FC2ブログ

晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill, Sigma dp0 Quattro,
Ricoh GR, Ricoh GRIII, Fujifilm X-70,
Ricoh GXR, Fujifilm X-Pro1, Fujifilm X-Pro2, Fujifilm X-T1, Fujifilm X-T2, Fujifilm X-T3, Fujifilm X-M1, Fujifilm X-T10, Fujifilm X-E3
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R, Leica Q2
Fujifilm GFX 50S




2009/07/21: ラオス 4日目:パクセに向かう

04:45 起床。自然に目が覚めた。

旅行を始めれば治ると期待していた上半身の疼痛が辛い。

パッキングを終えて時間が余ったのでブログを更新した。

07:30 ホテルをチェックアウト。

ホテルの前で声をかけて来たトゥクトゥクの運転手に「空港まで行ってくれ」と頼む。
乗って来た車は物凄く古いダイハツの軽トラ。
空港までの公定価格は55,000KIP(約611円)。
飯とビールは驚くほど安いのに、トゥクトゥクは高額だ。
「10ドルでつりはあるか?」と訊くと「大丈夫」というので乗った。

07:50 ワッタイ空港に到着。
10ドルを手渡すと運転手が「つりが無い」と言う。
「つりがあると言うから乗ったんだ。ウソつきには1KIPも払わん!」と運転手を無視して勝手に歩き始めると、
「KIPでいいならあるよ!」

適当に換算して、チップ込みで70,000KIPをあげた。
こんなに高いタクシー代にチップを払う必要があるのだろうか?




090721_001_ワッタイ空港

空港は照明も点灯していない。
相変わらずの早過ぎ。

今回、本当はヴィエンチャンから直接パクセに飛行するはずだったのだが、
パクセ空港が滑走路の補修という理由で一時的に閉鎖になってしまい、
そのため、ヴィエンチャンからサワナケートまで飛び、サワナケートから「ラオス航空が手配するパクセ行きのバス」に乗ることになった。

心配なのは、そのパクセ行きのバスがちゃんと手配されているかどうかである。

手元のラオス航空が発行した更新された旅程表「ITINERARY RECEIPT」では、私はサワナケートに行くことになっている。
これまでの経験では、例え途中がバスによる移動であっても、航空会社が発行する旅程表には最終目的地が記載されているのである。

08:20 照明が点灯し、いよいよチェックインカウンターが開いたと思ったら「システムが立ち上がらない」と言う。
08:30 ようやくカウンターが開きチェックイン。
「サワナケート空港でパクセ行きのバスはちゃんと手配されているのだろうな?」と訊くと、
「大丈夫です。空港の係員に申し付け下さい。」とのこと。




090721_002_ATR72

ラオス航空・QV512便は、サワナケート空港に着陸し、その後カンボジア・シェムリアップに向かう。
飛行機内はアンコール遺跡を目的とした観光客が多い。
24日には、私もこの便でシェムリアップに向かう計画である。




090721_003_QV512

飛行機内はほぼ満席状態。
乗客で日本人は私だけだ。




090721_004_メコン河

10:15 定刻よりも早く出発。




090721_005_QV512の軽食

腹が減っていたけど、出て来たのは菓子パン一つだけ。



11:02 サワナケート空港に着陸。小雨が降っている。

国内線なのに、入国審査のようなパスポートチェックがある。

私の名前を記したボードを持っている係員の存在を期待していたが、誰もいない。




090721_006_ZVK

「パクセ行きのバスはどうなっている?」と係員に訊くと、きょとんとした顔をしている。
あれこれ事情を説明すると、「このリストに名前はありますか?」と応えるので、調べたが私の名前は無い。
するとその係員は「パスポートを貸してください」と言って、私のパスポートを持ってどこかに行ってしまった。

私の他に、欧米人の年配のカップルが2組、やはり私と同じで戸惑っていた。

そこに奇麗なトヨタのミニバンが2台やって来た。
先程とは別の女性が「あれがパクセに行きます」と言う。

欧米人のカップルは1号車に乗って出発したが、私はパスポートを取られている身なので動けない。
ようやくさらに先程とは別の男性係員が私のパスポートを持って来た。

あのリストとパスポートのお預けはいったい何だったのだろう?



11:30 何はともあれ、パクセ行きのミニバン2号車に乗って出発。
2号車の乗客は私だけ。




090721_007_13号線

ラオスの道は良い。
この国道も完全に舗装されていて時速100km/hでぶっ飛ばせる。

しばしばヤギや牛の群れに遮られてしまうが。


14:14 パクセに到着。

ミニバンに乗っていた係員らしき男は、実は旅行ガイドをやっているそうだ。
1日80USDで私の専用車(他人とのシェアはしない)を用意すると言うので、2日間の車のチャーターを彼にお願いした。


パクセ・ホテル(Pakse Hotel)にチェックイン。
部屋は「これがスーペリアルームなのかよ」と思ってしまうほど狭く設備も貧弱。
バスタブも無い。
洗面台の水がちょろちょろと出る。手を洗うにも苦労するほど少ない水量だ。
シャワーは電気式給湯器。これは使える。
ただし、栓とシャワー口が高い位置に取り付けられているので、小柄な女性では手が届かないだろう。
セイフティボックスが無い。
ネットのパスワードを教えてもらったが、ネットが異様に遅いことがある。


15時過ぎに遅い昼食を摂りに街に出る。




090721_008_aPakse

しかしどこも営業していない。
街全体がゴーストタウンのようだ。

店先に集まっていた若者たちに「開いている食堂はないか?」と訊くと、市場の方を指差してくれた。




090721_009_フォー

090721_010_フォー

15:24 ようやく食事にありつけた。
キンキンに冷えたビアラオと米麺。




メコン河を目指して写真散歩。




090721_011_メコン河河沿い

屋台で焼き鳥とビアラオ。




090721_013_メコン河

この景色と焼き鳥を肴にビアラオを楽しむ。





一度部屋に戻ってシャワーを浴びる。

18時過ぎ、夕食に出かける。



090-721_014_浮上食堂

メコン河に浮かんでいるレストランで魚のラープとフライドチキンを注文。



090721_015_魚のラープ

魚のラープが辛かったので(でも美味い)、明日下痢になるのではないかと心配になる。

ビアラオが1本8,000KIP(約89円)。
ヴィエンチャンで飲んだ店の多くが15,000KIPだったように思う。


夜のパクセを散歩。

ほんとうに静かな街だ。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/東南アジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<ラオス 5日目:ワット・プーとコーンパペンの滝 | ホーム | ラオス 3日目:トゥクトゥクで観光>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/1063-cbc8c525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ