晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2014/05/30: 下目黒 寿司いずみ (80回目):5ヶ月ぶり

140530_MBA13_001.jpg

(Ricoh GR、以下同じ)

80回目の訪問は5ヶ月ぶりとなってしまいました。




140530_MBA13_002.jpg


いつものように「赤星」で開幕。




140530_MBA13_003.jpg


座付はこの時期の定番、鯵の酢なめろう、ジュンサイ入り。




140530_MBA13_004.jpg


焼き蝦蛄。
「いずみ」でこんな大きな蝦蛄は初めて。岡山県浅口のもの。




140530_MBA13_005.jpg


玉子焼きも蝦蛄入り。こちらは三河湾。




140530_MBA13_006.jpg


赤鮑。
「いずみ」の鮑は海の香りが素晴らしい。




140530_MBA13_007.jpg


鮑の肝。
すし飯を入れて拭い取ります。




140530_MBA13_008.jpg


勝浦の鰹。
親方曰く「春なのに何でこんなに脂がのっているんだ?おかしいでしょ?」

キメカジキ。ペルー沖から。
「いずみ」で初めてだそうで、築地のカジキの老舗から連絡を受けて仕入れたそうです。




140530_MBA13_009.jpg


芝海老のしんじょう、赤山椒を添えて。




140530_MBA13_010.jpg


パッションフルーツの沼田(ぬた)。
これも「いずみ」初夏の定番。本日はマンボウの腸、黄ニラ。




140530_MBA13_011.jpg


さあ、ここから珍味スタートです。

まずは、スッポンの卵の醤油漬け。
ブレてますね。酒が回ってます。\(^o^)/




140530_MBA13_012.jpg


鯛の子の塩辛、鰹の塩辛・酒盗、鮪の塩辛。
酒が絶好調です。




140530_MBA13_013.jpg


穴子のシラス?
メモにはそう書いてあるのだけど、記憶が・・・・




140530_MBA13_014.jpg


苦うるか。
気絶しそうな風味です。これほど酒に合う肴が他にあるでしょうか。




140530_MBA13_015.jpg


プリン体アラモード。
鯔の卵巣の風干し(唐墨)、鯛の卵巣の味噌漬け、鰊のまこ、鰊のしらこ、卵の鼈甲漬け。
尿酸値向上中。




140530_MBA13_017.jpg


干瓢。




140530_MBA13_018.jpg


さあ、ここからお鮨屋さん開店です。

まずは、真子鰈。




140530_MBA13_019.jpg


稚鮎。
これぞ「いずみ」の真骨頂。




140530_MBA13_020.jpg


ムラサキウニ。これは大畑から。
ウニも「いずみ」ならではの味だ。




140530_MBA13_016.jpg


「いずみ」のウニは箱入りではなく、海水入りです。





140530_MBA13_021.jpg


白魚。
たまりません。




140530_MBA13_022.jpg


豆鯵、赤酢〆。




140530_MBA13_023.jpg


もう一つ豆鯵、白酢〆。
鯵が最高に美味い季節だ。




140530_MBA13_024.jpg


黃メカジキ。
不思議な味だったなぁ。




140530_MBA13_025.jpg


鮪。




140530_MBA13_026.jpg


アオサのお吸い物。




140530_MBA13_027.jpg


墨烏賊、烏賊専用のツメ。




140530_MBA13_028.jpg


鯵。




140530_MBA13_029.jpg


白子。




140530_MBA13_030.jpg


鰤?




140530_MBA13_031.jpg


かわはぎ。




140530_MBA13_032.jpg


小鯛。




140530_MBA13_033.jpg






140530_MBA13_035.jpg


煮蛤。





140530_MBA13_036.jpg


シメはやはり煮穴子。






酒:

・サッポロラガービール中瓶。
・秋田 山本 うきうき純米吟醸生 ゴージャス山本酵母。
・佐賀 鍋島 活性にごり酒。
・静岡 志太泉 焼津山田錦。
・新潟 鄙願。
・群馬 水芭蕉。
・東京 神津島 盛若 島。

他にもいただいたはずだけど、いつものように記憶も記録もありません。
\(^o^)/





この鮨屋の神髄を知りたければ、この本を読むべし。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:5

2014/05/23: 白金 もつ焼き「鈴木屋」

Mさんにお願いして白金のもつ煮込み「鈴木屋」を企画していただきました。

本日のメンバはKさん、Mさん、私の3名。
二次会のイタリアンから女親分のご登場です。



140523_MBA13_001.jpg

(Ricoh GR、以下同じ)

さ、入りましょう。



140523_MBA13_002.jpg


開店直後です。



140523_MBA13_003.jpg


メニューです。

ぺてんてのは初めて目にしましたよ。




140523_MBA13_004.jpg


まずは鈴木屋の名品煮込みです。

味噌煮込みではなく透明のスープです。
なのにコク深く実に美味い。感動モノです。



140523_MBA13_005.jpg


ひも(大腸)。
このニンニクベースのタレの見事な風味。



140523_MBA13_006.jpg


つくねとレバー。
ウチでもつくねとピーマンでやるんです。でもつくねの味が違いますね。



140523_MBA13_007.jpg


がつ。
いいねえ、いいねえ。



140523_MBA13_008.jpg


はつ。



140523_MBA13_009.jpg


ぺてん(頭肉)。
なるほど。



140523_MBA13_013.jpg


なんこつとたん。
最高です。



140523_MBA13_010.jpg


てっぽう(直腸)。
美味いなあ。



140523_MBA13_011.jpg


ちれ(脾臓)。
珍しいですね。




140523_MBA13_012.jpg


ごちそうさまでした。

最高に美味いモツ焼き屋さんでした。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/おいしいお店 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2014/05/16: 牛込 イタリア料理「リストランテ アモローソ」(7回目)

今回はKさんとNさんをお誘いしました。

このお二人をお連れするのを楽しみにしていた。





(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

残念ながら写真がほぼ全滅(ピンぼけ)だったため、写真は料理とワインの名残だけとなってしまった。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. この記事へのリンク|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/05/10: 四ツ谷 「すし匠はな家与兵衛」・5回目



(Ricoh GXR + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II)

中澤親方のハワイ移住まであと何回訪れることができるでしょう?
最近は特に予約が難しくなってきました。




140510_MBA13_002.jpg

(Ricoh GXR + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II)

いつものように威勢のいいお迎えと、この凛とした空気がいいですね。



140510_MBA13_003.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

地ビールで乾杯!




140510_MBA13_004.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

浅利。



140510_MBA13_005.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

九州のアラと金目鯛の昆布〆。



140510_MBA13_039.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

槍烏賊の印籠詰め。
(今回撮り忘れたので写真は前回のものです)




140510_MBA13_006.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

〆鯵。



140510_MBA13_007.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

春子。



140510_MBA13_008.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

初鰹。



140510_MBA13_009.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

キスの昆布〆、木の芽。



140510_MBA13_010.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鳥貝。



140510_MBA13_011.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

アオリイカ。
このネットリ感はすし匠の真骨頂です。



140510_MBA13_012.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

蛍烏賊の炙り。



140510_MBA13_013.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

巻海老のおぼろ漬け。



140510_MBA13_014.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

ミル貝、七味。



140510_MBA13_015.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

九州・門司港の牡蠣の酢〆。



140510_MBA13_040.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鰊の磯辺巻き。



140510_MBA13_041.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

煮蛤。



140510_MBA13_042.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鮪の中トロ。



140510_MBA13_043.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

ミル貝のわた。



140510_MBA13_016.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鮪の熟成した赤身。
これですよ、これ。



140510_MBA13_017.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

揚巻貝。



140510_MBA13_018.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

ムラサキウニ。



140510_MBA13_019.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

アカウニ。



140510_MBA13_020.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

メヒカリの炙り。



140510_MBA13_021.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

牡丹海老の炙り。



140510_MBA13_022.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

牡丹海老のアタマ。



140510_MBA13_023.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

帆立の精巣。



140510_MBA13_024.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鮑とウニのイチゴ蒸し。



ここでおまかせは一段落して、ここからお好みの追加です。




140510_MBA13_025.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

白海老。



140510_MBA13_026.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

あん肝とスイカの奈良漬け。



140510_MBA13_027.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

青柳の小柱。



140510_MBA13_028.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

すし匠名物のおはぎ。



140510_MBA13_029.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

白海老とイバラガニの内子。



140510_MBA13_030.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

シジミ汁。



140510_MBA13_031.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

赤貝。



140510_MBA13_032.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鮪の赤身。



140510_MBA13_033.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

金目鯛の皮。



140510_MBA13_034.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

煮穴子。



140510_MBA13_036.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

胡瓜の巻物。




さすがです。大満足です。



いただいたお酒:

・山口 雁木 活性にごり。
・宮城 伯楽星。
・静岡 喜久酔。
・福島 飛露喜。
・山形 くどき上手。
・兵庫? 真心。
・愛知 長珍。





140510_MBA13_037.jpg

(Ricoh GXR + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II)

ごちそうさまでした!
ありがとうございました。






140510_MBA13_038.jpg

(Ricoh GXR + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II)

実に心地よい風が吹いていました。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2014/05/02: 曙橋 「天ぷら 蕎楽亭」

この店はやってないのだ。

神楽坂の蕎麦屋の名店「蕎楽亭」の店主Hさんが趣味で始めた店だそうで、
月に1回か2回、神楽坂の常連が予約を入れ、かつ店主の都合のいい時だけ、その一組のためだけに開店する店なのだ。

つまり、普段はやってないのだ。


ということで、私には縁の無いお店なのだけど、蕎麦業界の重鎮Kさんからお誘いをいただいた。
滅多に無い幸運を手に入れることができた。



しかし、その朝、勤務先最寄り駅の横浜に到着した私は思わず声を上げてしまった。

「カメラ、忘れた!」



カメラを持ってこないというのは、靴を履き忘れて外に出たのと同様。
なのに何故か1時間半気が付かなかった。






夕方、Kさん、Mさんと曙橋で待ち合わせて「天ぷら」の「蕎楽亭」に向かう。




140502_MBA13_001.jpg

(Apple iPhone 5s)

以下、カメラが無いので、全てApple iPhone 5sの写真。






140502_MBA13_002.jpg


客は我々3名のみ。





140502_MBA13_003.jpg


じゅん菜とろろ。

いい出だしです。じゅん菜、大好き。



140502_MBA13_004.jpg


お浸し、こごみ、芹の根(ミツバと思ってた)。

この美味さは日本人でないとわからんだろ。



140502_MBA13_005.jpg


桜さしみ、モモ、ヒレ、レバー。

辛子味噌がまたいいんだ。これは美味い。



140502_MBA13_006.jpg


海老。

その場で〆て揚げていただきます。



140502_MBA13_007.jpg


海老の一本目はレア、二本目はミディアムで。



140502_MBA13_008.jpg


蚕豆。

大好物です。



140502_MBA13_009.jpg


海老の三本目は大葉包。

Hさん曰く「海老三本同じじゃ飽きるでしょ」。



140502_MBA13_010.jpg


こしあぶら、こごみ。

今晩は酒ではなく焼酎にしましたよ。ダイエット中ですから。



140502_MBA13_011.jpg


春子。

春子は寿司でしかいただいたことがないです。
天ぷらの春子もいいですね。



140502_MBA13_012.jpg


女鯒。

こういう料理をいただいていると、湧いてくる気持ちは「感謝」の一言ですね。



140502_MBA13_013.jpg


こづゆ。

会津の郷土料理だ。



140502_MBA13_014.jpg


稚鮎。

目の前を泳いでいる。



140502_MBA13_015.jpg


こごみ、たらの芽。

日本人に生まれたことの幸せ。



140502_MBA13_016.jpg


ほたるか。

全てをいただけるように大葉で巻いてあります。



140502_MBA13_017.jpg


ほたるいか。

酒、一升瓶くれ!



140502_MBA13_018.jpg


海鼠腸。

たまりません。



140502_MBA13_019.jpg


穴子。

カウンターで捌いて、そのまま揚げてくれました。最高。



140502_MBA13_020.jpg


青柳の山葵和え。

青柳は私の大好物なのです。嬉しい。



140502_MBA13_021.jpg


小柱かき揚げ。

これはそんじょそこらの小柱じゃありません。濃厚です。



140502_MBA13_022.jpg


並。

よよ、こういう蕎麦が一番好きなんだ。



140502_MBA13_023.jpg


田舎。

濃厚だ。



140502_MBA13_024.jpg


冷や麦。

そう言えば、冷や麦の美味さを初めて知ったのは蕎楽亭だったな。美味いなぁ。




そもそもやっていない店なので次回の訪問があるかどうかわかりませんが、楽しかった、美味かった。





140502_MBA13_025.jpg


曙橋駅付近はその歴史を調べたくなるような興味深い地勢を有している。

その一角の面白い形をしたビルを撮ったらブレた。



酔っ払ったな。






















日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/天ぷら |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ