晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2014/06/21: 西国分寺「潮」(14回目):すっぽん三昧

初夏の「潮」はすっぽん三昧。全部すっぽん。凄いぞ。


いや、言葉軽く「すっぽん三昧」などと言えるようなものではないことは、
潮さんをご存知であれば容易に想像でき、しかし容易には想像できないのであります。




西国分寺から歩いている途中で、Kさん・Nさん・Mさんと合流。




140621_MBA13_001.jpg

(Ricoh GR、以下同じ)

この暖簾に出会ったのは初めて。




140621_MBA13_002.jpg


何度来ても「潮」の料理を待つこの緊張感がたまりません。

今日はカメラはRicoh GRのみ。
肩が痛くて重いカメラを持ってくることが出来ませんでした。






140621_MBA13_003.jpg


先付・すっぽんの肝刺。

前回の肝刺しとはちょっと違う、レモンの香り。



140621_MBA13_004.jpg


冬瓜釜むし。

いきなりこれですよ。すっぽんの冬瓜釜し。3時間蒸したそうです。



140621_MBA13_005.jpg


潮さんが冬瓜釜むしを取り分けてくれました。

目黒の親方の赤鮑の冬瓜スープを彷彿とさせる深い味わい。





140621_MBA13_006.jpg


造り・こち洗い。

この厚み、温度。魚の旨さの頂点。




140621_MBA13_007.jpg


すっぽんの茶碗蒸し。

小さな餅まで入っている。この発想力に脱帽。




140621_MBA13_008.jpg


焼物・すっぽんの塩焼き。

これですよこれ。一昨年も感動した一品です。



140621_MBA13_009.jpg


揚物・すっぽんの唐揚。

サイコー!



140621_MBA13_010.jpg


鍋・すっぽんのなべ。

すっぽん以外の具はありません。
潮さんは余計なものを入れるのが嫌いなんです。




140621_MBA13_011.jpg


潮さんが取り分けてくれます。

このスープに熱燗。
永遠に続いて欲しい時間。




140621_MBA13_012.jpg


すっぽん鍋。



140621_MBA13_013.jpg


すっぽんの雑炊を水なす、人参、胡瓜、大根でいただきます。



140621_MBA13_014.jpg


蕎麦・常盤秋そば。






140621_MBA13_015.jpg


本日のデザートは和菓子です。
美しい器と一緒に出てきました。



140621_MBA13_016.jpg


菓子・水牡丹。

先のすっぽんもこの美しい和菓子も潮さんが作るんです。



140621_MBA13_017.jpg


菓子・落とし文。
梅雨の雨の雫の表現。



140621_MBA13_018.jpg


菓子・レモンタルト。

レモンの充実した酸味が程よい甘みでまとめられてる。

潮さん、なにものですか!





140621_MBA13_019.jpg


お薄。
和菓子のシメは抹茶。





毎回、思うのですが、
潮さん、このかたはどこまで進むのでしょう?

一同、圧倒されて店を出たのでした。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<下目黒 寿司いずみ (81回目):夏の旅行前に | ホーム | 下目黒 寿司いずみ (80回目):5ヶ月ぶり>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/2636-b43e14dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ