晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2012/07/31: バガン 4日目:最終日は下痢でホテルに閉じ込もる。

03:55 起床。

というかほとんど眠れていない。
1時間毎に目が覚めてトイレに行っていた。


起床後も下痢がひどくて、覚えていないくらい、少なくとも10回以上トイレに行く。

要は、水を飲めばそのまま排泄する、という具合だ。




05:00 日の出は諦めた。

05:05 馭者の弟さんが迎えに来る。

「申し訳ないが、体調が悪くて日の出には行けない。」と謝る。



部屋に戻り、水を飲んではトイレを繰り返す。
その内に収まったように思った。


06:30 朝食を摂ってみる。大丈夫そうだ。

部屋で水を飲み続けるが、トイレに行くこともなく、下痢は大分収まったらしい。
何とか持ち直した。




120731_001

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

朝のイラワジ河。



120731_002

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

見事な形のプルメリアの花。
香りも素晴らしい。





08:55 レセプションで明日のヤンゴン行きのリコンファームを頼む。

馭者がやってきて、「弟から聞いたけど、大丈夫か?」と心配してくれる。

「今日はバガンで一番古い村を訪れてみよう。それとその周辺の寺院に行こう」と地図で確認する。





120731_003

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

短いカーゴパンツを履いていたので、足首が日焼けして赤くなった。




120731_004

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

小道を馬車で進む。






120731_005

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

09:34 Sin-Byu-Shin Complexに到着。




120731_008

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

遺跡は登れるようだ、懐中電灯を頼りに登る。




登ったところで、突然下痢の便意をもおよす。
グッと堪えてトメダインを服用する。


だが、今日はこれ以上は無理だ。




寺院から降りて、「やはり具合が悪いからホテルに戻る。」と馭者に伝える。

残念だ。


バガン最後の日はホテルでオネンネだ。




途中で水のペットボトルを2リットル買い、ホテルに戻る。

レセプションで鍵を受け取ると、明日の飛行機のリコンファームをしたとのこと。
チェックインタイムは06:30に変更になったという。

馭者にこの4日間の値段を訊くと、全部で75ドルという。
チップを付けて100ドル渡した。

次回、「バガンに来ることがあれば必ず指名するよ」と約束する。

この記事を読んでいる方がミャンマー・バガンに行く事があれば、この馬車の馭者の連絡先を教えます。




部屋に戻り、飲水とトイレを繰り返す。





120731_009

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

13:00 だいぶ落ち着いたようだし、腹が減ったので、ホテル内のバーでランチ。




120731_010

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

ランチは10$。

しかし、食べている間にまた下痢がぶり返し、脂汗を流しながら慌てて部屋に戻る。





120731_011

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

夕方まで、飲水とトイレの繰り返し。





120731_012

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

18:20 イラワジ川の日の入りを見に部屋を出る。

月が綺麗だ。

河のせせらぎの音と風と鳥の鳴き声の音と広い空。

大変気持ちがいい。





120731_013

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

今日も雲が多い。

19:00 低く立ち込める雲のためこれ以上赤くならないと夕焼けは断念。




120731_014

(Ricoh GXR+A16 24-85mm)

初日に気に入った鶏肉のサラダと蒸し魚のオレンジソース、ミャンマービール。
$35.65(サービス料、税金込み)。




部屋に戻ると部屋がメイクアップされている。

このホテルはホントに気がきいている。
部屋番号を言わなくても、レセプションは顔と部屋を覚えているようで、鍵を渡してくれる。

助かったのはトイレットペーパーが2個新しく置いてあったこと。




また飲水と下痢を繰り返す。

こんな状態で、明日の朝、飛行機に乗れるのだろうか?










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 旅行/ミャンマー |
  2. この記事へのリンク|
  3. 旅行記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

コメント

<<ヤンゴン 2日目:排気ガスの街に戻ってきた | ホーム | バガン 3日目:下痢になる>>

石松さん。

そりゃ、ミャンマービールでしょ!
  1. 2012/08/28(火) 03:59:53 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

Gさん

あの時と同じです。つまり人生で最悪の下痢。
  1. 2012/08/28(火) 03:59:10 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

それでも最後はミャンマービールっすか!(▼、▼メ)
  1. 2012/08/27(月) 16:20:40 |
  2. URL |
  3. 石松 #-
  4. [ 編集]

何だか大変な旅だったようですね。
10年前に私はひどい嘔吐、Khon_Ruaiさんはひどい下痢になったことを思い出しました。
食あたりすると下痢になりやすい体質なんですかね?
  1. 2012/08/27(月) 01:24:46 |
  2. URL |
  3. G #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/2359-0167f9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ