晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2010/02/22: ラオス・ヴィエンチャン 3日目:ヴィエンチャンの最後の夕陽

07:30 起床。昨晩の飲み過ぎで二日酔い気分。

いつの間にか眠ってしまったようで、ホテルの部屋の電気は点けっ放し。
床に本とメガネが落ちていた。メガネが壊れてなくて良かった。
靴下の片方がベッドのシーツに紛れ込んでいた。

屋台からどうやってホテルに戻ったのか記憶が無い。
大丈夫か、オレは?




100222_002_ヴィエンチャン_インターシティホテル

(Canon EOS 5D Mark II w/EF24-105mm F4L IS USM)

今回もヴィエンチャンで泊まったのは「インター・シティ・ホテル(Inter city Hotel)」のデラックス・ルーム。
agodaで約50ドル。

日本人の感覚から言わせれば、おんぼろホテル。なにがデラックスルームなものか。
シャワーは例の電気温水器でチョロチョロ出るだけ。一泊50ドルはいくらなんでも高過ぎる。
緊急時の避難通路も明示されていない。

とは言っても、ここはラオスです。
細かいこと気にしてはいけません。




100222_001_ヴィエンチャン_ファーグム通り

(Ricoh GR DIgital II)

09:00 シャワーを浴びてから写真散歩に出る。

メコン川沿いのファーグム通りにのダンプカーが騒々しい。



GPSのGarmin GPSmap 60CSxの動作がおかしい。

メコン川の空に何も無い環境で「衛星の電波が弱すぎる」のエラーが表示される。
ホテルの前で10分くらい右往左往するがこのハンディGPSユニットはまともに動かない。

どうでもよくなって、歩き出したら正常に動作し始めた。





09:25 昨日クロワッサンのサンドイッチを食べた「Au Jardin de l'Orient」に立ち寄る。

カオチーパテを期待して「Oriental」サンドイッチを注文したが、西洋風のサンドイッチが出てきた。
がっかりして半分残して店を出た。





100222_003_サームセンタイ通り_カオチーパテー

(Ricoh GR DIgital II)

10:10 サームセンタイ通りで美味そうな店を発見。

早速、無愛想なおばちゃんに注文。




100222_004_サームセンタイ通り_カオチーパテー

(Ricoh GR DIgital II)

無愛想なおばちゃんは、これぞカオチーパテの見本!、っていうようなカオチーを作ってくれました。
16,000KIP(約170円)。

めちゃくちゃ美味い!

しかし、「Au Jardin de l'Orient」でサンドイッチを半分とは言え食ってしまったあとなので、
このカオチーパテを食切る食欲が無い。

もったいない。
半分を包んでもらった。

先程見かけた乞食にめぐんでやろうと思い、乞食を通りに探したが見つからなかった。
このカオチーの半分は写真散歩の途中で捨てた。
私としたことが、食物を粗末にしてしまいました。すみません。

向かいの「Sinouk Coffee」でコーヒー豆を買う。80,000KIP(約848円)。
パクセで有名な店だが、ヴィエンチャンにも店ができた。いや、前からあったのかな?





100222_006_ヴィエンチャン_国立博物館

(Canon EOS 5D Mark II w/EF24-105mm F4L IS USM)

11:00 国立博物館見学。

貧相な展示。
展示品の多くは共産党政府の宣伝だ。
つまり、いかにして革命を成功させたか。
誰がヒーローなのか、という博物館。

大東亜戦争時の日本を「Japanese Fascist」と表していた。

ゴミ同然の内容なので、15分で見学終了。




12:00 ホテルに戻ってシャワーを浴びてビアラオを飲む。






100222_010_ヴィエンチャン_Makpet

(SIGMA DP2)

13:00 Makpetでサラダとビアラオで昼食。





100222_009_ヴィエンチャン_メコン川の工事

(SIGMA DP2)

約2時間写真散歩。

この様子では、しばらくはヴィエンチャンに来ることは無いだろう。





ホテルに戻って写真の整理。







100222_008_ヴィエンチャン_寿留女

(Ricoh GR Digital II)

17:30 屋台に出かける。

寿留女女が寿留女を焼いてくれる。
6,000KIP(約64円)。
20,000KIP(約212円)札を渡すと、「オーィ、お釣りが無いよー。」と言ってくずしてくれる店を探しに行った。



100222_007_ヴィエンチャン_メコン川の屋台の料理

(Ricoh GR Digital II)

ふくろ茸とニンニクの芽の炒め物を注文。美味い。





100222_006_ヴィエンチャン_メコン川の工事

(Ricoh GR Digital II)

3日目にして、見事に赤い太陽がタイに沈んで行った。





昨晩会った日本語が上手いアメリカ人Garyがやって来た。
実は昨日の記憶が無いので、彼に会ったこともよく覚えていない。\(^o^)/

このアメリカ人は、英語・タイ語・ラオス語・ドイツ語・ギリシャ語・フランス語、そして日本語を話すことができる。
頭が良さそうな顔をしている。

ビアラオ4本空けて、オジさんやGaryといろいろ話したところで、
明日の朝が早いので、みんなに別れを告げて、ホテルに帰った。







GPSによれば、この3日間で歩いた距離は43.66km。
ほぼマラソンの距離。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/ラオス |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<タイ・バンコク 2日目:一人でソンブーン | ホーム | ラオス・ヴィエンチャン 2日目:ワット・シーサケートに一番乗り>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/1349-319ce3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ