晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2013/08/31: 四ツ谷 「すし匠はな家与兵衛」・3回目

130831_MBP17_001.jpg

(Ricoh GR)


痛風を発症して鮨屋だ。






・稚蛤。
・真子鰈の塩〆。
・金目鯛の昆布〆。
・烏賊の印籠。
・〆鯵。
・ひいか。
・ひいかのゲソ。
・新銀杏。
・秋刀魚。
・蛸の柔らか煮。
・海老のおぼろ漬け。
・江戸前(金沢八景)の穴子の白焼。
・羅臼の一週間熟成した鰤。
・マダカ鮑。
・トロの漬け。
・鰯の磯辺巻き。
・水茄子。
・ノドグロの粕漬け。
・唐津のアカウニ。
・七尾の蝦蛄。
・小柱。
・牡丹海老の炙り。
・牡丹海老のアタマ。
・鯖の塩〆。
・おはぎ、鮪と沢庵のたたき。
・鰹のハラス。
・秋刀魚。
・金目鯛の皮の炙り。
・鮟肝と西瓜の奈良漬。
・筋子。
・鱚。
・白海老。
・蜆の吸い物。
・穴子。
・玉子焼き。



130831_MBP17_002.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)



日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2013/08/30: 痛風を発症

火曜日夕方、足を捻ったわけでもないのに、捻挫したような痛みを感じた。

翌日、水曜日の朝は、あまりの痛みに自宅最寄り駅まで歩くことが出来ず会社を休んだ。
木曜日も会社を休んだ。

本日金曜日は、やや痛みが和らいだので会社に行ったが、
この尋常ではない痛みに不安を感じ、午後を休んで病院に行った。




診断の結果は「痛風」。




130901_MBP17_001_2013090117555962d.jpg

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8)


昨年は旅行から帰国したら突発性難聴になり、今年は同じ日に痛風の発症だ。




私に必要なのは治療後のお祓いかもしれない。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 心と身体/痛風 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2013/08/17: 猿楽町 蕎麦「松翁」

130817_MBP17_001.jpg

(Ricoh GR)

東南アジア旅行の名残と共に、以前から行きたかった店に着いた。






130817_MBP17_002.jpg

130817_MBP17_003.jpg

130817_MBP17_004.jpg

130817_MBP17_013.jpg

130817_MBP17_005.jpg

130817_MBP17_006.jpg

130817_MBP17_007.jpg

130817_MBP17_008.jpg

130817_MBP17_009.jpg

130817_MBP17_011.jpg

130817_MBP17_012.jpg

(Ricoh GR)

素晴らしい天麩羅と蕎麦。



心が日本に戻ってきた。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2013/08/09: 下目黒 寿司いずみ (78回目):久しぶりとなってしまった

東南アジアの旅から帰ったら、一番行きたかったのは、もちろん「いずみ」だ。





1300809_MBP17_001.jpg

(Ricoh GR)


記録も記憶も無し・・・\(^o^)/




・鯵の水なます。
・対馬の穴子の玉子焼き。
・穴子の焼き霜薄造り。
・琵琶湖の琵琶鱒。
・穴子の皮の焼き浸し。
・ゴマ鯖。
・黒鮑。
・赤鮑。
・鮑の肝ソース。
・鮑の紐。
・穴子の骨。
・赤鮑の冬瓜スープ。
・天狗茄子の焼き浸し、キタムラサキウニ入り。
・鮑の赤ワイン蒸し。
・蛸の卵。
・鮎の背越し。
・金目鯛の卵巣の味噌漬け。
・鯔の卵巣の味噌漬け。
・鯛の卵巣の味噌漬け。
・鮎。
・鯵。
・琵琶鱒。
・エゾバフンウニ。
・ホンシュウキタムラサキウニ。
・アカウニ。
・シラヒゲウニ。
・ホシフエダイ。
・金目鯛。
・マグロのトロ。



1300809_MBP17_002.jpg

(Ricoh GR)



日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2013/08/07: 2013年夏旅の記録

この夏の旅の記録を更新を終えました:

・01日目 機内泊・旅の準備と出発
・02日目 ルアンパバーン・1日目:長い一日
・03日目 ルアンパバーン・2日目:メコンを上る
・04日目 ルアンパバーン・3日目:滝を廻る
・05日目 ヴァンヴィエン・1日目:長いバスの旅
・06日目 ヴァンヴィエン・2日目:晴れていたのに
・07日目 ヴァンヴィエン・3日目:滝と雨
・08日目 ヴィエンチャン・1日目:その変貌に驚愕
・09日目 ヴィエンチャン・2日目:ビアラオとお別れ
・10日目 コンケーン・1日目:初めて陸路でタイに入った
・11日目 コンケーン・2日目:イサーンにはまだまだクメール遺跡がある
・12日目 スリン・1日目:スリンも雨
・13日目 スリン・2日目:ラスト・デイ
・14日目 バンコク・1日目:我が家に帰ってきた感覚
・15日目 バンコク・2日目:高級タイ料理
・16日目 バンコク・3日目:何もしないことの楽しさ
・17日目 バンコク・4日目:帰ります
・18日目 機内泊:電車を乗り間違える



1300903_MBP17_001.jpg






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/東南アジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2013/08/05: 機内泊:電車を乗り間違える


1300805_MBP17_001.jpg

(RIcoh GR)

映画を観終わって、そのままいつものように眠りにつけず機内で朝食の時間を迎えた。

そして、いつものように食欲が無く全く食えない。






1300903_MBP17_002_2013090713425511e.jpg

(RIcoh GR)

この便のエコノミークラス担当の一番の美人CAが、
「今回はどんな旅だったんですか?」と、声をかけてくれた。

アンチJALの私は今のJALのCAを知る由もないが、
過去四半世紀の経験でANAのファンになった理由はここにある。









1300903_MBP17_003.jpg

(RIcoh GR)

京急で品川に向かったのだが、ふと気がつくと川崎だった。

慌てて下車し品川行きに乗り換えようとするが、急行は月曜日のサラリーマンのラッシュが酷い。
比較的空いている各駅停車で品川に戻った。













1300903_MBP17_004.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

帰国した日の最初の食事は、当然、鮪の漬け丼だ。
\(^o^)/







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ旅行 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2013/08/04: バンコク・4日目:帰ります

05:00 起床。





1300804_MBP17_018.jpg

(SIGMA DP1 Merrill)

今朝のバンコクの夜明け。






1300804_MBP17_001.jpg

(Ricoh GR)

新しい20バーツ札も大分出回っている。




本日の夜便でバンコクを発つが、ホテルはもう一泊分とってある。

なので、出発前にパッキングすればいいのだが、
私の性格上直前のドタバタを避けるために、今のうちにおおかたのパッキングを済ませておく。









1300903_MBP17_005.jpg

(Apple iPhone 5)

08:00 テレビでタイ国歌が放送される。

タイでは、朝8時と夕方18時にテレビや公共の場では国歌が放送され、国民は起立しなければならない。

実に羨ましい。
いつの日か、日本もこのような国にしたい。








1300804_MBP17_004.jpg

(Ricoh GR)

10:00 予約していたマッサージに出かける。

丸2時間の強力なマッサージで完全にリフレッシュすることができた。







昼食は、MBKのフードコートでパッタイを食うことにした。




1300804_MBP17_002.jpg

(Ricoh GR)

MBKフードコートのクーポンが、いつの間にかクレジットカードに替わっていた。




1300804_MBP17_003.jpg

(Ricoh GR)

鳥肉入りのパッタイ(食べている最中に写真の撮り忘れに気が付いたのでこんな写真で失礼)。
70THB(約223円)と高めだ。


MBKから周辺を散歩してホテルに戻る。








130804_MP_001_20130907173525c2c.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

今回の旅のためにiPad mini用のLogicoolのキーボードを買ったが、これが素晴らしかった。

iPadとの組合せで、その操作感はMacBookそのものだ。

次回の旅行もこのiPadで事足りると思う。






16:00 本の購入と早い夕食のためにサラデーン駅に向かった。





1300804_MBP17_006.jpg

(Ricoh GR)

「ASIA BOOKS」で本を買い、またパッタイを食べたくなったのでタイ料理の老舗レストラン「seafar」に行った。





1300804_MBP17_008.jpg

(Ricoh GR)

街中のレストランでタイ・ビールを飲むのもこれが最後だ。

あとは空港で飲むだけだ。




1300804_MBP17_009.jpg

(Ricoh GR)

パッタイ。なかなか美味しい。



何故かエアコンの効きが弱い。
最初は気にならなかったが、食事をしているうちに暑くなってきた。

後から入ってきた若いカップルも「暑い。」と言っていた。





「seafah」を出てホテルに戻る。





1300804_MBP17_019.jpg

(Apple iPhone 5)

パッキングを終えた。

この時が旅を終えることを実感する寂しい時間である。





1300804_MBP17_010.jpg

(Ricoh GR)


19:07 ホテルから空港に向かう。

タクシーが走り始めたところで、部屋にGPSを置き忘れたことに気が付きホテルにUターンしてもらう。
GPSは窓のそばに置きっぱなしになっていた。






1300804_MBP17_011.jpg

(Ricoh GR)

19:49 スワンナプーム空港に到着。




1300804_MBP17_012.jpg

(Ricoh GR)

チェックイン。

重いスーツケースは21kgだった。
私は学生時代から体重が20kg増えているから、このスーツケース分重くなったってことか。

恐ろしい・・・







1300804_MBP17_013.jpg

(Ricoh GR)

レストランで揚げ春巻きとビアチャンを注文。

春巻きは電子レンジでベチョベチョ。
値段も高いし、最後の最後にイヤな思いをしてしまった。



ここで、ふと「Priority Pass」カードを持っていることを思い出した。

「Priority Pass」は空港のラウンジを使えるサービスで、私のカードは楽天カードの特典として受け取ったものだ。

場所をiPhoneで確認してラウンジに向かった。

かなり歩く。





1300804_MBP17_014.jpg

(Ricoh GR)

ようやくラウンジに到着。

しかし、ビールも無料だし、軽食もあるし、WiFiも使える。

最初からここに来ればよかった。












1300804_MBP17_015.jpg

(Ricoh GR)

21:47 搭乗口に向かう。




1300804_MBP17_016.jpg

1300804_MBP17_017.jpg

(Ricoh GR)

私はエコノミークラスに登場するときは最後尾の座席を指定する。

トイレは近いし、近くにスペースがあるからストレッチもできるし、
後ろの人を気にせずにシートを倒すことが出来る。





ワインのミニボトルを2本もらって、寝ようとしたが眠れないので映画を見始めた。

でも、何の映画だったか思い出せない。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ旅行 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2013/08/03: バンコク・3日目:何もしないことの楽しさ

05:00 起床。




130803_MBP17_001.jpg

(SIGMA DP1 Merrill)

06:00 本日の夜明け。




130803_MBP17_004.jpg

(Ricoh GR)

昔から、旅行中は朝の定点写真を撮っている。




130803_MP_001.jpg

(Apple iPhone 5)

バンコクに居るときは7時過ぎに風呂に入る。

毎回不思議に思うのは、このコンドミニアムのバスタブの湯はいつも青緑色に映るのだ。










130803_MBP17_003.jpg

(Ricoh GR)

11:00 「カー・ムー・トロークスング」に向かう。



130803_MBP17_005.jpg

130803_MBP17_006.jpg

(Ricoh GR)

明日日曜日は休業なので、今回の旅の最後の訪問だ。




130803_MBP17_007.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

今日はモツ(サイムー)と卵(カイ)を入れてもらった。



130803_MP_002.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

テーブルに置いてあるニンニクをボリボリ噛みながら食べる。
タイ人は激辛の唐辛子プリッキーヌもそのまま口に入れるのだろうけど、とても真似はできない。








130803_MBP17_010.jpg

(Ricoh GR)

お土産のインスタント・ラーメンを買いに出かけた。

警官がチャルンクルン通りを通行止めにしていた。
きっと皇族の車がやってくるのだろう。





BTSをサラデーン駅で降り、パッポン2通りの24時間スーパー「FOODLAND」に向かう。



130803_MBP17_016.jpg

(Ricoh GR)


130803_MBP17_015.jpg

(Apple iPhone 5)

「FOODLAND」はパッポン2通りにある。(地図


「FOODLAND」は全面改装されていて、軽食エリアが作られていた。

店員に「完全に変えちゃったんだね」と声をかけると、
「新しくなったでしょう。どうぞ、どうぞ。」と愛想がいい。

インスタントラーメン10個入りを3つ買うと、店員が笑っていた。







130803_MBP17_009.jpg

130803_MBP17_011.jpg

130803_MBP17_013.jpg

130803_MBP17_012.jpg

130803_MBP17_018.jpg

(Ricoh GR)

それにしてもバンコクはどこにでも屋台があって、選り好みをしなければ直ぐに食事にありつける。
ただし、日曜日は休みの店が多い。


サパーンタクシン駅に戻る。





130803_MBP17_019.jpg

(Ricoh GR)

「クイッティアオ・ルア」も明日日曜日は休業なので、これが最後である。




130803_MBP17_021.jpg

(Ricoh GR)

今回はクイッティアオ・セン・ヤイ(太麺)を注文した。



130803_MBP17_020.jpg

(Ricoh GR)

ここは付け合せの野菜が出たり出なかったりする。





雲行きが怪しくなってきたのでホテルに戻る。





130803_MBP17_022.jpg

(Ricoh GR)

タイのインスタントラーメンはバカに出来ない。
味にうるさいタイの庶民によって練り上げられた風味を持つ。










130803_MBP17_002.jpg

(SIGMA DP1 Merrill)

16時頃、空が暗くなる。




130803_MBP17_023.jpg

(Ricoh GR)

やがて、ベランダ越しに窓にまで打ち付けるような大雨となった。








夕食は、Sさんと「ソンブーン」と「ハイ」をハシゴすることにした。




雨も弱くなり、BTS「チョン・ノンシー」駅から歩いて「ソンブーン」に向かった。
一昨年、同じように「ソンブーン」に行く途中でiPhone 4をバッグからスられたことを思い出した。





130803_MBP17_024.jpg

(Ricoh GR)

「ソンブーン」では、私のいつもの定番料理を注文。
Sさんは「ソンブーン」は初めてとのことで、「美味しい」を連発していた。

旅の仕上げとして、ヘネシーをここで空にした。




20時過ぎに美味いソムタムを食べにコンヴェント通りのイサーン料理の名店「ハイ」(地図)までタクシーで向かう。
しかし、既に店は閉店の準備をしていて「もう終わりだよ。」と言われた。

20時に閉店とは! バンコクの飲食店の夜は意外に短いのだ。





130803_MBP17_025.jpg

(Ricoh GR)

仕方がないので、シーロム通りの「バナナハウス」(地図)でビアシンを飲み直す。



130803_MBP17_027.jpg

(Ricoh GR)

「バナナハウス」も評判の良い店のようだが、
ソムタムに人参を混ぜている時点で、私は不合格の店だ。

ここでも閉店を告げられたので、追い出されるように店を出た。





130803_MBP17_028.jpg

(Ricoh GR)

明日の深夜便で記憶する。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ旅行 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2013/08/02: バンコク・2日目:高級タイ料理

05:00 起床。日の出は05:45。





130802_MBP17_001.jpg

(SIGMA DP1 Merrill)

06:00 バンコクの夜明け。




130802_MBP17_004.jpg

(SIGMA DP1 Merrill)

早朝のチャオプラヤー川。






130802_MBP17_002.jpg

(Ricoh GR)

10:50 朝食兼昼食に出かける。





130802_MBP17_003.jpg

(Ricoh GR)

カオ・カー・ムー(豚足のせご飯)が宇宙一美味い名店「カー・ムー・トロークスング」(地図)に来た。




130802_MBP17_005.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

揚げた部分を入っている。

もうムチャクチャ美味い。毎回感動する。




130802_MBP17_006.jpg

(Ricoh GR)

この時間が幸せだ。






130802_MBP17_007.jpg

(Ricoh GR)

この通りには、屋台が多い。










130802_MBP17_009.jpg

(Ricoh GR)

BTS(高架鉄道、Bangkok Transit System)のサパーン・タクシン駅のクイッティアオ・ルア・ムーの店に行く。




130802_MBP17_008.jpg

(Ricoh GR)

「カー・ムー・トロークスング」と、ここ「クイッティアオ・ルア」をハシゴするのが定番になりつつある。




130802_MBP17_010.jpg

(Ricoh GR)

クイッティアオ・ルア・ムー、センミー。
この深みがあるスープがたまらない。








さあ、腹がいっぱいになったところで、
サパーンタクシン駅に近い船着場「サトーン」から船で「ワット・ポー(Wat Pho)」に向かう。




130802_MBP17_011.jpg

(Ricoh GR)

11:53 船はまるで東京の通勤ラッシュ並みの混雑だ。

船賃は15THB(約48円)。




130802_MBP17_012.jpg

(Ricoh GR)

12:13 向こう岸に暁の寺ワット・アルンが見える。


12:17 ワット・ポーに近い船着場「ター・ティアン(Tha Tian)」(地図)で下船。




130802_MBP17_013.jpg

(Ricoh GR)

船着場の前は市場になっている。




130802_MBP17_014.jpg

(Ricoh GR)

昔は外国船との貿易がここが中心だったそうだ。




130802_MBP17_015.jpg

130802_MBP17_016.jpg

(Ricoh GR)

現在では魚の塩漬けやイカの干物が売られている。

美味そうだ。

今回は買わなかったが、次回はここでイカを買ってホテルで炙ろう。










130802_MBP17_017.jpg

(SIGMA DP1 Merrill)

ワット・ポーはおそらく8年ぶりである。

今回、ワット・ポーを訪れた目的は、 SIGMA DPMの威力を遊ぶことだ。





130802_MBP17_021.jpg

(Ricoh GR)

小学生の社会科見学のようだ。




130802_MBP17_019.jpg

130802_MBP17_024.jpg

130802_MBP17_020.jpg

(Ricoh GR)

ワット・ポーは、医学であったタイ・マッサージの総本山なのだ。




130802_MBP17_022.jpg

130802_MBP17_023.jpg

(SIGMA DP2 Merrill)


130802_MBP17_018.jpg

(SIGMA DP1 Merrill)










130802_MBP17_025.jpg

(Ricoh GR)

船着場に戻る途中でザクロ・ジュースを買う。

14:05 ワット・ポーからまたギュウギュウ詰めの船で「サトーン」船着場に戻り、ホテルでシャワーを浴びた。










今晩は、19時にSさんとタイ料理店「nahm」での食事をすることになっている。



130802_MBP17_026.jpg

(Ricoh GR)

17:13 しかし、空が暗くなっていく。




130802_MBP17_027.jpg

(Ricoh GR)

やがて大雨となった。



バンコクは雨が降ると大渋滞になるので、
これは遅刻してしまう、と急いでロビーに行き、タクシーを呼んでもらう。

そのタクシーもなかなか来ない。




130802_MBP17_028.jpg

(Ricoh GR)

18:14 ようやくタクシーが来たので、「nahm」のある「メトロポリタン・ホテル」に向かう。

行き先を言う時、「ロングレーム・メトロポリタン」ではドライバに通じない。
「ロングレーム・メートー」が通じやすいようだ。





ホテル前のチャルンクルン通りが既に大渋滞で全く進まない。


18:40 ようやくシーロム通りに入った。

シーロム通りも大渋滞だ。



Sさんから電話があり「大幅に遅れそう」とのこと。

この渋滞では私も19時には着きそうもないので「nahm」に電話し、
「渋滞で遅れるが席のキープ」をお願いした。



シーロム通りからラマ4世通りに入ると意外にも渋滞は無くなり、そのままサトーン通りに入り、
メトロポリタン・ホテルには10分遅れの19:10に到着した。(地図







130802_MBP17_029.jpg

(Ricoh GR)

Sさんの電話の様子ではかなり遅れそうなので、お先にビールをいただく。
ビールをお代わりをしたところでSさんが到着。




「nahm」は「世界のベストレストラン50」というサイトで見つけた。
タイ料理にハマったオーストラリア人のDavid Thompson氏が、タイ料理をアレンジした料理を出す店だそうだ。

面白そうだから行ってみよう、と、昨年バンコク滞在中に予約したのだが、
間違えてロンドンの本店を予約してしまい、その機会を逃してしまった。

今回は出国前にバンコク店であることを確認して予約した。




アラカルトでもいいのだが、やはりここはコースを頼んだ方がよい。




130802_MBP17_030.jpg

130802_MBP17_031.jpg

130802_MBP17_032.jpg

130802_MBP17_033.jpg

130802_MBP17_034.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)


130802_MBP17_035.jpg

(Ricoh GR)

一見、西洋料理のようにも見えるが、食材や調味料がタイ料理のものであるため、味はタイ料理「風味」である。
一般のタイ人は美味いと思わないかもしれない。

一つ一つの料理が、独創的で美味しいが、やはり和食には遠く及ばない。

しかし、一度は訪れてみる価値のある店だ。
次回も日程によっては来たいと思った。






23:20 Sさんと「美味いソムタムでも食べに行こう。」ということになり、
タクシーでイサーン料理の名店「ハイ」(地図)に向かった。

しかし、やはり夜遅すぎたようで既にシャッターが閉まっていた。




130802_MBP17_036.jpg

(Ricoh GR)

部屋に戻り、ヘネシーを飲み直す。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ旅行 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2013/08/01: バンコク・1日目:我が家に帰ってきた感覚

04:00 起床。

いよいよイサーンともお別れだ。



130801_MP_001.jpg

(Ricoh GR)

06:25 チェックアウト。

トゥクトゥクを呼んでもらう。



130801_MP_002.jpg

(Ricoh GR)

06:31 トゥクトゥクが来て出発。



130801_MP_003.jpg

(Ricoh GR)

歩いても楽に行けるスリン駅(地図)まで、ドライバの言い値は60THB(約190円)。
何故か今回の旅は言い値で支払っている。





130801_MP_004.jpg

(Ricoh GR)

バンコクまでのチケットを買う。エアコン付きの二等車は389THB(約1,237円)。

2年前の記録によれば、当時のレートでは約1,008円だから、
円安のせいで、旅行費が約22.7パーセントも値上ったことになる。



ホテルから無料でもらえる水を持ってくるのを忘れた。
駅内のコンビニでビールでも飲もうかと思ったけど、小さい缶ビールが80THB(約254円)なのでやめた。






130801_MP_005.jpg

(Ricoh GR)

朝6時半過ぎのスリン駅前。
まだ店がほとんど開いていない。


駅正面の店はやっているようだ。




130801_MP_006.jpg

(Ricoh GR)

無愛想な小母さんに訊くとカオマンガイだそうだ。




130801_MP_007.jpg

(Ricoh GR)

店のオヤジに「ビールはあるか?」と訊くと、「マイ・ミー」(「無い」)のこと。

小母さんにお勘定。40THB(約127円)。

無愛想に見えた小母さんがニッコリ微笑った。




130801_MP_008.jpg

(Ricoh GR)

駅のホームに戻る。犬も列車を待っている。

ホーム内のコンビニで水を買う。10THB(約32円)。






07:49 列車が到着。




130801_MP_009.jpg

(Ricoh GR)

07:55 ピッタリに列車は発車。




130801_MP_010.jpg

(Ricoh GR)

列車はイサーンの大地を疾走する。




車内で一人のタイ人が何やら大声を上げて乗務員に怒っている。
何を怒っているのかさっぱりわからない。


用務員のオジサンが昼食の注文を取っているが、
バンコクで遅い昼食でも摂るからいいや、と思っていたら、
通路挟んで座っていた若いタイ人の女性が、
私に、流暢な英語で「あの人がランチの注文をとりまとめているんですげど、何か食べませんか?」と訊いて来た。

外国人の私を気にかけてくれた親切を邪見にするかけにはいかず、カオ・パットを注文した。





11:49 停車した「Pak Chong」駅(地図)で弁当のカオ・パットが届けられた。


130801_MP_011.jpg

(Ricoh GR)

用務員のオジサンが先の女性に「この人に『30バーツ支払ってくれ』と言ってくれ。」と言った。




14:09 「Rangsit」駅(地図)で40分近く停車。

何が起きているのかさっぱりわからない。




乗務員に話しかけた乗客の隣の席に乗務員が座る。
何やら世間話をしているようだ。

このいい加減さがいいじゃないか。
日本のどこかの鉄道会社なんか、乗務員が車両ごとに乗客にオジギしているんだぞ。







130801_MP_012.jpg

(Ricoh GR)

前回同様に、今回の席も便所に近い。






130801_MP_013.jpg

(Ricoh GR)

15:41 結局、バンコク・ファランポーン駅(地図)に51分遅れで到着。

前回と同様にタクシーが捕まらない。




130801_MP_015.jpg

(Ricoh GR)

15:55 「Centre Point Silom」まで100THB(約318円)というトゥクトゥクに乗せてもらう。



16:30 常宿の「Centre Point Silom」(地図)に到着。
トゥトゥクの年配のドライバは丁寧にお礼を言ってくれた。







130801_MP_016.jpg

(Ricoh GXR w/Voigtlaender ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II)

今回はリヴァーヴューの部屋を予約した。
部屋は2306号室。広いがソファも無い殺風景な部屋だ。

それでも、12日間のラオスとイサーンの旅を終えて、ようやく我が家に帰ってきた、という感覚だ。

GPSの記録によれば、約2,890kmの移動だった。



バンコク滞在中は「one day, one thing」、一日の目標は「何もしない」ことだ。








130801_MP_017.jpg

(Ricoh GR)

南向きのチャオプラヤー川の景色は良い。






130801_MP_018.jpg

(Ricoh GR)

17:31 部屋を出る。

ホテルに併設されているロビンソンデパートは12月まで改装工事で閉店だ。

これは困った。
地下のスーパーで酒やビールを買えない。

タニヤの酒屋でヘネシーを買うことにした。



130801_MP_019.jpg

(Ricoh GR)

チャルンクルン通りは古いバンコクの景色を残している。
私は古い建物が好きだ。





BTSでタニヤに行き、酒屋でヘネシーを買う。

タクシーがなかなかつかまらないので、スリウォン通りを歩いて「ソンブーン」(地図)に向かった。





130801_MP_020.jpg

(Ricoh GR)

「ソンブーン」の斜向かいの「プラザ・ホテル」が解体工事中だった。
15年前、プラザ・ホテルに止まった時、ゴキブリが出てきて驚いたことを思い出した。






130801_MP_021.jpg

(Ricoh GR)

さあ、飲もう!




130801_MP_022.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

旅は一人旅に限るが、飯を食うときは複数の方がよい。




130801_MP_023.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

パカチェーの醤油炒め。

空芯菜の炒めを注文する人がほとんどだが、私は必ずパカチェーだ。
パカチェーはミズオジギソウという、要は草だ。
ニンニクを効かしていて大変美味い。
注意すべきはパカチェーと同じ色の激辛唐辛子プリッキーヌを口に入れないことだ。




1300801_MBP17_003.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

エビのニンニク醤油蒸し。

これもソンブーンに来たら必ず注文する。
ここのところ、海老が小ぶりになったように思う。




1300801_MBP17_004.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

プーパッポンカリー。

手が汚れるのはイヤなので、殻を外して蟹肉だけで作ってもらうために、「ヌアプーパッポンカリー」と注文する。

隣のテーブルの日本人のカップルの男が、連れの女に全く同じ説明をしていた。




1300801_MBP17_005.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

腹はいっぱいになったが、飲み足りないの酒の肴に蟹肉の春巻き揚げ。








中国人の客があまリにも多い。

店員に訊くと、以前は外国人客のほとんどが日本人だったが、今では日本人・中国人・韓国人で3割ずつだそうだ。


「日本人が一番いいですよ。中国人と韓国人は嫌いです。」
「それはありがとう。」
「お世辞じゃないですよ! 本当なんだから。」





130801_MP_028.jpg

(Ricoh GR)

前に座っていた中国人は10人の団体客だったが、
散々食い飲んで店に置いていったチップはたったの1バーツだった。


私の会計は、1,510THB(約4,801円)。





1300801_MBP17_001_20130829211341141.jpg

(Ricoh GR)

ラオスもタイ人観光客が多かったけど、カンボジアも相当増えているんだろうなぁ。





ホテル併設のスーパーが工事中のため閉店しているので、
近くのセブンイレブンでビアチャン4本、氷、水、ソーダを購入。

重い・・・





130801_MP_027.jpg

(Ricoh GXR w/Voigtlaender ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II)



美しい夜景を眺めながら、ヘネシーのソーダ割りを飲み直す。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/タイ旅行 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ