FC2ブログ

晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill, Sigma dp0 Quattro,
Ricoh GR, Ricoh GRIII, Fujifilm X-70,
Ricoh GXR, Fujifilm X-Pro1, Fujifilm X-Pro2, Fujifilm X-T1, Fujifilm X-T2, Fujifilm X-T3, Fujifilm X-M1, Fujifilm X-T10, Fujifilm X-E3
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R, Leica Q2
Fujifilm GFX 50S




2007/05/24: 下目黒 寿司いずみ (2回目)

下目黒の鮨屋「いずみ」。

前回訪問した時に、毎月来て季節の移り変わりを感じようと決めた店だ。

親方は療養中なので今日もお弟子さんが相手をしてくれた。

驚いたのは客が常連の方と私の2名だけ。
これほどの店なのに2名というのは信じられない。
キャンセル待ちになることもあれば、今日のように空いているときもあるそうだ。

店には有名人の色紙がびっしり貼ってある。
普通の街中のお鮨屋さんで見られる景色。

しかし、出てくるものは手の込んだ珍味や美味いものばかり。
一切のスキがない。

今回は出来るだけ写真を撮った。
「出来るだけ」ってのは、酔っぱらって撮るのを忘れない程度ってこと。
たぶん鮨は全部撮ったはず。

さて、まずは酒の肴。

稚鮎のアタマから始まり、鯵のなめろうは酢のスープでさっぱり仕上げ。
蝦蛄、青柳、鰹の刺身、鰹の胃、鰹の心臓、穴子の焼き物、色々な魚の卵巣、
鮑のひも、げそと酒盗のチーズ和えを焼いたもの、稚鮎の肝、さくらんぼのお新香、
穴子の蒸し物のしみ豆腐見立て(精進料理の逆)、その他。
全部で16~18品。

寿司いずみの肴




酒も大分飲んだところで、いよいよ鮨が出てくる。
一貫一貫、ひょいと手に乗せられる。

寿司いずみの鮨


全部で16貫の鮨をいただいた。

小鰭だけで3種。締め方がそれぞれ違う。
絶品は、まず稚鮎。鮎の鮨ってのはこんなに美味いもんとは知らなかった。
鮑は肝ベースのソースにもこだわりがある。
鮪も最高級品をヅケ・中トロ・大トロを食べた。
貝類は大きくて歯ごたえも潮の風味も十分。

日本酒もかなり飲んだが、今回は腰痛もなかったので電車で帰宅。

最高に幸せな鮨との時間だった。

この鮨屋の神髄を知りたければ、この本を読むべし。




日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/お寿司 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:1
  5. | コメント:6

コメント

<<久しぶりの雨 | ホーム | DoCoMo 2.0>>

Sさん

確実に幸せな時間を過ごすことが出来ますよ。
  1. 2007/07/23(月) 22:17:56 |
  2. URL |
  3. Khon_Ruai #-
  4. [ 編集]

うまそう

相変わらず、うまそうに撮りますねぇ^^
小鰭も穴子も大好き!じゃあねぇ、この3種の小鰭と、穴子と、鮎と、鮑(肝も)、マグロのヅケは赤身で、それに辛めのぬる燗。もう、それだけで幸せになれそう。。。^^
  1. 2007/07/23(月) 16:47:47 |
  2. URL |
  3. S #-
  4. [ 編集]

bacoさん

機会を見つけて是非お出かけになってみてください。
満足度高いと思いますよ。
  1. 2007/05/26(土) 07:22:56 |
  2. URL |
  3. khon_ruai #-
  4. [ 編集]

Gさん

はい、行ってきました。
鯵はやっぱたたきがいいね、オレは。
  1. 2007/05/26(土) 07:21:49 |
  2. URL |
  3. khon_ruai #-
  4. [ 編集]

TBありがとうございます

はじめまして、TBありがとうございます。
このお店だったのですね!
写真を見てるだけでよだれがたれそうです。
いつかは私も行ってみたいと思います、親方の復帰を祈りつつ・・・。
  1. 2007/05/25(金) 22:24:33 |
  2. URL |
  3. baco #f8BoVIc2
  4. [ 編集]

2度目行ったんですね

どもども。
2度目行ったんですね。
僕も今夜は家の近くで寿司を食べました。
今の時期のアジは最高です。
  1. 2007/05/25(金) 22:17:57 |
  2. URL |
  3. G #4oIQwpgE
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/85-cd4b733c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

失われゆく鮨をもとめて 一志 治夫著

私は「廻らない寿司屋」に行ったことがありません。正確に言うと一度だけ、東京サラリーマン時代に先輩に連れられて(もちろん先輩のおごりで)行った寿司屋だけが唯一の「廻らない寿司屋」でした。その時は先輩が全部注文をして私はただひたすら出される酒・刺身・刺身・刺
  1. 2007/05/25(金) 22:25:51 |
  2. yebisuneko

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ