晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2014/05/30: 下目黒 寿司いずみ (80回目):5ヶ月ぶり

140530_MBA13_001.jpg

(Ricoh GR、以下同じ)

80回目の訪問は5ヶ月ぶりとなってしまいました。




140530_MBA13_002.jpg


いつものように「赤星」で開幕。




140530_MBA13_003.jpg


座付はこの時期の定番、鯵の酢なめろう、ジュンサイ入り。




140530_MBA13_004.jpg


焼き蝦蛄。
「いずみ」でこんな大きな蝦蛄は初めて。岡山県浅口のもの。




140530_MBA13_005.jpg


玉子焼きも蝦蛄入り。こちらは三河湾。




140530_MBA13_006.jpg


赤鮑。
「いずみ」の鮑は海の香りが素晴らしい。




140530_MBA13_007.jpg


鮑の肝。
すし飯を入れて拭い取ります。




140530_MBA13_008.jpg


勝浦の鰹。
親方曰く「春なのに何でこんなに脂がのっているんだ?おかしいでしょ?」

キメカジキ。ペルー沖から。
「いずみ」で初めてだそうで、築地のカジキの老舗から連絡を受けて仕入れたそうです。




140530_MBA13_009.jpg


芝海老のしんじょう、赤山椒を添えて。




140530_MBA13_010.jpg


パッションフルーツの沼田(ぬた)。
これも「いずみ」初夏の定番。本日はマンボウの腸、黄ニラ。




140530_MBA13_011.jpg


さあ、ここから珍味スタートです。

まずは、スッポンの卵の醤油漬け。
ブレてますね。酒が回ってます。\(^o^)/




140530_MBA13_012.jpg


鯛の子の塩辛、鰹の塩辛・酒盗、鮪の塩辛。
酒が絶好調です。




140530_MBA13_013.jpg


穴子のシラス?
メモにはそう書いてあるのだけど、記憶が・・・・




140530_MBA13_014.jpg


苦うるか。
気絶しそうな風味です。これほど酒に合う肴が他にあるでしょうか。




140530_MBA13_015.jpg


プリン体アラモード。
鯔の卵巣の風干し(唐墨)、鯛の卵巣の味噌漬け、鰊のまこ、鰊のしらこ、卵の鼈甲漬け。
尿酸値向上中。




140530_MBA13_017.jpg


干瓢。




140530_MBA13_018.jpg


さあ、ここからお鮨屋さん開店です。

まずは、真子鰈。




140530_MBA13_019.jpg


稚鮎。
これぞ「いずみ」の真骨頂。




140530_MBA13_020.jpg


ムラサキウニ。これは大畑から。
ウニも「いずみ」ならではの味だ。




140530_MBA13_016.jpg


「いずみ」のウニは箱入りではなく、海水入りです。





140530_MBA13_021.jpg


白魚。
たまりません。




140530_MBA13_022.jpg


豆鯵、赤酢〆。




140530_MBA13_023.jpg


もう一つ豆鯵、白酢〆。
鯵が最高に美味い季節だ。




140530_MBA13_024.jpg


黃メカジキ。
不思議な味だったなぁ。




140530_MBA13_025.jpg


鮪。




140530_MBA13_026.jpg


アオサのお吸い物。




140530_MBA13_027.jpg


墨烏賊、烏賊専用のツメ。




140530_MBA13_028.jpg


鯵。




140530_MBA13_029.jpg


白子。




140530_MBA13_030.jpg


鰤?




140530_MBA13_031.jpg


かわはぎ。




140530_MBA13_032.jpg


小鯛。




140530_MBA13_033.jpg






140530_MBA13_035.jpg


煮蛤。





140530_MBA13_036.jpg


シメはやはり煮穴子。






酒:

・サッポロラガービール中瓶。
・秋田 山本 うきうき純米吟醸生 ゴージャス山本酵母。
・佐賀 鍋島 活性にごり酒。
・静岡 志太泉 焼津山田錦。
・新潟 鄙願。
・群馬 水芭蕉。
・東京 神津島 盛若 島。

他にもいただいたはずだけど、いつものように記憶も記録もありません。
\(^o^)/





この鮨屋の神髄を知りたければ、この本を読むべし。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:5

コメント

<<西国分寺「潮」(14回目):すっぽん三昧 | ホーム | 白金 もつ焼き「鈴木屋」>>

光明酒楼

例のオースワンを楽しみにしていったのですが、仰るとおり残念な結果でした。味は悪くないのですが、舌触りがネチャクチャといった感じで。キアックは過去に一度だけ行ったことがありましたが、変わらぬ味でした。ただ店舗が団体向けに巨大化しており、雰囲気は全く別物です。
Khon_Ruaiさんの次なるタイ記事を楽しみにしております。
http://inya.exblog.jp/22799148/
  1. 2014/07/27(日) 11:31:34 |
  2. URL |
  3. スクンビット総研 #Fe5eWWgA
  4. [ 編集]

スクンビット総研 さん

コメントありがとうございます。

光明酒楼、もうダメではないですか?
一昨年前、あまりに不味かったので昨年は行きませんでした。

キアック、移転したんですか!

バンコクは次々変わっていきますね。

今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2014/07/06(日) 21:22:30 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

はじめまして。

スクンビット総研と申します。

随分前からKhon_Ruaiさんのブログのファンなのですが、先日初めて光明酒楼へ行ってきました。またキアックが南の方角へ移転しており、少々不便になっておりました。

特に光明酒楼の存在はKhon_Ruaiさんの記事で知ったということもあり、御礼かたがたコメントを投稿する次第です。
これからも素晴らしい写真を拝見出来ればと思います。
  1. 2014/07/06(日) 09:39:20 |
  2. URL |
  3. スクンビット総研 #Fe5eWWgA
  4. [ 編集]

自由時間 さん

久しぶりでした。
  1. 2014/06/19(木) 04:13:37 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

http://hologon.exblog.jp

ため息がでますね。そして沢山食べましたね〜。
尿酸値一日で人は最高2mg/dL上がりますが、3mgはいっているでしょう(笑)
  1. 2014/06/18(水) 23:14:54 |
  2. URL |
  3. 自由時間 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/2635-8c954e52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ