晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2009/10/18: EOS 5D Mark II+京セラ・コンタックス用レンズ

キヤノンEOS 5D Mark IIを購入したのは京セラ・コンタックス用Carl Zeissレンズ群をマウントアダプタを介してデジタルで使うためです。

本当はボディはニコンを使いたいのですが、京セラ・コンタックス用Carl Zeissレンズ群をニコンで使う事は出来ません。

何故かというと、それはフランジバックの違いに起因します。

フランジバックとは、カメラボディのレンズ取り付け面からフィルム面(デジタルなら撮像素子面)までの距離です。

ニコン・Fマウント: 46.5mm
ヤシカ・京セラマウント: 45.5mm

レンズをそのレンズ専用ボディよりもフランジバックの長いボディに取り付けると無限遠が出ません。
したがって、例え、京セラ・コンタックス用レンズをニコンの一眼レフに取り付けるためのレンズマウント変換アダプタを厚み0mmで製作しても無限遠の撮影はできないことになります。

しかし、

キヤノンEOSマウント: 44.0mm

レンズマウント変換アダプタを厚み1.5mm以下で作れば、京セラ・コンタックス用レンズはキヤノンEOSマウントのカメラに取り付けることができます。




したがって、京セラ・コンタックス用レンズをデジタル一眼レフで使うには、
現実的選択肢としてはキヤノンのデジタル一眼レフしかありません。

しかも、ライカ判のデジタル一眼レフとなるとコストパフォーマンスも鑑みれば、
本日時点では、EOS 5D、あるいはEOS 5D Mark IIとなります。




EOS 5Dとその京セラ・コンタックス用マウントアダプタが発売されたとき、そのうち買おうと思っていました。






091018_002_エレフォトマウントアダプタ

(Ricoh GR Digital II)


昨日購入したエレフォト製マウントアダプタ






091018_003_エレフォトマウントアダプタ

(Ricoh GR Digital II)

この黒い爪でレンズを固定します。
マウントアダプタをレンズから外すには、この爪を押さえながらマウントアダプタを回して取り外します。






091018_004_EOS5DMARKII+コンタックス

(SIGMA DP2)

京セラ・コンタックス用Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.2をマウントアダプタを介して取り付けたキヤノンEOS 5D Mark II。

京セラ・コンタックス用Carl Zeissレンズ群がデジタルで使えるというのは、なんとも嬉しいではありませんか。






091018_001_玄米ご飯

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8)

先週は外食と飲み過ぎだったので、今日の昼食は玄米と雑穀で炊いたご飯と茸の味噌汁。

日本人に生まれてよかったと実感する瞬間です。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 写真/キヤノン |
  2. この記事へのリンク|
  3. 写真関連機材
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<レンズ沼にはハマりたくない | ホーム | 送別会>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/1176-05d5a479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ