FC2ブログ

晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill, Sigma dp0 Quattro,
Ricoh GR, Ricoh GRIII, Fujifilm X-70,
Ricoh GXR, Fujifilm X-Pro1, Fujifilm X-Pro2, Fujifilm X-Pro3, Fujifilm X-T1, Fujifilm X-T2, Fujifilm X-T3, Fujifilm X-M1, Fujifilm X-T10, Fujifilm X-E3
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R, Leica Q2
Fujifilm GFX 50S




2007/09/12: カンボジア 3日目:土砂降りのスコールの中を歩く

05:30 起床。右の足腰が痛くてたまらない。
怪我してから12日も経っているのに、まだこんなに痛むなんて、
やはり肉離れとか深刻な状態になってるのではないだろうか。

ベッドから降りるにも苦労しながら機材の準備を始めた。

今日は、Hasselblad2台はムリと判断し、さんざん迷った挙げ句に、
Hasselblad 503cxとレンズ2本(Planar 100mm F3.5とMakro-Planar 135mm F5.6)、
Zero45
に絞った。


07:30 昨日の運転手が代わって出発。
08:00 プリア・カンに到着。


070912_01

プリアカン。
朝のこの場所は静かで気持ちが良い。
人も少なくて私が大好きな寺院だ。

070912_02



第二東塔門には顔なじみの土産売り達がいたが、追い出されてしまったようだ。




10:25 土産物屋でコーラを買い、
プラサット・プレイとバンテアイ・プレイに向かう。


070912_03

プラサット・プレイ。
運転手もよくわかってなくて来たようだ。

私以外には誰もいない。



070912_04

バンテアイ・プレイ。
運転手は初めて来たと言っていた。
日本人の私は二回目。

やはり誰もいない。



070912_05

姉妹とお友達が「ハロー!」と声をかけてきた。
妹が「どっから来たの?」と訊いてきたが(たぶん)、
姉が「言葉が分かるわけないでしょ」と妹に言った(たぶん)。



11:50 ネアック・ポアンに到着。
ここは、これまで広角で撮ることしか考えていなかったが、中央祠堂をアップで撮ることを思いついた。
少なくともファインダー内では良い写真が撮れたように見えた。

右足腰の限界を感じ始めた。
もうほとんど右脚は引きずっている状態。

それでも運転手には「タ・ソムに行ってくれ」と頼んだ。



12:40 タ・ソムに到着。
運転手が「雨が降りそうだよ」と言う。

070912_06

13:07 東門で針穴写真を撮影していたら、ザーっという激しい雨の音が聞こえてくる。
すぐ近くで木々の葉に雨が当たる音がする。
しかし、私がいるここには雨は一滴も降っていない。


子供達が「レイン、カミング、レイン、カミング!!」と叫んで走って来た。

こりゃヤバイってんで大急ぎで三脚からカメラを外し、身に付けている非防水のツール類もカメラバッグに押し込んだ。


その途端にここにも激しい雨が降り始めた。

文字通りの土砂降りの雨。

白人たちが遺跡の回廊で雨宿りを始めた。
おいおい、そこは危なくないか?

カメラバッグが防滴仕様なので機材が濡れる心配はなく、雨に濡れになるのはさぞかし気持ちが良いだろうと歩き始めた。
文字通り全身ビショビショ。

070912_07



帽子のつばに激しい音を立てながら降りしきる雨の中、森を歩くのは最高に楽しい気分だった。
ふいに「昔から雨が降ってくる」が頭の中に流れてきた。

あの雨が降ってくる
僕は思い出す僕の正体を
昔から降ってくる
懐かしく降ってくる




シャツもジーンズも、そのままシャワーを浴びたのと同じずぶ濡れの状態で車に乗り込んでホテルに向かう。

もっと写真を撮りたかったが、足腰の痛みの限界もあってこれが潮時ってもんだろう。

スラ・スランにさしかかったところで晴れ上がっため、車を止めてもらった。


070912_08

今度は猛暑の中、びしょびしょの衣服を来たまま不快指数500%でスラ・スランを針穴写真+ポラロイドで撮る。

しつこい子供に負けてしまって土産屋でアンコール・ビールを飲む。
1ドル。


ホテルに帰ってびしょびしょの服を脱いでシャワーを浴び、遅い昼食を食べに外に出た。



070912_09

15:04 以前の「Lotus」、今は何というのかチェックし忘れたが、とにかくその店で遅い昼食。
カエルのココナツを使った甘いカレーみたいなもんとアンコール・ビール。



18:30 Kさんと待ち合わせ。Kさんがゲストハウスで誘った投資家のAさんと3人で夕食。

安倍首相が辞意を表明したらしい。
情けない無責任男だ。




21時まで飲んでホテルに戻ってポラロイドの現像。

日本にいる時よりも忙しい。

でもすごく楽しい。


070912_GPS

GPSmap 60CSxで記録した本日の移動軌跡。




日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<カンボジア 4日目:アンコール・トムの北をバイクで走る | ホーム | カンボジア 2日目:痛みに耐えながらアンコール・ワットを歩く>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/232-49e4ce9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ