晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2008/03/18: チベット

チベットでのデモ隊を中国共産党が虐殺した。

世界各国政府がが中国を非難・批判・警告する声明を発しているのに、
この国の政治家はダンマリを決めて、相変わらず政争に熱を上げている始末だ。



中国共産党によるチベットの人権問題は、いわゆる一国内の少数民族の人権問題とはワケが違う。


そもそも何故チベットが中国なのだろうか?

それは、独立国であったチベットを1950年中国共産党が一方的に軍事侵略し、
共産党支配下に置いて自国の一部としたためである。


南京大虐殺は、それが事実である客観的証拠は中国でも日本でも見つかっていないが、
チベットを中国が一方的に軍事侵略したことが事実であることは、チベットや中国共産党だけでなく、世界中に証拠が残っている。

以降、中国共産党は、ナチス同様に民族浄化大虐殺を繰り返して来た。





この「シンドラーのリスト」の一場面のような中国共産党によるチベット人の虐殺に対して、
中国共産党はなんと「正当防衛」と弁明しているそうだ。



世界各国は、中国共産党によるチベットへの軍事侵攻と民族浄化政策に対し、
中国を非難する声明を繰り返し発している。

例えば、アメリカ議会は2005年にIOCに対して北京五輪の中止と開催地の変更を要求している。


翻って日本の国会は、与野党ともに沈黙するしているだけであり、
それどころか、超党派で「北京五輪を支援する議員の会」なるものを結成しているのだ。

さらに日本の低能政治家や低能評論家は「スポーツと政治問題は別の問題である」などと戯けたことを言っている。

世界の恥である。






080318_01

中国共産党を壊滅に追いやり、
チベットの人々が自由に生活できる日が早く来ますように・・・


そのための手始めは北京オリンピックのボイコットである。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 政治・経済/中国問題 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

<<感謝!30,000番 | ホーム | ソーイング・マシン(ミシン)>>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/446-127dca72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ