晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2012/07/26: 機中泊:旅の始まり

数カ月前に2、3回、同じような夢を見た。
その夢というのは、
ふと気がつくとその日に成田に向かわなければならないとか、
空港でほとんど手ぶらだったことに気がつくとか、そんな類の夢だった。

今回のミャンマー旅行は、正にその夢のようなもので、ほとんど下調べをしていない。
全くの準備不足の旅となった。

8年前に初めてカンボジアを訪れた時は、
アンコール地域の主な遺跡の名前や時代、特徴等を数冊の本で調べて、主要な事項をアタマに入れ、
さらにその撮影をイメージしながら機材の準備をした。

しかし、今回は「バガンに行く」だけが決まっていて、
バガンの遺跡や寺院については全く調べていない。
調べようと思いながら、出発の日が来てしまったのだ。

写真機材についても、今回はデジタルのみと決めていたが、
予約していたNikon D800Eが間に合わず、
代わりに手持ちのCanon EOS 5D Mark IIとCarl Zeiss群を活用しようとしたが、
万一腰痛を発症した時のために軽い機材も欲しくなり、
出発の2日前にRicoh GXRとA16 24-85mmカメラユニットを買うような慌てぶりである。

結局写真機材は:
・Canon EOS 5D Mark II
 Carl Zeiss Planar T* 135mm F2 MMG(日の出・日の入りの「赤」を捉えるため)
 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 100-300mm F4.5-5.6 MMJ
・Fujifilm X-Pro1
 Fujinon XF 35mm F1.4R
・Ricoh GXR
 A16 24-85mm F3.5-5.5
・Ricoh GR Digital IV
と、軽装備。一見中途半端だが、これで十分対応できるはずである。


12:30 会社を出て自宅に向かう。
14:20 帰宅。シャワーを浴び、最後のパッキング。

15:45 タクシーで自宅から池袋に向かう。
16:10 池袋メトロポリタンホテル着。迎車代300円、運賃2,240円。

しかし、Webでリムジンバスを予約し予約番号ももらっているが、ホテルの担当者は「予約は入っていない」と言う。
17時台のバスは空いているので大丈夫と言われた。バス代1,200円。


120726_001

(Ricoh GR Digital IV)

レストランでビールとサンドイッチ。ビール1,100円、サンドイッチ2,090円。



17:20 リムジンバス発車。池袋駅前にも乗車場があるようで、ここからアメリカ人と思われる中学生の団体が乗ってきた。
騒々しいが可愛らしい。


120726_002_羽田空港国際線ターミナル

(Ricoh GR Digital IV)


18:40 羽田空港国際線ターミナルに到着。

ANAのカウンターで自動チェックインを依頼されるが、機械がハングして使えなくなり、
結局いつものようにカウンターでチェックインする。


バンコク・スワンナプーム空港からミャンマー・ヤンゴン空港までのタイ航空の搭乗券も発券してくれた。

それにしても国際線ターミナルは人が少ない。
便数自体がまだ少ないのだろう。



120726_003_たか福_ステーキ定食

(Ricoh GR Digital IV)

19:20 江戸小路の「たか福」でステーキ定食。ビール735円、ステーキ定食3,675円。

20:00 出国審査。私を入れて出国者は3人しかいない。



120726_007

(Ricoh GR Digital IV)

ビアバーでビールやジントニックを楽しみながら、ネットで時間を潰す。
バガンについても幾つかのサイトで下調べをこの期に及んで行う。
ヱビス2杯1,200円、ジントニック1杯600円。
出国までに13,000円以上の出費。



120726_004_羽田空港国際線ターミナル_132番搭乗口

(Ricoh GR Digital IV)

23:55 132番搭乗口に向かう。会社を出てから12時間が過ぎている。

搭乗は遅れているようだ。

ようやくビジネスクラスの搭乗が始まったが、
搭乗口で「エコノミークラスの列はどこにあるんだ」と英語で係員に突っかかっている男がいる。韓国人のようだ。

飛行機まではバスでの移動だ。

羽田からしかも深夜便でのバンコク行きは初めて。



120726_005_NH173便

(Ricoh GR Digital IV)

深夜便なので食事は無く、おつまみとお菓子と水が配られた。

寂しい。
やはり、年に一度の旅行なら昼にビジネスクラスかファーストクラスで美味しい料理とワインを味わいたいものだ。



120726_006_NH173便

(Ricoh GR Digital IV)

メラトニン2錠を赤ワインで服用し、眠ろうと努力する。


だが、いつもの様に眠れない・・・

また辛いフライトになる。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/東南アジア |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

コメント

<<ヤンゴン:初めてのミャンマー、凄まじい排気ガス | ホーム | RICOH GXR+A16>>

長谷川さん

帰りも一睡もできなくて辛かったぁ〜。
カンボジア楽しんできてね!
  1. 2012/08/08(水) 04:27:01 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

こんばんは!
私も飛行機でどうやって眠ろうか、またしても毎日考えています(笑)
それにしても、コンルアイさんの旅写真、やっぱり好きです。ビール瓶もすごく特別なものに見えたり、街角での写真もすごくわくわくさせてくれて、飛行機嫌でもやっぱり旅に出たいな、と思わせてくれます。また更新楽しみにしています。
  1. 2012/08/06(月) 23:09:37 |
  2. URL |
  3. 長谷川 #amXlFcx2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/2344-f864e3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ