晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2007/09/14: カンボジア 5日目:今日から遠出

今日からバンテアイ・チュマールとアンコール・チュムの遺跡群に向けて遠出。

今日はバンテアイ・チュマール。
バンテアイ・チュマールは、前回は腰痛でまともに歩くことが出来ず、今回は怪我でまともに歩くことが出来ない。


08:00 ホテルを出発。


070914_01

国道6号線を西にひたすら走る。

国道と言っても途中から未舗装のデコボコ道。

このタイにつながる国道がいつまでたっても舗装されないのはバンコク・エアウエイズ(Bangkok Airways)の圧力があるからだと聞いた。
つまり、ここが高速国道になるとバンコクとシェムリアップの空路を独占しているバンコク・エアウエイズの利益が損なわれてしまうというわけだ。

国道6号線の脇にはずっとタイまでつながる電柱が立てられていた。



09:40 休憩。

070914_02

これがカンボジア風ガソリン売り。
ボトルの中身はガソリンである。



11:00 シソポン通過。

12:45 バンテアイ・チュマールに到着。

雨季で道が悪かったことと、これまでとは違い普通の乗用車のため、シェムリアップから5時間近くかかった。


070914_04

遺跡近くの食堂で昼食。


070914_03


070914_05

店の子供がお姉さん達に髪型をいじくり回されてからかわれていた。



070914_06

バンテアイ・チュマール南東からみた環濠。
アンコール・トムを建設したジャヤヴァルマン7世は、アンコール・トムから100キロ以上も離れたこの地にもこの巨大な寺院を建設していた。


070914_07

バンテアイ・チュマールは激しく崩壊している。
徹底的に破壊されたという感じだ。
これは自然の仕業とは思えない。
近年に人間の手によって破壊された。

この倒壊した石の上を歩くのは、健脚でも大変危険だが、現在の私にとっては無謀な行為だ。
二本脚でこの上を歩くのは不可能で、石に手をつきながら4本足で移動する。


070914_08

かの有名な千手観音のレリーフはこのように遺っている。
この千手観音のレリーフの右側にもレリーフがあったが、タイに盗み出されるところを見つけられて、現在はプノンペンの国立博物館に展示されている。



バンテアイ・チュマールを歩いているうちに雨が降り始めた。

環濠手前でふと北側を見ると、まだ地雷除去処理が終わっていないことを示すマークがあちこちに建てられていた。
今後訪れる人は地雷に十分に注意してください。


昼食を摂った食堂に戻り、雨が止むのを待った。


バンテアイ・チュマールの東西南北には衛星寺院があり、前回訪れた南側のタ・プロームには是非もう一度行きたかった。
前回は腰痛と疲労のため十分に写真が撮れなかったからだ。
食堂にいた連中に訊いたところ、他の衛星寺院は雨季のため行くことが出来ないとのこと。


雨が小雨になったので食堂からタ・プロームに向かった。


070914_10

15:00 タ・プロームへの道は雨季の雨で倒壊していたため車は通行不可能。
ここから歩き始めた。


070914_09

久しぶりの衛星寺院タ・プロームを見てがっくり。

倒壊防止のための支えが組まれているし、塔のてっぺんにはリボンが巻き付けられている。
しかも雨季のため環濠が満水で祠堂に渡ることが出来ない。


15:20 バンテアイ・チュマールの衛星寺院タ・プロームを出て、バンテアイ・トープに向かう。
15:40 バンテアイ・トープに向かう道に到着するが、ここも道が雨季で潰れていて車を走らせることが出来ない。


070914_11

仕方がないので、ソペアと2人でバンテアイ・トープに向かって歩き始めた。
道がぬかるんでいて滑る。まるで氷の上を歩いているようだ。

途中でソペアがお得意のショートカットで田んぼのあぜ道を見つけた。

10分ほど歩いて、バンテアイ・トープに到着。

070914_12


ハッセルブラッドで撮影しようとしたら、三脚の雲台のクランプに止めネジがない。
デコボコ道の走行による振動で自然に外れてしまったらしい。
きっと車内にあるのだろう。
前回、ベンメリアに行ったときも同じように車の振動でネジが外れてしまったことがあった。
ソペアは「2度目じゃん」と言った。

これではハッセルブラッドで撮影することが出来ないので、バンテアイ・トープの撮影は諦めて車に戻ることにした。



16:10 バンテアイ・トープからシソポンに向かう。

17:45 シソポンに到着。
宿泊場所を探し、ゲストハウスにチェックイン。


070914_13

18:30 夕食。ビール好きのソペアといっしょに大量のビール・ボトルを空けた。

23:00頃(たぶん) ゲストハウスに戻る。
よく覚えていない。



070914_01_GPS

GPSmap 60CSxで記録した本日の移動軌跡。


070914_02_GPS

バンテアイ・チュマールとバンテアイ・トープ。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/カンボジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<カンボジア 6日目:アンコール・チュム遺跡群に向けて悪路を移動する | ホーム | カンボジア 4日目:アンコール・トムの北をバイクで走る>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/234-4ee5b407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ