晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2012/04/07: 房総グルメ旅行・1

今年の4月も目黒の常連の仲間と房総グルメ旅行。
昨年は月末に行きましたが、料理店の都合に合わせて4月初旬となりました。



平日と同じように4時に起床。
6時半過ぎに自宅を出て、待ち合わせ場所の三鷹駅に向かいます。




120407_002_レインボーブリッジからの景色

(Ricoh GR Digital IV)

Nさんの運転で房総に向かいます。



09:53 富津市民の森を散策。
11:08 鴨川陶芸館を見学。

11:25 昨年も寄った「うつわや+cafe 草 so」に到着。





120407_003_うつわや+cafe 草 so

(SIGMA DP2x)

「草」の窓からの景色は絵画のよう。




120407_004_うつわや+cafe 草 so

(Ricoh GR Digital IV)

ここは野菜だけのカレー。
辛く無く、スパイスの香りが素晴らしい。




120407_033_草so

(Ricoh GR Digital IV)

デザートに、みかんのジャムがかかった豆腐のタルト。
美味しかった。




120407_001_千葉県鴨川市平塚

(SIGMA DP2x)

棚田の菜の花が美しい。



12:32 「草」を出発。

13:22 鯛の浦に到着。




120407_005_鯛の浦

(Ricoh GR Digital IV)

鯛の浦の遊覧船に乗ろう。





120407_006_鯛の浦

(Ricoh GR Digital IV)

遊覧船は850円。

鯛の浦は、「妙の浦」とも書くそうで、国の天然記念物に指定されているとのこと。
鯛は比較的水深の深いところに生息するらしいのですが、
鯛の浦は水深20m程しかなく、このような条件の場所に根付きとなるのは珍しいのだそうです。





120407_007_鯛の浦

(Ricoh GR Digital IV)

鰯の撒き餌を撒くと、鯛が次々に現れてきます。
完全に餌付けされてます。

実に面白い。




14:10 誕生寺をお参り。

日蓮はこの鯛の浦のある小湊で生まれたそうですが、
15世紀と18世紀の大地震と大津波により、生家は鯛の浦の海中に沈んだそうです。




120407_008_鯛の浦_高光山日蓮誕生寺

(SIGMA DP2x)

誕生寺の祖師堂。
屋根近くに正面を向いた龍の彫り物。
クメール遺跡のリンテルのカーラを思い出しました。



15:20 ホテルに到着し、おにぎり番長と合流。





120407_012_東急ハーベスト

(SIGMA DP2x)

部屋からの眺め。
朝は快晴だったが、完全な曇り空となりました。

風呂に入ってビールで乾杯し、17:45 のシャトルバスで勝浦市内に向かう。






120407_009_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

18:10 「割烹 中むら」に到着。

別館が出来たそうで、我々のための準備が整うまでしばらくの間待つことになりました。





120407_010_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

18:17 隣の別館。
この看板がいい。




120407_011_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

中に入ってみると、
ひょえ~! 素晴らしい空間が広がってました。

無垢の檜(?)のカウンターが凄い。



本日、私たち5名のための時空間です。




120407_013_勝浦_中むら

(SIGMA DP2x)

鋼100%の包丁も見せてもらいました。






120407_17_勝浦_中むら_メニュー

(Ricoh GR Digital IV)

18:18 さあ、本旅行のメインイヴェントの始まりです!





120407_015_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・前菜、その一
帆立と苺、バルサミコ酢仕立て。
蕪も入っています。
苺と帆立が合うなんて不思議。



120407_016_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・前菜、そのニ
鰹のしぐれ煮。

これは献立にはありません。


我々が色々と話しかけるので、若旦那の仕事の邪魔になります。



120407_018_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・八寸
一 えんどう豆すり流し。
一 浅利のしぐれ煮。
一 山独活きんぴら。
一 松風レーズン。
一 玉子焼き。
一 ばち子のあぶり。
一 蚕豆(そらまめ)。
一 とこぶし土佐煮。
一 桜海老と蚕豆のかき揚げ、コシアブラ。
一 雲丹の絹蒸し。

この時点で約1時間が経過。

酒と話が進みます。



120407_019_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

これ何でしたっけ?
→「ウニの茶わん蒸し」との声アリ。(04/10追記)



120407_020_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・酒肴、その一
めぬけのあら炊き。

この汁の美味さよ。



120407_021_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・酒肴、その二
かに味噌と揚げパン。

あのですね、かに味噌はわかりますよ。でも何で揚げパンという発想が出てくるの!?
しかし、これが激美味!



120407_022_勝浦_中むら

(SIGMA DP2x)

いよいよ、若旦那が鰹に包丁を入れます。



120407_023_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・造り、その一
鰹のつくり。

噛んだ皮から滲み出る旨味。
幸せ。



120407_024_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・造り、その二
鰹のしゃぶしゃぶ。納豆汁と坦々味噌。

これが美味いんだな。



この時点で2時間20分が経過。
ようやく献立が下段に移ります。



120407_025_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・羹(あつもの)
きんめ鯛と春野菜のソテー、初筍、豆乳仕立て。うるい、行者にんにく。京の黒七味。

このアイデアの豊かさ。



120407_026_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・口替り
四万十ののりとてんつる麺、さざえ酒煎り土佐酢。



120407_027_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・焼物
熊本産和牛のあぶり、春キャベツのおかかよごし。

私は、こんなに美味いステーキは食べたことがないです。「中むら」以外では。



120407_028_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・強肴(しいざかな)
高知産フルーツトマト、クリームチーズがけ。

ビアンコという糖度の高いトマトだそうで、こりゃもうイタリア料理ですね。



・箸洗い
玉子と三つ葉の味噌汁。

これ、写真が無いのだけど、メモにはありました。
しかし、いただいた記憶が飛んでます。
\(^o^)/



120407_029_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・食事
筍ご飯。

こんなに美味い筍ご飯があるでしょうか?
お焦げに部分をおかわり。



120407_030_勝浦_中むら

(Ricoh GR Digital IV)

・水菓子
グレープフルーツの白ワインゼリー。

私にとっては白ワインの酸味がキツ過ぎたように感じました。




120407_031_勝浦_中むら

(SIGMA DP2x)

記録&記憶している酒は、

・キリン ハートランドビール。
・栃木 鳳凰美田 黒ラベル。
・山形 出羽桜 旨吟。
・福島 飛露喜 特別純米 生詰。
・山形 初孫 純米大吟醸 雄町。
・福島 寫樂 純米吟醸。
・石川 手取川 大吟醸 吉田蔵。
・山口 獺祭 (04/10追記)

です。

「中むら」ラベルの芋焼酎もあったようです。(04/10追記)

驚くべきは、私たちのために、ほとんどの酒が口開けだったこと。




22:35 完全に満腹で春の大うまいもの会終了。

約4時間20分の間、若旦那を働かせてしまいました。
\(^o^)/



なんと、親方にホテルまで車で送っていただきました。

実に幸せで贅沢な時間を過ごしました。





120407_032_東急ハーベスト

(Ricoh GR Digital IV)

ホテルで飲み直し。

00:00 就寝。




最初の「中むら」訪問はこちら





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/美味しかった♪ |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

コメント

<<房総グルメ旅行・2 | ホーム | 幼馴染と飲む>>

夢八さん

夢八さん、皆さんのおかげで、
いくつものトップレベルのお店に出会えて幸せです。
  1. 2012/04/11(水) 20:15:37 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

中村、感動

今、写真を見ても、料理の
仕上げかた、飾りつけ、器とのマッチング、
素晴らしいね。

筍ご飯のかおり、鰹の出汁の甘み、
みんな感動物だった。
  1. 2012/04/11(水) 09:15:39 |
  2. URL |
  3. 夢八 #D2os1cdk
  4. [ 編集]

IPPONさん

長時間の運転、大変お疲れさまでした。ありがとうございました。
酒の情報を更新しました。
写真で確認したら、焼酎のラベルは「中むら」でしたよ。
  1. 2012/04/10(火) 20:57:36 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

お酒

運転手のIPPONです。
お疲れ様でした。
腰の具合は大丈夫ですか?
お酒ですが、山口の獺祭がありましたネ。
番長が焼酎を頂いてましたけど、銘柄は解りません。
  1. 2012/04/10(火) 13:05:43 |
  2. URL |
  3. IPPON #Xp9zm3js
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/2262-0988ceb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ