晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2007/07/08: 「写真工業」

雑誌「写真工業」を定期購読することにした。

日本の写真雑誌にはあまり面白いモノが無い。
私としては、写真なら写真、機材やメカならその専門誌、と分けて欲しいのだが、2大写真雑誌が「カメラ雑誌」と呼ばれるように、機材と写真の両方をごちゃ混ぜに扱う雑誌がほとんどだ。

「写真工業」は機材やメカだけを扱っている雑誌だ。

写真工業

家を新築する際に本や雑誌のほとんどは捨ててしまったが、気になる特集記事が掲載れた雑誌の一部は残しておいた。
ミノルタXG-Eのレビューが掲載された「写真工業」の1978年4月号もその内の一冊。
この号を買ったのは私が16歳の高校生の時。

この「写真工業」1978年4月号を開くと、同じ「写真工業」でも雑誌の趣が現在と大分違っていることがよくわかる。

以前の「写真工業」はかなり専門的で、グラフや図が多いどころか、遠慮無く数式や化学式が記載されていた。公告された画像工学関連の特許のリストや、その一部を解説した連載もあった。
この号の「最近のカメラに用いられている特殊抵抗器(1)」という記事では、電子回路が内蔵されたカメラが多くなってきたことから、その部品の一つである抵抗について詳細に解説している。
中には読んでも理解困難な専門記事もある。

最近の「写真工業」は、「クラシックカメラ」中心の内容になり、お気楽な記事がほとんどで酒を飲みながら読む「カメラ趣味の雑誌」に変身した。
デジタル全盛となった現在でも暗室の話題もあるので、現在でも私にとっては楽しい雑誌のようだ。


1978年にタイムスリップして、写真関係者に「ミノルタがXDとかXG-Eとかの新製品出して盛り上がっているようだけど、25年後に小西六と経営統合して、でもその3年後に経営難のためカメラ事業を廃業しちゃうんだよ。でもってミノルタのカメラ事業はソニーが引き取ってソニーが一眼レフを作るんだぜ。」と30年後の未来を教えてあげてもホラ吹き呼ばわりされるだけだろうな。

人は、1年で出来ることを過大に期待し、10年で出来ることを過小に期待する。



誰が言ったか知らんが名言である。



日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. この記事へのリンク|
  2. 日記
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

コメント

<<イクラ | ホーム | 鮪だ、鮪>>

エクランさん

エクランさんもお持ちでしたか。
あの頃の写真業界は活気に溢れていて良かったです。
  1. 2007/07/11(水) 05:47:16 |
  2. URL |
  3. khon_ruai #-
  4. [ 編集]

おっと懐かしいですね!
78/4月号の写真工業は私も保存しています。このころは写真も私も硬派でしたが、私今では軟派になってしまいました~
  1. 2007/07/10(火) 10:25:57 |
  2. URL |
  3. エクラン #SDKRqCfY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/152-8fed17d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電子回路電子回路(でんしかいろ、electronic circuit)とは、電子素子などを電気伝導体で接続し電流の通り道をつくり、目的の動作を行わせる電気回路である。大きく論理回路・デジタル回路・アナログ回路・アナログ-デジタル変換回路・デジタル-アナログ変換回路に分けられ
  1. 2007/08/06(月) 14:49:28 |
  2. カテゴリとしてはエレクトロニクス

抵抗器抵抗器(ていこうき)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される受動素子である。電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも、等価的な抵抗素子が形成されているが、この項では独立し
  1. 2007/08/06(月) 07:22:59 |
  2. カテゴリとしてはエレクトロニクス

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ