晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2013/12/20: 下目黒 寿司いずみ (79回目):今年の鮨の食い納め

さて、今年もお鮨の食い納めを迎えることになりました。

お店はもちろん「寿司いずみ」です。
今晩はKさんとNさんの3名でおじゃましました。

「いずみ」は品数がとても多いので、
本ブログでは、これまで「縮小した写真」で料理とお鮨を記録してきました。
縮小しないとデータ量が大きくなって、ブログの表示が遅くなってしまうからです。
「いずみ」ではそれだけ沢山の酒の肴とお鮨が出されるんです。

しかし、今回はあえて大きな写真で紹介しましょう。
記事の表示が遅くなっても知りません。\(^o^)/







131220_MBP17_001.jpg

(Ricoh GR)

私はいつも武蔵小山で下車して林試の森公園を抜けて「いずみ」に向かいます。
林試の森公園で季節の移り変わりを感じるのが好きなんです。




131220_MBP17_002.jpg

(Ricoh GR)

到着。

親方に「お久しぶり!」と言われてしまいました。
4ヶ月ぶりです。申し訳ございません。




131220_MBP17_003.jpg

(Ricoh GR)

ビールを飲み始めたところにKさんも到着。
サッポロ赤星で乾杯!

Nさんは遅れてくるそうなので始めちゃいます。






131220_MBP17_004.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

座付はマンボウの腸、胡麻酢和え。
親方曰く「マンボウは身よりも腸の方が美味えんだよ。」
こういう肴が「いずみ」の真骨頂なのです。



131220_MBP17_005.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

「いずみ」の冬の定番、ズワイガニの玉子焼き、ズワイガニの内子(オレンジ色)とタラバの内子(黒色)。
卵だって地鶏の卵なのだ。



131220_MBP17_006.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

氷見の寒鰤。
Kさんと親方で鰤の話で盛り上がります。
Kさんは先日氷見で鰤12品のコースを味わってきたそうです。



131220_MBP17_007.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

寒鰤。
「いずみ」で初めて鯖をいただいた時の「〆鯖とはこんなに美味いものなのか!」と感動したことを思い出しました。



131220_MBP17_008.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

寒鰤の肝臓の茶炊き。
これも「いずみ」ならではの一品です。



131220_MBP17_009.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

真鱈の白子蒸し、沖縄のアオサ入り。
白子を裏ごしして、さらに白子が入っているという、これは痛風を発症した私には危険が危ない料理です。
\(^o^)/



131220_MBP17_010.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

天然の真牡蠣と林檎の焼物。
これも「いずみ」の冬の定番です。
何故、林檎と牡蠣なのか。この発想、この美味さ、「いずみ」です。



131220_MBP17_011.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鯖のツミレと湯葉のお椀。
湯葉は一番手繰りの湯葉。
鯖のツミレにはキウイも入っているそうです。
出汁は宗太鰹と鰹のダブルかえし。





「さて、ひと通り料理が終わりましたが、珍味いきますか?」
「痛風だしなぁ、どうしようかなあ。」
「Kさんと一人前を半分ずつにしてはいかがです?」
「\(^o^)/」



131220_MBP17_012.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

寒鰤の胃の漬け焼き。
酒が進むぞ。



131220_MBP17_013.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鮪の塩辛。
やべえ、またどんどん酒が進む。\(^o^)/



131220_MBP17_014.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

カマスの塩辛。
これは初めてか?



131220_MBP17_015.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鰹の塩辛、酒盗。
もう酒が止まりません。\(^o^)/



131220_MBP17_016.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

プリン体アラモード。鱈子、鯔の卵巣の味噌漬け、鯔の卵巣の風干し(唐墨)、鯔の卵巣の塩辛、鼈甲卵。
プリン体アラモードを楽しんでいる頃には、すでに2時間が経過しています。





さて、いよいよお鮨屋さんの開店。
全てが絶品なのでわざわざ感想を書くまでもありません。
書いたとしても「美味い!」しか書けません。\(^o^)/




131220_MBP17_017.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

ヤガラ。


131220_MBP17_018.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

小鰭の赤酢〆。



131220_MBP17_019.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

小鰭の白酢〆。



131220_MBP17_020.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

小鰭のきび酢〆。



131220_MBP17_021.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

小鰭の白板昆布〆。



131220_MBP17_022.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

メジの漬け。



131220_MBP17_023.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

豊前の渡り蟹。



131220_MBP17_024.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

真牡蠣。



131220_MBP17_025.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

伊勢海老のすまし。
素晴らしい風味。



131220_MBP17_026.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

寒鯖の炙り。



131220_MBP17_027.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

金目鯛の漬け。



131220_MBP17_028.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

焼き白子。

ここでNさんがいつものようにスペシャルを注文。
「シュンちゃん、白子を揚げてちょうだい!」

これが美味い。(写真撮るのを忘れた)



131220_MBP17_029.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

北寄貝。



131220_MBP17_030.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

墨烏賊、烏賊専用のツメ。



131220_MBP17_031.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

金目鯛の炙り。



131220_MBP17_032.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

梶木の炙り。



131220_MBP17_033.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

車海老、酢おぼろ。



131220_MBP17_034.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

寒鰤の砂摺り。



131220_MBP17_035.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

鮪のトロ。



131220_MBP17_036.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

煮蛤。



131220_MBP17_037.jpg

(Ricoh GXR + GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

煮穴子。



131220_MBP17_038.jpg

(Ricoh GR)

小鰭の巻き。







酒(記録と記憶があるものだけ):

・サッポロラガービール中瓶。
・長野 御苑(みその) 純米大吟醸。宮内庁の職員向けに販売されているそうだ。
・長野 豊香(ほうか)。
・山形 雅山流。
・島根 玉峰。
・三重 瀧自慢。
(記録はここまでだけど、これだけの筈がないです)
・鹿児島 富田酒造場 黒糖焼酎 まーらん舟にスペアミント入れたモヒート。




131220_MBP17_039.jpg

(Ricoh GR)





「いずみ」の居心地の良さは格別です。
6時半に入って11時半過ぎまで、なんと5時間居ました。
すみませんでした。



美味い酒でイカれたアタマは、最後の方は論理的思考が出来ず、
親方との話が噛み合っていなかったように記憶しています。
\(^o^)/




正月も「いずみ」詣でしようかな。






「いずみ」の神髄を知りたければ、この本を読むべし。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<良いお年を | ホーム | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/2610-dc004800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ