晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2007/06/03: クメール舞踊写真集制作05・第2回目の撮影

アンコール遺跡群フォトギャラリーの主催者・波田野直樹さんのプロデュースによるクメール舞踊家・山中ひとみさんの写真撮影の第2回目。

今回の撮影場所はカンボジア勉強会の常連のIさんが社長をされている会社。
Iさんの計らいで会社のスペースに臨時スタジオを設置して撮影することになった。
今回はお手伝いにKさんも加わって総勢5名で臨んだ。

まずは前回の反省を踏まえての「手」の撮影。

カメラはHasselblad 503cx、レンズはCarl Zeiss Makro-Planar CF 135mm F5.6。
フィルムはKodak T-MAX100。

Variable Extension Tube 64-85では、手のクローズアップを撮影するには寄りが足りないので、今回はベローズも使った。
被写界深度が極めて浅くなるので、F22まで絞り込んでも手や指の一部にしかピントが合わない。

昼食休憩の後は全身を撮ることにしていたが、これをどう撮るか議論になった。
つまり、全身の映像は何のためにあるか、ということである。
私は教則本のように「決めのポーズ」を撮って、本の一部にはクメール舞踊のマニュアル的要素を入れたらどうかと考えていた。
結局、全身は舞台でも撮れるので、踊りをトルソーのように切り取ってクメール舞踊のディテールを撮影することにした。

ここでもう一つの問題。
背景を真っ黒にするために反射率の低いハイミロンという生地を背景布に使っていたが、ハイミロンの幅は92cmなので、体を撮るには幅が足りない。
そこで2枚のハイミロンをつないでみたがどうしても継ぎ目が見えてしまう。
仕方がないので、黒色の普通の背景布を使うことになった。
しかし、反射率が高いため布のシワがどうしても映り込んでしまう。
背景布から離れて撮影するスペースはないので、とりあえずそのまま撮影した。

トルソーのように切り取るのであれば、ハイミロンの継ぎ目を山中さんの体で隠すことが解決策であったが、その時はそれを思いつかなかった。

クメール舞踊の形

Nikon D200によるテスト撮影。


打ち上げ

旗の台のタイ料理屋「ブーゲンビリア」でお待ちかねの打ち上げ。
シンハ・ビール(ビアシン)が美味い!

様々なことを議論していたので、我々のテーブルはかなり騒々しかったと思う。
デートでタイ料理を楽しみに来た方々、すみませんでした\(^o^)/



日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 学問・文化・芸術/製作日誌 |
  2. この記事へのリンク|
  3. 東南アジア
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

コメント

<<もう回転鮨には行かない | ホーム | Linhof Master Technika>>

Takakoさん

本になる計画なのですが、詳細はまだ未定です。
お楽しみに・・・
  1. 2007/06/04(月) 21:36:24 |
  2. URL |
  3. khon_ruai #-
  4. [ 編集]

楽しみですね~♪
撮影完了はいつ頃になるのですか?ここには載せられないですよね?完成形は本になって出版されるんですか?
特に人物はモノクロが好き。陰影があって素敵ですよね。^^)
  1. 2007/06/04(月) 17:20:18 |
  2. URL |
  3. Takako #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khonruai.blog97.fc2.com/tb.php/97-02cae87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ