晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2012/09/07: 新橋 割烹「ひろ作」

突発性難聴で苦しんでいるけど、今晩は楽しみにしていた「ひろ作」です。


(写真は全てRicoh GXR+A16 24-85mm)






120907_002_新橋


新橋。
渋谷や新宿とは全く異質の活気があります。

Kさんと待ち合わせて、「ひろ作」へ。





120907_003_ひろ作


表通りを少し入ったところに「ひろ作」はありました。


「ひろ作」は、その昔は「廣作」というちゃんこ屋だったそうで、
「ひろ作」の名前は、その名残りとのことです。


間もなく、MさんとHさんもご到着されました。

MさんとHさんは本日初めてお目にかかりましたが、
「いずみ」つながりでもありますので、全く初めての方々とは思えないのが不思議です。





さあ、極上料理の始まりです。







120907_004_ひろ作


雲丹とろ吸い。

初っ端からガツーンと衝撃的一撃を喰らいました。

雲丹を出汁で溶いた大変濃厚で深い味です。
ほんの少しの山葵の香りもいいです。

凄過ぎます。




120907_005_ひろ作


蒸し鮑、白ナスの煮物、干し子。

蒸し鮑は大変柔らかく美味しいです。
「いずみ」で、鮑は色々な料理をいただいていますが、同じ蒸し鮑でも風味が全く異なりますね。

干し子は海鼠の卵巣を重ねて干した珍味です。

これは贅沢だ。




120907_006_ひろ作


味噌おでん。

おでんの具は、なんと、鯨の脂身です。
味噌は、今日味噌を卵で溶いてあります。

鯨の脂は臭みを取るための下拵えに、私達の想像を超える手間がかかっているようです。




120907_007_ひろ作


鮨、2貫。

鱚の昆布締めと鮪です。

鱚の昆布締めは、さっぱりと効いているのではなく、昆布の旨味を深く移しています。
鮪も最上等品ですね。

大変美味しいお鮨です。




120907_008_ひろ作


鰻の素麺。

鰻は、なんと天然モノです!

出汁もその風味と旨味が素晴らしい。

「潮」でトップレベルの出汁の旨みを舌に覚えさせましたが、
「潮」とは、また違う雰囲気の味です。

素晴らしい。




120907_009_ひろ作


鱧と鯛のお造り。

皮目を軽く炙ってあります。
その炙り方も柔らかく優しい。

美味しいです。




120907_012_ひろ作


一人ひとりに炭火が配られて、鱧と松茸のしゃぶしゃぶが始まります。




120907_010_ひろ作


松茸は薄切りではありませんよ。
ゴロゴロと入っています。




120907_011_ひろ作


日本人に生まれたことを感謝し、その幸せを実感する瞬間です。




120907_013_ひろ作


最高の旨みと風味の出汁。

感激します。




120907_014_ひろ作


トマトの煮物。

中には鴨肉やフカヒレなどの具が入っています。
トマトの旨味が具の味をいっそう引き立てています。

料理人って素晴らしい。




120907_015_ひろ作


食事は、鰻のご飯を選びました。

再び天然の鰻を味わいます。

いわゆる鰻重の鰻とは違って、溶けるように柔らかく蒸しているのではなく、
肉厚の天然の鰻を楽しめるような、これ以上適切な状態は無い歯ごたえです。

鰻の風味がまた濃厚でたまりません。

これは極上の一品です。




120907_016_ひろ作


お蕎麦もいただきました。

透明感のある大変美しい蕎麦です。
料理全体に通じている優しさを表しているように思いました。

美味しいです。




120907_017_ひろ作


デザートは、水菓子と羊羹。

最後まで完璧でした。





先週、潮さんは「オレの料理はワイルド系」のようなことをおっしゃっていましたが、
その時は、こんなに繊細な味なのになぁ、と思っていました。

今日、「ひろ作」に来て、潮さんが言われたことが少しわかったような気がしました。

双方、最高レベルの日本料理で、とても甲乙は付けがたいのですが、
確かに違いがあります。

そんな違いに気づいた、とても贅沢な時間を過ごしました。





本日は、Kさんが赤と白の2本のワインを差し入れてくださって、
「ひろ作」の素晴らしい料理をいっそう楽しむことが出来ました。

どうもありがとうございました。





最後に、亭主の渡辺さんも交えて、皆で記念撮影をし、店を後にしました。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

コメント

<<突発性難聴・発症14日目 | ホーム | 突発性難聴・発症13日目>>

夢八さん

今度昼食に行ってみたいです。

  1. 2012/09/11(火) 05:13:41 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

久々

僕も久しぶりに夜の懐石に来ました。

飾らずシンプルだが、食材の持ち味を
どう引き出すか、
計算し尽くされた料理だと思うのだが、
それを余り感じさせないところがいいのかな。
  1. 2012/09/10(月) 15:27:43 |
  2. URL |
  3. 夢八 #D2os1cdk
  4. [ 編集]

moguさん

いいでしょう!
  1. 2012/09/09(日) 17:58:26 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

うわぁ

ほんとにどれも美味しそうですね。
天然うなぎ食べてみたいです。
こんどは是非!
  1. 2012/09/09(日) 17:45:05 |
  2. URL |
  3. mogu #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/2388-df8bade6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ