカゼ。



これ、カクテルの名前です。

カタカナで名付けられていますから、欧米人によるレシピであることがわかります。
10年以前にアメリカに駐在している頃、白人の友人に教えてもらったカクテルです。






120321_001_カミカゼ

(Ricoh GR Digital IV)

ウオッカ、コアントロー、ライム、トニックウオーター。
いや、あの頃、コアントローは使わずにスーパーでオレンジピールを買って混ぜたような記憶がありますね。

今でも、バーに行ったときは最初に注文するカクテルです。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/カクテル |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/20: 西京漬け

昨年の秋口あたりから急に魚の粕漬けが好きになり、機会があれば買って帰るようになりました。

今晩は土曜日の大田市場「大松」で買ってきた鰈の粕漬けです。




120320_001_大松の鰈の西京漬

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

鰈の粕漬けは初めていただきましたが、これは最高に美味しいです。
肉厚だし、品良く脂がのっているし、香りも素晴らしい。

絶品です。




ところで、魚の粕漬けと西京漬の違いって何ですか?







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/魚料理 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/19: 渋谷ヒカリエ、もうすぐオープン

120319_001_Hikarie

(Ricoh GR Digital IV)

東京メトロ・副都心線・渋谷駅・15番出口付近が広く開いていたので、行ってみると・・・





120319_002_Hikarie

(Ricoh GR Digital IV)

おお、渋谷ヒカリエですよ。

地下は副都心線とつながっていたんだ。



38年前、小学生の頃、毎週渋谷に遊びに来ていました。
そして一ヶ月に一度は、この場所にあった東急文化会館の五島プラネタリウムで星空を楽しんでいました。


ヒカリエにはプラネタリウムは入らないのかな?





120319_003_副都心線・渋谷駅

(Ricoh GR Digital IV)

副都心線と東横線の直結工事も進行中です。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/03/18: 春が来ているよ。

この2週間の週末は、風邪だか何だか体調が悪くて家で寝ていたんだけど、
久しぶりに写真散歩。





120318_002_梅の花


(Ricoh GR Digital IV)



近所の梅の木。

濃厚な梅の花の香りがする。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/03/17: 大田市場 日本料理「大松」

昨晩の日本酒で気分の良い二日酔いで目が覚めた。

とりあえず、冷蔵庫から朝ヱビスビール。




オレが「美味くない」と思っている料理の代表格は「鍋」なのである。

しかし、「絶対に飲まない」と言っていた日本酒だったが、
いずみでホンモノの酒の美味さを知って以来、日本酒ファンになったように、
鍋もホンモノを知ると、そりゃぁ、あんた、なかなかのもんですよ。

オレを目覚めさせた鍋のホンモノは、あのきのこ鍋でしたねぇ~。




ってことで、Nさんご夫婦と本日は大田市場・事務棟2階の「大松」で鍋と酒です。

一番のオススメは「市場鍋」だったのですが、
大松のお母さん曰く「ネタに良いものが入ってこない」とのことで、旬の鮟鱇鍋となりました。




(写真は全てRIcoh GR Digital IV)


120317_001_大田市場・大松


まずはお刺身と牡蠣。

牡蠣は、兵庫県赤穂市の坂越・忠臣蔵。
市名にちなんだ面白い名前ですね。

で、大トロも久しぶりに美味いものをいただきました。

さすが市場での美味いネタが揃っています。




120317_002_大田市場・大松


穴子の骨。鰻じゃないですよ。
穴子の骨は初めてだなぁ。




120317_003_大田市場・大松


さぁ、鮟鱇鍋一式です。




120317_004_大田市場・大松


肝汁がベースなんです。
美味そうでしょ。



120317_005_大田市場・大松


大松のお母さんが全てやってくれます。

最初は、あん肝と椎茸と豆腐と白瀧で、肝鍋。

濃厚な味で酒が進みます。




う~ん、今朝は二日酔いだったのになぁ。
鮟鱇で元気になってきたかな。




120317_006_大田市場・大松


肝鍋が終了したところで、残りの鮟鱇と具材を入れて鮟鱇鍋。

いーじゃん、鍋って。
美味いじゃん!



要はね、居酒屋チェーン店の鍋なんか食っちゃいけないのよ。






ウチは母が「見た目」で「鍋は日本人の食事ではない」と大の鍋嫌いだったので、オレも子供の頃から鍋は食わず、
大人になってから低品質の居酒屋での忘年会で、幹事をブチ殺したくなるほどのマズイ鍋を食わされ、
好き嫌いはないと豪語するオレでさえ、鍋は苦手な部類の料理でした。

しかし、昨年のきのこ鍋以来、
いずみで知った日本酒と同じように、ホンモノは美味いとわかりつつあります。





ホンモノは美味いですよ。







肝汁にうどんを入れて、その後にご飯を入れて超満腹。





120317_008_大田市場・大松


満腹で苦しい中、大田市場事務棟からバスに乗って帰りました。




次回の大松はすっぽん鍋で決まりだ。

Nさん、企画よろしくね。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/こんな店に行ってきました |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/16: 下目黒 寿司いずみ (65回目):春ですね~

久しぶりに会社の同僚OTくんと訪問です。

先月は寒鰤が入らず、しかし今日は入った、日本の海がおかしいよ、と親方が言う。




酒の肴(20品):

・茶ぶり生子、海鼠腸の漬け入り。冬のいずみの定番なのでもう名残ですね。
・出汁で食う白三つ葉入り出汁巻き玉子。これも今月で終わり。
・勝浦の初鰹の刺身。
・五島列島の根付きの鯵の刺身。もう鯵が出てきました。
・子持ち槍烏賊の沢煮。
 このいずみ38年の烏賊専用のツメが最高の旨味を出してます。
 このツメにシャリを乗せてお皿をお掃除。最高!
・蕗味噌。春だぁ~。
・さくらんぼ、桜鯛と芝海老のすり身、桜鯛の切り身、桜の葉の桜蒸し。春の素晴らしい香り。
・島にんじんのソテー、焼きあん肝、タンカンと赤酢と橙の陳皮のソース、赤酢のシャリ付き。
・蝦夷あわびと肝の共和え。鮑専用のツメ。幸せです。
・鮪の塩辛。
・鮭の塩辛、酒盗。
・烏賊の塩辛。正月の塩辛がいい感じです。
・ムツの卵巣の味噌漬け。
・鯔の卵巣の味噌漬け。
・鯔の卵巣の風干し。
・卵の鼈甲漬け。
・鰊の卵巣と白子。酒が進みます。
・苦うるか。気絶しそうな美味さ。
・沢庵。沢庵も美味いよ!
・桜のお吸い物。


120316_001_寿司いずみ

(Ricoh GR Digital IV)




OTくん、ここで「お腹がいっぱいになってきちゃった」と弱音を吐く。




鮨(14貫):
・細魚。
・平目。
・小鰭の赤酢〆
・小鰭の黍酢〆。
・白魚の蒸し。素晴らしい!
・平貝の炙り。
・鳥貝。
・金目鯛の漬け。
・太刀魚の炙り。
・筍。
・赤貝。
・ホッキ貝。
・煮蛤。
・煮穴子。

おかしいな、鰤も食ったはずなのに写真も記録もありません。



120316_002_寿司いずみ

(Ricoh GR Digital IV)





酒:
・サッポロラガービールの大瓶2本。
・青森 陸奥八仙、しぼり。
・佐賀 鍋島 純米活性酒。開けたて。
・静岡 志太泉。
・岩手 吾妻嶺。
・静岡 志太泉 16BY。
・静岡 志太泉 22BY。

いや、もっと飲んだはずなんですけどね。
いつものように記録も記憶もありません。\(^o^)/





この鮨屋の神髄を知りたければ、この本を読むべし。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/03/16: iPad 驚愕のディスプレイ

新型iPadが到着しました。



120316_001_iPad

(Ricoh GR Digital IV)

早速開梱の儀です。




120316_002_iPadのキズ

(Ricoh GR Digital IV)

え、もしかしてキズ?(赤丸印部)




120316_003_iPadのキズ

(Ricoh GR Digital IV)

ほらぁ、やっぱり。
オレはフィルムで包まれた状態でもすぐわかったのに、何で出荷検査で見落とされるわけ?

明日の朝一でアップルに電話しよ。





さて、「新しいiPadってiPad 2とほとんど変わっていないじゃん!オレはパス。」という人達がいます。




あのですね、スペック聞いていないんですか?

あの大きさに2,048×1,536画素のディスプレイと聞いて、「ほとんど変わっていない」と評価する人は、
余程想像力が欠如しているか、ホンモノのバカなんでしょうね。

「これは絶対に買いだ!」と言ったら、
「あんたは写真やっているから画質にウルサイからな。」と言った人もいましたよ。




ってことで、このiPadのRetina Displayの威力を見てみましょう。





120316_004_iPadのRetina Display


産経新聞一面をiPadで表示してみると・・・




120316_005_iPadのRetina Display


これまでのiPad。




120316_006_iPadのRetina Display


これがiPad(2012)。

これでも「ほとんど変わらない」ですか?







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/Apple |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/11: 一年経ちました

あらゆる日本人が本日ツブやいたりブログったりしてますが、
あの大震災から一年経ちました。

政府をはじめとする全機関の無能ぶりに呆れ返った一年でしたが、
あれが自然災害ではなくて、他国からの攻撃だったらどうなったんでしょうね。





110311_001_地震直後

(Ricoh GR Digital II)






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/03/09: まずSmart Coverが到着

iPad 2は高解像度ディスプレイを採用しなかったので見送ったが、
8日未明に発表されたiPadは即注文した。




120309_001_SmartCover

(Ricoh GR Digital IV)

本日、まずSmart Coverが到着。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/03/04: 電子確定申告

確定申告をやっと終えました。

所得はサラリーマンの給与だけだけど、
ある南米の子の学費の援助や、昨年は東日本大震災の寄付などの寄付金控除です。

毎年世界の何処かで災害が発生するので、寄付金控除の還付金は意外に多いのです。





120226_001_工事風景

(RIcoh GR Digital IV)

しかし、寄付金が私の期待通りに使われているとは思えないのが問題ですね。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/03: 国分寺「潮」(3回目):雛祭りの日に

さて、雛祭りの今日は待ちに待った「潮」の日です。

昨年末の忘年会でここを訪れてから、すっかり潮さんの虜になってしまいました。




(写真は全てRicoh GR Digital IVで撮影)

120303_001_国分寺・潮

京菜の花の胡麻浸し。
潮は最初の一品で、これからの期待度がさらにグンと上がるのです。




120303_002_国分寺・潮

グラスに入っているのが「のれそれ」(穴子の稚魚)。
栄螺の器に入っているのが、生のくちこ(このこ、海鼠子、海鼠の卵巣)の茶碗蒸し。これは凄過ぎです。
その右が、赤貝の鉄砲和え。酒が進みます。
新筍の牛肉巻き。
牡丹百合根。酒・塩・砂糖で煮ています。潮さん曰く「これは関東の料理」。
蕗の薹の当座煮。この春の香が素晴らしいです。
海胆(うに)の磯辺揚げ。黄身で揚げています。




120303_003_国分寺・潮

蛤のしんじょう、ウド、蕨。
2個の蛤が入っています。
しんじょうといってもほとんどが蛤。美味いです。




120303_005_国分寺・潮

クエの刺身、クエの皮。
「いずみ」でクエ三昧をやってから、この高級魚の旨さを知りました。




120303_006_国分寺・潮

潮さんが「蕎麦鮨食べる?」と聞いてくれたので、食いしん坊たちは「食べる!食べる!」
蕎麦寿司って初めていただきましたよ。
海老・玉子・胡瓜・穴子(だったかな)等の具もしっかり入っていて美味しいです。




120303_007_国分寺・潮

真魚鰹の西京焼き。
刺身でも美味いレベルの身を粕漬けにしたものです。




120303_008_国分寺・潮

潮さんが「焼き蕎麦掻き食べる?」と聞いてくれたので、食いしん坊たちは「食べる!食べる!」
これよ、これ!
こんな美味いもの潮でしかいただけませんよ。
蕎麦掻きに一味が少し入っているそうです。それがまた良いアクセントになっています。





120303_009_国分寺・潮

さて、今回も琵琶湖の真鴨の鍋をいただけます。
モツと心臓も入ります。
しかも、今日が真鴨鍋の最終日だそうでグッドタイミングでした。




120303_010_国分寺・潮

この真鴨の摘入(つみれ)が最高なのよ。
軟骨部分もしっかり入っているので歯応えも素晴らしい。




120303_011_国分寺・潮

しろ菜と真鴨のロースを入れておかわり。
う~ん、この出汁、たまりません!




120303_012_国分寺・潮

鴨鍋の出汁に平蕎麦を入れて暖かお蕎麦をいただきます。
蕎麦も十割で、でも崩れること無く、鴨の出汁を適度に含んで、しかもコシを保っています。
これ以上に美味い鴨蕎麦は無いでしょう。




120303_013_国分寺・潮

潮さんが「蕎麦サラダ食べる? まだ入る?」と聞いてくれたので、食いしん坊たちは「食べる!食べる!」
蕎麦のサラダですよ。
揚げ湯葉とたっぷりのサラダとゴマベースのドレッシング。
これ、ウチでもやってみよう。




120303_014_国分寺・潮

デザートはヌガー・グラッセ。
潮さんは「旨い料理は良い材料さえあれば出来るんですよ」と謙遜されていましたが、
このヌガー・グラッセに使われている生クリームも最高級品が使われているようです。



さすがの食いしん坊たちも満腹になって潮を後にしました。

和食、最高です。




いつか潮でカレー南蛮食べてみたいな。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/03: 北九州監禁殺人事件

昨年の暮に松永太という男の上告が棄却され死刑が確定した。

北九州監禁殺人事件の主犯である。

この事件は何故かあまり報道されず、「遺体無き殺人事件」という何ともミステリアスな呼称が付けられていたが、
松永の死刑が確定したことをきっかけに、この事件を取材した本「消された一家」を読んだ。

私がこの異様な事件に興味を持ったのは、
何故、被害者たちは松永から逃げることが出来なかったのか?
という、この事件を新聞等で目にした誰もが思う疑問からである。

気分が悪くなるこの事件の概要はおよそ次のようなものだ。

つまり、松永は、知人の男とその十代の娘、高校時代の同窓生・緒方純子と緒方の両親、
緒方の妹夫婦、妹夫婦の幼い子2を監禁し、
監禁した者たちを互いに殺し合わせ、その遺体をバラバラに解体・破棄させた、というものである。

緒方の妹夫婦の小学生の娘も殺人・解体を手伝わされた(その子も緒方に殺害された)。
事件は、殺された知人の娘が脱走し祖父母の家に逃げ込んだことで発覚した。

およそ小説であってもあまりにも残虐かつ残酷な話だが、これが実際に起きたのである。



松永は、暴力団員や格闘家ではなく、外見は極普通の男である。
緒方の父親は地元の名士で、妹の夫は元警察官である。
全員で松永に襲いかかれば、いくらでも逃げる機会はあったはずだ、と思うのが普通であろう。
実際、被害者たちは松永の指示で外出し買い物や用事を済ませることもあったのである。


しかし、松永は人を操ることに天才的な能力を持つ男だった。

小学時代は全学年を通してオール5の成績だったそうだ。
中学生の時には校内弁論大会で優勝。
傍から見れば優等生である。


だが、松永はサイコパスだ。
良心というものを持っていない。
常に自分の餌食を探し、餌食となった者を拷問・虐待し、
カネを工面させ、使い物にならなくなると殺す。

しかも、松永自身は一切手を下さない。
他人に殺させるのだ。




しかし、「消された一家」を読んでも、私には被害者たちが監禁されるまでに至ったその心が理解できなかった。

松永の奴隷となったのはこの事件の被害者たちだけではない。
分かっているだけでも、その他に数人が餌食になっている。

つまり、今の私には被害者たちの心が理解出来ないが、
もし、松永のようなサイコパスが私に接してきたときは、
私もその人を信じて付き合うようになり、
しかし、いつの間にか監禁され、その人の思うがままに利用されるようになってしまうのかもしれない。






120226_002_木

(Ricoh GR Digital IV)

サイコパスは意外に多いそうだ。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ