晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2008/01/14: 英語の勉強

16年ちょっと前に米国駐在することになった時、試しにTOEICを受験してみたら600点に満たなかった。

それでも「ま、何とかなるさ。」と米国に赴いたわけだ。
しかし、顔を合わせてのコミュニケーションは身振り手振りで何とかなるが、電話がダメ。
赴任当初は一種の電話恐怖症のようになった。

半年もすると英語にもかなり慣れてきて、突然電話がかかってきても慌てることも無くなった。
TV番組も大体わかるようになった。

会社の仕事が終わった後、UCLAの外国人向けの英語クラスに通い、
仕事やプライベートで英語を母国語として話す友人も増え、
自由自在とはけっして言えないが、英語でそれほど困ること無く生活できるようになった。




しかし、日本に帰国する時、「あ~、これで英語とおさらばできる。」と喜び、
そして帰国後は英語の勉強は一切しなかったのである。




それから14年が過ぎた。

今年になっていくつかの米国企業とのミーティングが続いているのだが、全く英語ができなくなっている自分に驚いている。
文字通り全く聞き取れない。
英語ができる同僚がいなかったら、ミーティングにならないほどである。


私は米国に住み暮らすというまたと無い英語学習の機会を台無しにしてしまったのだ。
帰国後もラジオを聞く等して英語に接していれば良かった。




今から全てやり直しである。



911229

米国で住んでいたコンドミニアムのダイニングの照明。
(CONTAX T2、ピンぼけ)






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 学問・文化・芸術/英語 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<ESL podcast | ホーム | コンパクト銀塩カメラの出番はもう無い?>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/368-9e28d1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ