晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2008/03/16: ビールの注ぎかた

みなさんはどのようにビールをグラスに注いでいますか?

私はこれまで「三度注ぎ」という方法をとっていました。
これは、記憶がたしかであればキリンシティで教えてもらった方法です:

1 ビールをグラスの真上から泡立つように注ぐ。泡があふれ溢れないように注意。
2 泡がグラスの口よりも涼んだところで、静かに注ぎ足す。
3 泡がグラスの口の高さまで下がったら、静かに注ぎ足し泡を盛り上げる。

この方法によってクリーミーな泡が作り出されます。



ところが、先日行った銀座ライオンでは「一度注ぎ」です。
「一度注ぎだから美味い」と言っています。
銀座ライオンの「一度注ぎ」は、最初に泡をグラスに入れて、その後からビールを注いでいきます。
泡がフタとなって、ビールが空気に曝される時間が少ないというわけです。


自宅でも「一度注ぎ」をやってみました。


080315_03

「三度注ぎ」のような濃厚なクリームのような泡にはなりませんが、
うまく注ぐと確かに泡でフタをしたままビールを注ぐことができます。






日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/ビール |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<台湾が反日になるかもしれない | ホーム | 日本光学 Nikon F2(2台目)>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/443-52c8a79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ