晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2012/11/27: 田無 蕎麦「ほしの」

「もの凄いコストパフォーマンスの店があるんだよ」とKさんが誘ってくれた。

西武新宿線・田無駅で待ち合わせるが、Nさんが待ち合わせ時刻になっても現れない。
そこに電話がかかってきて「練馬駅にいるんだけど、みんな何処にいるのよ?」と言う。
どうも、Nさんは他人と会話しているうちに、「待ち合わせ場所は練馬駅」と勘違いしてしまったそうだ。

店で待ち合わせることにした。



Kさんと私は、田無からタクシーで、今晩の店「ほしの」に向かう。




121127_ほしの_01

(以下、SONY RX100)


121127_ほしの_02


ビールを飲みながら、女性陣2名の到着を待つ。





121127_ほしの_03

二種類の湯葉。



121127_ほしの_04

きのこ、三種類。



121127_ほしの_05

様々な前菜。
蕎麦寿司がいい。



121127_ほしの_06

鯖の焼きものと玉子焼き。



121127_ほしの_07

鮎の南蛮漬け。



121127_ほしの_08

一人ひとりに出されるきのこ鍋。



121127_ほしの_09

蕎麦がき。
きのこ鍋に入れていただいた。



121127_ほしの_10

大海老の天ぷら。



121127_ほしの_11

鰊。



121127_ほしの_12

121127_ほしの_13

しめは、ぶっかけおろし蕎麦。



121127_ほしの_14

デザートまで付いて来ました。




頂いた酒は:

・キリン・ハートランドビール。
・神奈川 丹沢山 秀峰。
・広島 雨後の月 純米吟醸。
・埼玉 神亀 純米 ひやおろし。
・兵庫 福祝 無濾過 ひやおろし。
・佐賀 七田 純米吟醸。
・栃木 松の寿 純米吟醸 袋吊り瓶囲い。
・福島 奈良萬 純米 ひやおろし。
・愛媛 石鎚 特別純米ひやおろし。
・石川 菊姫 鶴の里。


お会計は、一人あたり4,500円!
このコストパフォーマンスは凄すぎます。



「ほしの」は亡くなったご主人を後を継いで、奥様が一人でやっています。
頭が下がります。





121127_ほしの_15


帰りの月が美しかった。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/11/23: 浦和 蕎麦「庵 浮雨 (un peu)」

久しぶりに浦和に来た。

「庵 浮雨 (un peu)」だ。




121123_001_庵 浮雨 un peu

(以下全て、SONY RX100)

豆腐。濃厚。



121123_002_庵 浮雨 un peu


「庵 浮雨 」の茗荷のピクルス好きなんだよね。

乗せられているハーブは何だっけ?と話に挙がったが、セルフィーユ(チャービル)ですね。



121123_003_庵 浮雨 un peu


カリフラワーと蛸の和え物、烏賊とワタのクリーム和え。



121123_004_庵 浮雨 un peu


サラダ。



121123_005_庵 浮雨 un peu


鰹のたたき。軽い燻製香。

RX100の球面収差がひどい。



121123_007_庵 浮雨 un peu


鴨のロースト。

もう最高ですね。



121123_008_庵 浮雨 un peu


蕎麦、オリーブ・オイルの香り。
何が乗せられているんだっけ?

「庵 浮雨」の真骨頂だ。



121123_010_庵 浮雨 un peu


クリーム仕立ての鍋。



121123_011_庵 浮雨 un peu


鍋の〆はやはり蕎麦。



121123_012_庵 浮雨 un peu


デザートは、ヌガー・グラッセ、キャラメルソース。




121123_013_庵 浮雨 un peu


一同、満腹かつ大満足で「庵 浮雨 」を後にしたのであった。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/11/20: 豪徳寺 蕎麦「あめこや」

Kさんから「連れがドタキャンになったので『あめこや』に行かないか?」との連絡があり、
会社の帰りに豪徳寺に向かった。



121120_001_あめこや

(以下全て、SONY RX100)

「あめこや」は、しばしばKさんから話を聞いていて大変楽しみにしていた店だ。

店主は、新潟の農家・田中さん宅も訪れている。
「いずみ」の不思議な縁は、ここにも繋がっているのだ。



予約席に置かれたメニューには、「Kさんスペシャル」とある。

期待感がムクムクと沸き上がってきます。



121120_002_あめこや


まず、お通し。



121120_003_あめこや


前菜盛り合わせ。

珍味、小鮎のパテや烏賊ワタのルイベが美味しい。
金時草のお浸し。金時草というのは初めて。
落花生。特大。



121120_004_あめこや


刺身の盛り合わせ。

ここで超常現象発生!

店主が皿を置き、私が写真を撮ろうとしたら、
なんと、パンという音と共にお皿が真っ二つに割れたのだ。

なので、上の写真は2皿目なのだ。

左の鯖の下はアボガド。酢味噌と合います。



121120_005_あめこや


蕎麦の実入りの参鶏湯。

参鶏湯というのは、鶏の水炊きに朝鮮人参を入れたもの。
鶏も柔らかく、蕎麦の実も美味しい。



121120_006_あめこや


鴨焼き、赤葱添え。

鴨焼き、絶品ですね。



121120_007_あめこや


天麩羅の盛り合わせ。

十朝日や田中五六などの酒をいただきながら楽しみます。



121120_008_あめこや


121120_009_あめこや


121120_010_あめこや


蕎麦は:

・福井県大野産 大野在来種。
・埼玉県三芳産 キタワセ。

の二種類。

美味いです。



121120_011_あめこや


デザートは、和歌山県産利根柿とマスカルポーネのアイスクリーム。



「あめこや」、ウワサ通りの美味しい店でした。

また来たい店の一つです。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:1

2012/11/17: マイクロプレイン・ゼスター

銀座矢部で味わった「ちいずからめそば」のふわふわのチーズに感動し、
矢部さんにそのチーズのおろし金を教えてもらいました。

Microplain(マイクロプレイン)というアメリカの製品です。

種類がいろいろありますが、
目が一番細かく、おろし金自体の固定方法が最もシンプルな「クラシックシリーズゼスターグレーター」を発注。





121117_010_Microplain_ Zester

(Ricoh GR Digital IV)

元々は木工用ヤスリだったそうだけど、ある女性がおろし金の代用で使ったのが始まりのようです。




121117_003_パルジャミーノ・レッジャーノ

(Canon EOS 5D Mark II w/ Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

これですよ、これ。

ふわふわのパルジャミーノ・レッジャーノです。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/キッチングッズ |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:1

2012/11/17: SONY RX100・その後2

SONY RX100用のケースとして注目していたのは、ハクバのピクスギア IP2 カメラケース M

ようやく発売となった。




121117_001_SPG-IP2-MWR_ピクスギア IP2 カメラケース M

(Ricoh GR Digital IV)

本日到着。

正にSONY DSC-RX100のために作られたような速写ケースである。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/デジタルカメラ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 写真関連機材
  4. | トラックバック:1
  5. | コメント:2

2012/11/16: 下目黒 寿司いずみ (73回目):冬の訪れ

ようやく衆議院の解散である。

バカどもが票を入れ、ド素人の政治家どもが日本を混乱に陥れた3年間がようやく終わる。

そして政治家の就職活動が始まるわけだが、
民主党は、松原仁氏を除いて全員落選させるべきである。





さて、本日は「いずみ」である。

本日は、Kさんと娘さんと3人で「いずみ」を楽しむことになった。




酒の肴:

・伊豆のヒラソウダのたたき、青唐辛子、ケラジ蜜柑。
 このケラジというのは素晴らしい香りです。これは初めてだな。
・芝海老入り玉子焼き、赤山椒添え。
・牡鹿半島の鰹の赤身と砂ずりの刺身。
・真鯖の刺身。
・利尻の蝦夷鮑のブツ切り。
 利尻昆布を敷いて運んだので、鮑は昆布の味がする。実に美味い。
・無花果の蒸し物、シラヒゲウニ、日本酒と白ワイン。
・安納芋の素揚げ。
 焼いてから揚げてます。
・椎茸の詰めもの、鮪と六白豚、葡萄、ニンニク味噌。
・夜光貝の味噌焼き、蘇鉄味噌。
・鯛の卵巣の塩辛。
・鯔の卵巣の塩辛。
・鰹の塩辛、酒盗。
・鮪の塩辛。
・鮑の肝の味噌漬け。
・車海老の味噌。
・黄肌の卵巣の味噌漬け。
・黒鯛の卵巣の味噌漬け。
・真鯛の卵巣の味噌漬け。
・卵の鼈甲漬け。
・マスクメロンの漬物。



121116_001_寿司いずみ

(Ricoh GR Digital IV)






鮨:

・青鱚。
・クエ。
・小鰭、赤酢〆。
・小鰭、白酢〆。
・小鰭、きび酢〆。
・小鰭、ジン〆。
・鮪、とろ。
・墨烏賊。
・穴子の白焼。
・鰤。
・ホッキ貝。
・焼き白子。
・金目鯛の漬け。
・太刀魚の炙り。
・車海老の酢おぼろ。
・煮蛤。
・煮穴子。



121116_003_寿司いずみ

(Ricoh GR Digital IV)





酒:

・サッポロラガービール中瓶。
・秋田 栗林酒造、1回火入れ、純米生原酒。
・青森 陸奥八仙 男山 金の生。
・山形 裏雅山流。
・群馬 水芭蕉。
・石川 手取川、純米大吟醸、改。

もちろん、もっといただいたのだけど、記録も記憶も無し。


Kさんも娘さんもいつの間にかお帰りにあったようでした。
\(^o^)/








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/11/12: 突発性難聴・発症79日目

1ヶ月分の薬を処方してもらいに近所の耳鼻科に行った:

・メチコバール錠500μg
・ストミンA配合錠

耳鳴りは左側がやや強く、しかし両耳でキーンと鳴っている。

突発性難聴を発症してからもうすぐ80日目となるが、
この耳鳴りに慣れることがどうしても出来ない。

朝目が覚めてから夜眠りにつくまで、極めて不快で辛い。




医師は「付き合っていく事になるだろう」と悲観的なことを言っていた。






121112_001_夕暮れ

(Apple iPhone 5)

昭和29年からあった保育園が取り壊され、広大な土地が剥き出しになっていた。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 心と身体/突発性難聴 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/11/10: 銀座 割烹料理「銀座矢部」

121110_001_銀座

(Ricoh GXR + Voigtländer Ultra Wide-Heliar 12mm F5.6 Aspherical II)

銀座も年末の雰囲気を醸し始めた。




121110_002_銀座矢部

(以下、全てSONY RX100)

本日はMさんに誘われて、割烹料理「銀座矢部」にやって来た。
参加者は、Mさんの他、Hさん、Kさん。


「銀座矢部」は、蕎麦が美味いとのことだが、店主は「あくまでもウチは割烹の店」とのこと。




121110_003_銀座矢部


まずは湯葉と海胆。

米のような大きさの歯応えの良いものは、なんとモヤシ。



121110_004_銀座矢部


白和え。

海老も入っていて美味しい。




121110_005_銀座矢部


クエの吸い物。

贅沢だ。



121110_006_銀座矢部


鮪の刺身、鰹のたたき、皮剥の鮨。

どれも絶品。



121110_007_銀座矢部


北陸の鰤の話をしていたら、店主が「鰤なら面白いものがあるよ」と言う。



121110_008_銀座矢部


6年ものの、いわば鰤のハムである。

これが実に風味豊かで美味いのだ。
矢部さんもなかなかのこだわりやさんだ。



121110_009_銀座矢部


鰆とトラ河豚の白子。

立派な白子だ。酒が進みます。



121110_010_銀座矢部


唐墨。

餅に乗っています。2個いただきました。



121110_011_銀座矢部


えび芋の揚げ浸し。

これは美味しい!



121110_012_銀座矢部


矢部さんは、昔っからのAppleファンなのだ。



121110_013_銀座矢部


締めは蕎麦。

香りもよく、私が好きなタイプの蕎麦だ。



121110_014_銀座矢部


これが噂の「ちいずからめそば」。

オリーブオイルで風味を付けた蕎麦に、ふわふわのパルジャミーノ・チーズをかけ、
さらに鰹出汁を入れて、チーズを足して頂いた。

美味い!

鰹出汁にチーズは合うのだ。

パルジャミーノ・レッジャーノをどうやってこのふわふわにおろすことが出来るのか、と訊くと、
マイクロプレインというおろし金を使っているとのこと。

ネットで探してみよう。



121110_015_銀座矢部


さらに納豆うどんもいただく。

自家製うどんをお弟子さんが納豆と163回(\(^o^)/)絡めます。



121110_016_銀座矢部


これもふわふわの仕上がり。

家でもやってみよう。



121110_018_銀座矢部


デザートにはグレープフルーツソースのプリンをいただきました。

グレープフルーツの苦味がカンペキにプリンに合っています。





和食こそ世界一の料理であることをまた実感した晩だった。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/11/07: 突発性難聴・発症74日目

突発性難聴を発症してから74日目だ。

耳鳴りは相変わらず。
キーンという音がずっと鳴っている。

もはやSN比の良い高級オーディオデバイスは、私には意味のないものになってしまった。

これが悲しい。



ただ、この耳鳴りが僅かに感じるときもある。
それは、特に騒がしいところではなく、静かなところでも耳鳴りを感じない時もある。

また、急に耳鳴りがひどくなることもある。






121104_001_自宅

(Ricoh GXR + Leitz Summicron 50mm F2.0)








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 心と身体/突発性難聴 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/11/03: 石原慎太郎の決断

本日は明治節である。


明治生まれの祖父は、「人間はある時に『あと10年若かったら』と思うものだ。」と言っていたという。
「何かを決断し行動するなら今やれ」ということなのだろうか。

石原慎太郎の決断は、個人の人生においては80歳でも新たなことに挑戦するという素晴らしい決断だと思う。
しかし、私は「石原氏があと10年若かったら」とつくづく思うのだ。

石原慎太郎は、私が最も日本国首相になってもらいたかった政治家だ。
なのに、今回の騒動に私は物悲しくさえ感じてしまうのである。

彼の「第三極連合」はおそらく失敗するだろう。

愚衆に迎合して票を集めることだけしか関心の無い政治家どもが、
国益のために政策を一致させることなど出来るはずがないのである。



日本の政治はそれほどに末期的状況ということだ。





121008_004

(SONY RX100)

秋の紫陽花。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 政治・経済/石原慎太郎 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/11/02: Apple iPad mini

121102_099_iPad mini

(Ricoh GR Digital IV)

iPad miniが届いた。

いずれRetinaディスプレイを採用した機種が発表されるはずなので、一番安い16GBのモデルを選択した。





121103_001_iPad mini

(Ricoh GXR + Leitz Summicron 50mm F2.0)

ジョブズは「タブレットは10-inch意外はあり得ない」と言っていたが、
この7.9-inchディスプレイのiPad miniはある意味大正解である。

この大きさと重さは携帯性にも極めて優れている。

非Retinaディスプレイは不快に感じるだろうと予想していたが、
驚いたことにそれほど問題にはならない。

細かな文字、例えば新聞全面を表示した状態では解読不可能だが、
Safariブラウザやメールでは全く問題にならないし、Kindleも問題無く使える。

CPUのA5も時代遅れだが、ゲームをやらない私には十分な速度性能を有している。




Apple iPad miniは「買い」だ。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/iPad |
  2. この記事へのリンク|
  3. Apple
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ