晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2007/06/11: ミノルタ Minolta TC-1

Minolta TC-1


超コンパクトカメラ、MINOLTA TC-1。

1980年代前半の京セラContax Tに始まった高級コンパクトカメラの最終章とも言えるカメラだろう。
ファインダー内の自動焦点アナログ表示、円形絞り、といったどうでもいいことにこだわったヘンなカメラだ。

広角で28mmは私が最も好きな画角のレンズだ。
しかもこのレンズは、画質も良いし色もいい。
「けっこう良い」のではなくて、すごく良い。
ミノルタの最後のあがきのようなフィルム・カメラだ。

問題はやはり操作性だ。
全然ダメ!!
このカメラにも設計者に写真家は不在のようだ。
リコーGR1を見習って欲しい。
操作性は気に入らないが、その小ささとレンズの性能のために手放すことができない。


JuJu

2000年12月31日、バンコクの20世紀最後の年末カウントダウン・パーティ。

仏教国らしく読経が流れる・・・
タバコの煙と女性たちの安物の香水の臭い、ブランディーとお香の香り。
それらに加えて、スピーカーから流れるお経の低い声の響きで、何とも言えぬ雰囲気に酔っている。

新年が明けると同時に踊りまくる女達・・・




日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/銀塩写真 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 写真関連機材
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<日本光学 Nikomat FTN | ホーム | クメール舞踊写真集制作06・第2回目の撮影の結果>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/110-252d96c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ