晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2007/07/17: 遠藤俊介さんとのお別れ

14日に永眠された写真家・遠藤俊介さんの前夜式(仏教でいう通夜)。

場所は横須賀のプロテスタント教会。

バッハのオルガン曲で私が最も好きなBWV639「我汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」で式が始まった。



遠藤さんの訃報を聞いてから、この2日間色々なことを考えていた・・・

最も悩み苦しみ悔しかったのは、遠藤俊介さん、ご自身。
それは分かってはいるけど、遠藤さんの「カンボジアでまた写真を撮りたい!」という想い、オレも悔しくて悔しくて悔しくて辛かった。

教会はもの凄い数の人々で溢れていた。

遠藤俊介さんの人柄だろう。

中高年サラリーマンの肩書きで義理で人が集まったわけではない。
遠藤さんは30歳にも満たくて、組織的・社会的肩書きを持った人でもなかった。

遠藤さんの死を心から嘆き悲しむ多くの人たちが集まっていた。



遠藤俊介さんよ永遠に!


これからカンボジアで写真を撮るときは、遠藤さんに想いを馳せながらシャッターを切るだろう。

遠藤俊介さんのブログ




日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 心と身体/白血病 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

コメント

<<戦略無き国 | ホーム | 東京コダクローム 01>>

Takakoさん

おいらはこれをやるぜっ!
って決めてる数少ない知り合いだったのでホントに悔しかった。
  1. 2007/07/17(火) 21:27:08 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]


そうですよね   m(_ _)m
  1. 2007/07/17(火) 12:21:50 |
  2. URL |
  3. Takako #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/165-8a4bf2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ