晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2012/07/07: 焼肉会

カンボジア在住のSさんと、カンボジアに戻る前に「美味いお肉を食べよう」ということになった。


手軽に旨い肉を食うなら焼肉だ。

焼肉というと本場は韓国と勘違いしている人が多いが、焼肉は日本独自の料理である。
なので、美味い焼肉を食いたければ日本で食うべきであり、間違っても韓国ではない。


私としても焼肉は久しぶりで、おそらく前回は約1年前の鶯谷園ではなかったか?
なので、今回も店は鶯谷園にした。

私の少ない経験ではあるが、焼肉は鶯谷園が一番美味い。




前回も土曜日の18時予約で、前回は外で待つこと無く案内されたが、
しかし、今日は15分ほど待たされた。





120707_001_焼肉・鶯谷園

(Ricoh GR Digital IV)

久しぶりに焼肉を堪能しました。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/焼肉 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/06/26: 牛込神楽坂 「巽蕎麦・志ま平」

Kさんに誘われて、Mさんと「巽蕎麦・志ま平」に行って来ました。

なんでも、打ちたての蕎麦と、打ってから数日置いて熟成させた蕎麦との味比べをやろうではないか、とのお誘いです。



待ち合わせ場所は、都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」。
このあたりは、昔の東京府牛込区で、町の名前もそのままです。
「志ま平」は納戸町(なんどまち)にあります。
同じ新宿区でも、昔の町の名前を捨て去った西側とは大違いです。



(以下、写真は全てRicoh GR Digital IVで撮影)




120626_001_巽蕎麦・志ま平

「志ま平」は靴を脱いであがります。
店内は江戸風味で溢れています。



120626_002_巽蕎麦・志ま平

味噌豆などをつまみながら酒を頂きます。



120626_003_巽蕎麦・志ま平

右側が熟成もの。
香りがいいですね。
余分な水分が無くなって風味が凝縮されたようです。



120626_004_巽蕎麦・志ま平

次は粗びきの田舎蕎麦、深山(みやま)。
これは、打ちたてと熟成の配合が違ったそうで簡単には比較できません。
しかし、私はこのような濃厚な蕎麦は初めてです。



120626_005_巽蕎麦・志ま平

ジュンサイ。



120626_006_巽蕎麦・志ま平

蕎麦寿司。
まず、姿が美しい。
しっかり巻いてあります。
そして美味い。



120626_007_巽蕎麦・志ま平

酒が進みます。\(^o^)/



120626_008_巽蕎麦・志ま平

蕎麦春巻き、あるいは蕎麦クレープ。



120626_009_巽蕎麦・志ま平

蕎麦掻き。
いい風味です。



120626_010_巽蕎麦・志ま平

最後に熟成ものをいただきましたよ。





カウンター越しにご主人の仕事ぶりを観ていましたが、
テキパキした動きに、キレのいい口ぶり、
そして美味い蕎麦。

「志ま平」、いい店です。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/06/18: 紫蘇、好きです

味気のない甲類焼酎に紫蘇を鋏で切って入れてみた。



120618_001_紫蘇

(Ricoh GR Digital IV)

こりゃ、爽やかで夏にいいよ。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/焼酎 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/06/17: 永井食堂の「もつっ子」

昨日、群馬の出張のお土産として、Mさんからモツの煮込みをいただきました。

永井食堂の「もつっ子」です。




120617_001_もつっ子

(Ricoh GR Digital IV)

袋に記載されている指示に従って温めます。





120617_002_もつっ子

(Canon EOS 5D Mark II w/ Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

美味いなあ。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/お米 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/06/15: 冷凍ウニ

ある朝のNHKテレビで急速冷凍によるウニの通年販売の話をしていたので、早速注文した。

問題は解凍である。

よくやるのは冷凍室から冷蔵室に移動する解凍方法。
しかし、この方法では温度差があり過ぎるので、食材にとっては水っぽくなってしまう。
なので、丁寧な方法は、氷水による解凍である。

この冷凍ウニも氷水で時間をかけて解凍してみた。

が、残念なことに水っぽくなってしまった。
それでも、目黒の宇宙一のウニにはとてもかなわないが、自宅で食うには全く問題無い。

ウニだけでは、味気ないので、鮪の漬けを作る。




120615_001_ウニ鮪漬け丼

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8)

ご飯はもちろん鮨飯。

赤ワインと一緒に食べました。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/美味しかった♪ |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/06/14: 日本の魚は美味い

カンボジア在住のSさんが日本に一時帰国したので、美味い魚を食いに出かけた。

お店は先日Nさんらと訪れた中野「らんまん」。




120614_001_美味い魚を食う

(Ricoh GR Digital IV)

定番の鯖、小鰭、スズキ。


カンボジアに移住してからの様々な出来事、ご本人にとっては辛かったことも、笑いながら聞くことが出来て楽しかった。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/美味しかった♪ |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/06/11: 谷中生姜

谷中生姜。




120611_001_谷中生姜

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

夏が来るねぇ。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/季節の味 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/06/10: ナポリタン

こないだテレビ番組でナポリタンの食べ歩きをやっていた。

普段から「この一億低知能国家のテレビ番組は食いものだけか!」と怒っている私も、
実は食いもの番組は案外嫌いではないのだ。
\(^o^)/



なので、ナポリタンを初めて作ってみた。

なんでも、コツはケチャップを煮ることにあるらしい。
そしてよく炒めること。

それと竹田商店のウスターソースを加えてみた。




120610_002_ナポリタン

(Canon EOS 5D Mark II w/Nikkor-S.C Auto 55mm F1.2) 

要は、ナポリタンとは焼きそばなのである。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. 日記/日記 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/06/03: シーフード・ドリアを作ってみた

先週、横浜のホテルニューグランド発祥と言われる海鮮のドリアを食べて、自分でも作ってみようと思った。

初めてなので、どう作ったかを記録しておこうと思う:


1)シーフードピラフを作る。

準備:
・米を2合、洗って水に15分程度漬けて、その後水を切る。
・水350ccにサフランをひとつまみ、粉末コンソメを小さじ約2~3を入れて電子レンジでお湯にする。
・玉葱半分をみじん切り。
・舞茸を適量みじん切り。
・缶詰のホワイトソースをトマトジュースと牛乳で伸ばしておく。

調理:
・フライパンにバター20gを入れて、適量の玉葱を5分程度炒める。
・舞茸を入れる。
・そのフライパンに、スーパーで買ってきた冷凍シーフードミックスに白ワインを50cc程入れて、蓋をして蒸す。
・フライパンの中身をボールに移す。
・フライパンにバター10gを入れ、米を透き通るまで炒める。
・ボールのシーフードミックスをフライパンに戻す。
・サフラン入のお湯をフライパンに入れてよくかき混ぜる。
・塩をひとつまみ入れる。
・フライパンにフタをして、強火で2分。
・弱火で10分。
・火を止めて8分蒸らす。

シーフード・ピラフの出来上がり。
これだけでも美味い。



2)ドリアを作る。

・耐熱皿にバターを塗る。
・上記シーフードピラフを適量入れる。
・スーパーで買った冷凍むき海老を白ワインで蒸して、
 それを上記シーフードピラフに乗せる。
・上記ホワイトソースをかける。
・スーパーで買ったピザ用チーズを乗せる。
・トースターで10分ほど焼く。




120603_001_シーフードドリア

(Ricoh GR Digital IV)


美味い!
ワインが進みます。




でも次回は海鮮類とチーズをより良いものにしてみよう、っと。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/美味しかった♪ |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/06/02: 浦和 蕎麦「庵 浮雨 (un peu)」

Kさんからこの店の話を聞いた時から、いつかは訪れてみたいと思っていたお店です。

なんたって、蕎麦をクリームソースで食わせる店ですからね。
\(^o^)/




本日は腰痛レベル4。
ちょっとだけ歩くのが辛いです。

日本橋で美術展を観てから浦和に向かう予定でしたが、
この計画はキャンセルし、自宅から直接浦和に向かいました。





120602_002_浦和駅

(写真は全てRicoh GR Digital IV)

生まれて初めての浦和駅下車。
西口は工事中。

赤羽で端から端への乗り換えるので、思ったより遠い浦和駅です。




120602_003_浦和_ ナカギンザセブン


「庵 浮雨 (un peu)」は、浦和駅西口のナカギンザセブンと呼ばれる通りにあります。




120602_004_庵_浮雨_un_peu


ここですよ。




120602_005_庵_浮雨_un_peu


さて、始まり、始まりぃ~。

まずは、ハートランドビールで乾杯!










120602_006_庵_浮雨_un_peu


そら豆のムース。
コンソメ風味のソースが絶品。

はい、この瞬間にこの店のレベルの高さを確信。




120602_007_庵_浮雨_un_peu


ほうれん草、ブロッコリ、茗荷、かぼちゃ。
茗荷大好き少年としては、この茗荷のピクルスは最高です。

ワインを赤白2本注文。




120602_008_庵_浮雨_un_peu


鰹出汁とトマトの蕎麦。

これも美味い!
今度、オレも作ってみます。




120602_009_庵_浮雨_un_peu


烏賊のトマトソースと枝豆だったかな?
烏賊のトマトソースはいいねぇ。




120602_010_庵_浮雨_un_peu


鰹の燻製。

これは素晴らしい!

今度、オレも挑戦したいです。




120602_011_庵_浮雨_un_peu


出たよ、鴨!




120602_012_庵_浮雨_un_peu


豚。




120602_014_庵_浮雨_un_peu


牛蒡と、何だっけかな、肉を巻いてあったような。
美味いなぁ。




120602_014_庵_浮雨_un_peu


さあ、締めは、締めなのにメインイヴェントのここでしか味わえない蕎麦です。

クラムチャウダーの漬け汁に、鴨の肝の漬け汁。
どちらかのはずだったんだけど、
「両方ちょうだい。両方だから蕎麦も1.5人前でお願い」とわがままを言いました。




120602_022_un_peu


絶品の手打ちそばにクリームベースの汁!

Kさんがご出演したTV番組を観たときは「あり得ない!」と思ったけど、
美味いのなんのって、これを考えだした店主に脱帽。
アナタ、凄過ぎます。




120602_015_庵_浮雨_un_peu


いやぁ、よく飲み食いしました。




120602_016_庵_浮雨_un_peu


酒だけでもこんなに飲んだし。
その他に、ハートランドビール2本に、白と赤のワインを計2本。




浦和に近い人はMUSTで訪れるべき名店です。
間違いありません。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/05/25: 中野 魚料理「らんまん」、しかしまだ腰痛


まだ、腰痛である。
腰痛レベル8。


昨日、会社を早く出てモンベルに行って登山用ストックを買った。
ストックと言えば健康的だが、要は杖である。

駅から自宅まで使ってみたが、なかなか快適である。
しばらく通勤にこれを使おう。



しかし、本日の天気予報は雨。
杖と長傘の2本を持って歩くことは出来ないので、今日は傘を杖がわりに歩く。






さて、今日は中野で鱧なのだ。
腰痛などと言ってられない。

Nさんが、先週お世話になったT氏とF氏を誘って企画してくれた。




120525_000_中野・らんまん

(Ricoh GR Digital IV)

私は懐かしい中野駅北口界隈の立ち飲み屋で一杯やってから「らんまん」に向かった。
「らんまん」も古き良き街の中にある。





120525_001_中野・らんまん

(Ricoh GR Digital IV)

お通しの湯葉巻き。

美味い店はお通しだけで期待が上がります。




120525_002_中野・らんまん

(Ricoh GR Digital IV)

鱧の湯引き、梅タレで。

一同、「美味いっ!!」の発声。




120525_003_中野・らんまん

(Ricoh GR Digital IV)

しめ鯖がオススメとのことで注文。

これも素晴らしい。
「いずみ」もそうだけど、正しいしめ鯖って酸っぱくないのよ。
なのにしっかり締めてある。




120525_004_中野・らんまん

(Ricoh GR Digital IV)

鱧鍋。

すっかり鍋好きになりましたね。
但し、上等な鍋料理のみ。
居酒屋チェーンの鍋は絶対に不可。




120525_005_中野・らんまん

(Ricoh GR Digital IV)

もう最高ですよ。




120525_006_中野・らんまん

(Ricoh GR Digital IV)

最後は鱧の出汁で雑炊。

中野「らんまん」、また来ますよ。




T氏にエネルギーを注入してもらって、タクシーで帰宅。

ありがたい。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/05/22: 西麻布 そば割烹「さとう」、しかし腰痛

腰痛レベル8からなかなか下がらない。
歩くのが大変辛い。

朝6時前に自宅を出て会社に向かうが、自宅から約550mの地下鉄最寄り駅までが歩行の限界だった。
エスカレータとエレベータを使って歩く距離を最小限にしたが、
横浜駅から会社までは歩けそうにないので、一つ先の会社に一番近い駅で下車した。




さて、本日は西麻布の「そば割烹 さとう」で食事会。

雨の中、激痛に耐えながら六本木から待ち合わせ場所の西麻布交差点まで歩く。
タクシーに頼らず歩くと決めたので歩いたが、歩きながら無謀な決断を後悔した。






120522_001_西麻布_そば割烹「さとう」

(写真は全てRicoh GR Digital IV)

本日はKさんの紹介で、Nさんと3人で訪れました。





120522_002_西麻布_そば割烹「さとう」


山菜。こしあぶら、こごみ、しどけ。
岩手で採れたものだそうです。

このほろ苦さがとてもいい。
日本民族に生まれたことの幸せを実感します。

この最初の一品でこの店への期待がグンと高まります。




120522_003_西麻布_そば割烹「さとう」


蛍烏賊です。
どうすると思います?




120522_004_西麻布_そば割烹「さとう」

昆布出汁でしゃぶしゃぶにするんです。




120522_005_西麻布_そば割烹「さとう」


美味いです。特に蛍烏賊のミソがいい味です。

この時点で「さとう」は間違いなく最高レベルの店と確信しました。




120522_006_西麻布_そば割烹「さとう」


出ました! ムラサキウニ。
これ、Kさんにリクエストしてたんです。

ご飯は酢飯です。これにウニを乗せて頂きます。
絶品です。




120522_007_西麻布_そば割烹「さとう」


続いて鮎の塩焼き。鮎の塩焼きには蓼(たで)が添えられるんですね。




120522_008_西麻布_そば割烹「さとう」


なんと花山椒鍋です!!

実は西国分寺の「潮」で春の花山椒鍋をいただこうと計画していたのですが、
仲間との日程がなかなか合わず、その機会を逃していました。

しかし、「さとう」で巡り合うことができました。嬉しいです。

肉は松阪牛です。




120522_010_西麻布_そば割烹「さとう」


花山椒。




120522_009_西麻布_そば割烹「さとう」


佐藤さんが自ら鍋をみて取り分けてくれます。




120522_011_西麻布_そば割烹「さとう」


花山椒の香りが素晴らしい。




120522_012_西麻布_そば割烹「さとう」


漬物。何でしたっけ?




120522_013_西麻布_そば割烹「さとう」


天麩羅です。
こしあぶら、蕗。それと薩摩芋(丸十)、これが実に美味しい。




120522_014_西麻布_そば割烹「さとう」


蕎麦。
まずは花山椒の出汁で暖かい蕎麦。




120522_015_西麻布_そば割烹「さとう」


花山椒の香りを二度楽しめました。




120522_016_西麻布_そば割烹「さとう」


締めの蕎麦。




腰痛も忘れるほどの最高の3時間を堪能しました。



西麻布交差点から3人でタクシーで渋谷に行ってそこで解散。(Kさん、タクシー代すみません)

自宅最寄り駅から歩き始めたら腰痛が悪化。
自宅のドアを開けたところで痛みが限界に達し、何とか到着。


激痛だけど「さとう」のおかげでゴキゲンなのだ。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:1

2012/05/19: 超能力と蕎麦

本日は超能力者T氏のヒーリングパワーを受けるために小岩に出かけた。

この12年間の原因不明の体の痛みを軽減してもらうためである。



40歳になるまで病気になったり体調不良を訴えたりすることはなかったし、
逆に体の丈夫さは自分の売りの一つとしていたほどだったが、
12年前に腰痛を発症してからは、体力どころか気力まで一気に落ちてしまった。

なので、この12年間、西洋医学はもちろん、東洋医学やおまじないまで、
「いいものがあるよ」と耳にしては、様々な施術を受けてきた。


ってことで、今日はKさんの紹介でT氏のもとを訪れた。

先週から腰痛を再発したので絶好のチャンスである。









しかし、一緒に出かけたNさんはかなり効果があったようで喜んでいたが、
私にはほとんど効果がなかった。

T氏も、さぞ悔しかったようで「最後にもう数分やらせてくれ」と言われて施術していただいたが、
大きな効果は得られなかった。


ただ、外に出ると、痛みはあるものの普通に歩けるようにはなったようだ。
でも、体の中の痛みの芯がズンと腰をおろしているのがわかるし、それは全く動いていない。










小岩から日本橋に移動し、蕎麦屋「仁行」で食事会。


120519_001_仁行

(Ricoh GR Digital IV)

この手打ち蕎麦の細さに驚いた。

Kさん曰く、石井さんの蕎麦は昔から細いんだよ、とのこと。





120519_002_仁行

(Ricoh GR Digital IV)

お勘定してもらったら、伝票の皿はなんと西国分寺・潮さん作の彫り物!











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/こんなお店行きました |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:1
  5. | コメント:0

2012/05/02: 築地「はなふさ」

Nさんご夫妻とKさん、4人で築地「はなふさ」に行って来ました。




120502_001_はなふさ

(Ricoh GR Digital IV)

ここもNさんのお薦め店とのことで期待が高まります。




120502_001_はなふさ

(Ricoh GR Digital IV)

何から何まで美味しい。

特に、鯨のベーコン、海鞘の塩辛、出汁に入ったオムレツ、筍と蕗の煮物、良かったなぁ。




120502_005_はなふさ

(Ricoh GR Digital IV)

ビール、酒、ワインを頂いて、約2時間半の飲み会は終了。





120502_006_雨の銀座

(Ricoh GR Digital IV)

銀座にタクシーで移動し、洋酒博物館でカクテルを楽しんで、雨の夜の銀座を歩き、地下鉄に乗って深夜に帰宅。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/居酒屋 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

2012/04/28: 牛込 イタリア料理「リストランテ アモローソ」(5回目)

なんと2年ぶりに訪れました。

本日は初めて男性の友人との訪問、ご一緒したのはお馴染みのIさんです。




120428_001_牛込アモローソ

(Ricoh GR Digital IV)

美味い店というのは、席に着いた時の期待感がぐっと高まるんですよね。






120428_002_牛込アモローソ

(Ricoh GR Digital IV)

トマトのシロップ漬けに始まり、抜群の料理が次から次へと出てきます。

美味しい料理と、いつものようにワインとグラッパを楽しむこと3時間超、実に愉快な時間を過ごしました。








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/イタリアン |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/04/10: 筍ご飯

勝浦の野口さんの筍で筍ご飯。




120410_001_筍ご飯

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

これは美味い!










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/春の料理 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

2012/03/21: カミカゼ

カミカゼ。



これ、カクテルの名前です。

カタカナで名付けられていますから、欧米人によるレシピであることがわかります。
10年以前にアメリカに駐在している頃、白人の友人に教えてもらったカクテルです。






120321_001_カミカゼ

(Ricoh GR Digital IV)

ウオッカ、コアントロー、ライム、トニックウオーター。
いや、あの頃、コアントローは使わずにスーパーでオレンジピールを買って混ぜたような記憶がありますね。

今でも、バーに行ったときは最初に注文するカクテルです。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/カクテル |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/20: 西京漬け

昨年の秋口あたりから急に魚の粕漬けが好きになり、機会があれば買って帰るようになりました。

今晩は土曜日の大田市場「大松」で買ってきた鰈の粕漬けです。




120320_001_大松の鰈の西京漬

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

鰈の粕漬けは初めていただきましたが、これは最高に美味しいです。
肉厚だし、品良く脂がのっているし、香りも素晴らしい。

絶品です。




ところで、魚の粕漬けと西京漬の違いって何ですか?







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/魚料理 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/17: 大田市場 日本料理「大松」

昨晩の日本酒で気分の良い二日酔いで目が覚めた。

とりあえず、冷蔵庫から朝ヱビスビール。




オレが「美味くない」と思っている料理の代表格は「鍋」なのである。

しかし、「絶対に飲まない」と言っていた日本酒だったが、
いずみでホンモノの酒の美味さを知って以来、日本酒ファンになったように、
鍋もホンモノを知ると、そりゃぁ、あんた、なかなかのもんですよ。

オレを目覚めさせた鍋のホンモノは、あのきのこ鍋でしたねぇ~。




ってことで、Nさんご夫婦と本日は大田市場・事務棟2階の「大松」で鍋と酒です。

一番のオススメは「市場鍋」だったのですが、
大松のお母さん曰く「ネタに良いものが入ってこない」とのことで、旬の鮟鱇鍋となりました。




(写真は全てRIcoh GR Digital IV)


120317_001_大田市場・大松


まずはお刺身と牡蠣。

牡蠣は、兵庫県赤穂市の坂越・忠臣蔵。
市名にちなんだ面白い名前ですね。

で、大トロも久しぶりに美味いものをいただきました。

さすが市場での美味いネタが揃っています。




120317_002_大田市場・大松


穴子の骨。鰻じゃないですよ。
穴子の骨は初めてだなぁ。




120317_003_大田市場・大松


さぁ、鮟鱇鍋一式です。




120317_004_大田市場・大松


肝汁がベースなんです。
美味そうでしょ。



120317_005_大田市場・大松


大松のお母さんが全てやってくれます。

最初は、あん肝と椎茸と豆腐と白瀧で、肝鍋。

濃厚な味で酒が進みます。




う~ん、今朝は二日酔いだったのになぁ。
鮟鱇で元気になってきたかな。




120317_006_大田市場・大松


肝鍋が終了したところで、残りの鮟鱇と具材を入れて鮟鱇鍋。

いーじゃん、鍋って。
美味いじゃん!



要はね、居酒屋チェーン店の鍋なんか食っちゃいけないのよ。






ウチは母が「見た目」で「鍋は日本人の食事ではない」と大の鍋嫌いだったので、オレも子供の頃から鍋は食わず、
大人になってから低品質の居酒屋での忘年会で、幹事をブチ殺したくなるほどのマズイ鍋を食わされ、
好き嫌いはないと豪語するオレでさえ、鍋は苦手な部類の料理でした。

しかし、昨年のきのこ鍋以来、
いずみで知った日本酒と同じように、ホンモノは美味いとわかりつつあります。





ホンモノは美味いですよ。







肝汁にうどんを入れて、その後にご飯を入れて超満腹。





120317_008_大田市場・大松


満腹で苦しい中、大田市場事務棟からバスに乗って帰りました。




次回の大松はすっぽん鍋で決まりだ。

Nさん、企画よろしくね。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/こんな店に行ってきました |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/03/03: 国分寺「潮」(3回目):雛祭りの日に

さて、雛祭りの今日は待ちに待った「潮」の日です。

昨年末の忘年会でここを訪れてから、すっかり潮さんの虜になってしまいました。




(写真は全てRicoh GR Digital IVで撮影)

120303_001_国分寺・潮

京菜の花の胡麻浸し。
潮は最初の一品で、これからの期待度がさらにグンと上がるのです。




120303_002_国分寺・潮

グラスに入っているのが「のれそれ」(穴子の稚魚)。
栄螺の器に入っているのが、生のくちこ(このこ、海鼠子、海鼠の卵巣)の茶碗蒸し。これは凄過ぎです。
その右が、赤貝の鉄砲和え。酒が進みます。
新筍の牛肉巻き。
牡丹百合根。酒・塩・砂糖で煮ています。潮さん曰く「これは関東の料理」。
蕗の薹の当座煮。この春の香が素晴らしいです。
海胆(うに)の磯辺揚げ。黄身で揚げています。




120303_003_国分寺・潮

蛤のしんじょう、ウド、蕨。
2個の蛤が入っています。
しんじょうといってもほとんどが蛤。美味いです。




120303_005_国分寺・潮

クエの刺身、クエの皮。
「いずみ」でクエ三昧をやってから、この高級魚の旨さを知りました。




120303_006_国分寺・潮

潮さんが「蕎麦鮨食べる?」と聞いてくれたので、食いしん坊たちは「食べる!食べる!」
蕎麦寿司って初めていただきましたよ。
海老・玉子・胡瓜・穴子(だったかな)等の具もしっかり入っていて美味しいです。




120303_007_国分寺・潮

真魚鰹の西京焼き。
刺身でも美味いレベルの身を粕漬けにしたものです。




120303_008_国分寺・潮

潮さんが「焼き蕎麦掻き食べる?」と聞いてくれたので、食いしん坊たちは「食べる!食べる!」
これよ、これ!
こんな美味いもの潮でしかいただけませんよ。
蕎麦掻きに一味が少し入っているそうです。それがまた良いアクセントになっています。





120303_009_国分寺・潮

さて、今回も琵琶湖の真鴨の鍋をいただけます。
モツと心臓も入ります。
しかも、今日が真鴨鍋の最終日だそうでグッドタイミングでした。




120303_010_国分寺・潮

この真鴨の摘入(つみれ)が最高なのよ。
軟骨部分もしっかり入っているので歯応えも素晴らしい。




120303_011_国分寺・潮

しろ菜と真鴨のロースを入れておかわり。
う~ん、この出汁、たまりません!




120303_012_国分寺・潮

鴨鍋の出汁に平蕎麦を入れて暖かお蕎麦をいただきます。
蕎麦も十割で、でも崩れること無く、鴨の出汁を適度に含んで、しかもコシを保っています。
これ以上に美味い鴨蕎麦は無いでしょう。




120303_013_国分寺・潮

潮さんが「蕎麦サラダ食べる? まだ入る?」と聞いてくれたので、食いしん坊たちは「食べる!食べる!」
蕎麦のサラダですよ。
揚げ湯葉とたっぷりのサラダとゴマベースのドレッシング。
これ、ウチでもやってみよう。




120303_014_国分寺・潮

デザートはヌガー・グラッセ。
潮さんは「旨い料理は良い材料さえあれば出来るんですよ」と謙遜されていましたが、
このヌガー・グラッセに使われている生クリームも最高級品が使われているようです。



さすがの食いしん坊たちも満腹になって潮を後にしました。

和食、最高です。




いつか潮でカレー南蛮食べてみたいな。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/02/24: 三代目作廣の包丁、焼き鳥

昨年10月の新潟旅行で与板の三代目作廣・古見さんの包丁を衝動買いしてしまったのだけど、
何せ、クソど素人の私にとっては宝の持ち腐れで、いつの間にか切れなくなってしまった。
正に、もったいないとはこのことですね。

その作廣・古見さんが日本橋の新潟アンテナショップにやって来るというので、Nさんと訪問。





120224_001_作廣の包丁製造過程

(Ricoh GR Digital IV)

これが作廣の包丁製造過程です。

一番左の鉄板の上に乗っている細長いのが鋼。
その鋼を鉄で包んだ状態が、左から二番目の「1」。
それを打っていって包丁に仕上げていくわけ。





120224_002_オレの包丁を研いでくれる三代目作廣・古見さん

(Ricoh GR Digital IV)

私の包丁を研ぎ直してくれる三代目作廣・古見さん。





120224_003_研ぎ上がった三代目作廣の包丁

(Ricoh GR Digital IV)

怖いほどに研ぎ澄まされた包丁です。

使い終わったら75℃以上の熱湯にさらして拭くといい、とアドバイスをいただきました。
なかなかそこまでやるのも手間ですけどね。

それにしても、今季の雪は大変なものだそうで、
東京の我々がテレビから想像する状況を、遥かに超える異常な大雪で大変なことになっているそうです。





120224_004_銀座・武ちゃん

(Ricoh GR Digital IV)

Nさんと日本橋から銀座に移動して、焼き鳥・「武ちゃん」で一杯。





120224_007_銀座・武ちゃん

(Ricoh GR Digital IV)

いい店ですねぇ。

一切の気取りもなく、これぞ、ホンモノの焼き鳥屋さんですね。




120224_005_銀座・武ちゃん

(Ricoh GR Digital IV)

また来ます!





120224_005_銀座・洋酒博物館

(Ricoh GR Digital IV)

昨年6月のいずみの酒蔵ツアーでカクテルを作ってくれた洋酒博物館に寄りました。

興味深い瓶を色々見せてもらいました。

・カミカゼ(ウオッカ・ベース)
・ギムレット(ジン・ベース)
・ソルクバーノ(ラム・ベース)

全て好みの柑橘系ドライで楽しみました。


ここもまた来ます!








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/焼き鳥 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/02/18: 天皇陛下の手術、蕎麦

本日は天皇陛下の心臓手術の日。
朝から心配で気が落ち着かない。


今日は利き蕎麦の会があるとのことで、Kさんに誘われて逗子に向かった。

池袋から数年ぶりに湘南新宿ラインに乗車。
何故か混雑している。
みんな、何処から何処まで行くんでしょうね?


Twitterに天皇陛下の手術成功のニュースが入った。
よかった!



ようやく逗子に到着。遠い。

逗子は初めて来たが、大いに賑わっている。
Nさんと駅前でつまみのコロッケとメンチを買う。

東口から路地に入ると、原宿の裏通りのようなお洒落感がある。





さて、利き蕎麦会は蕎麦店「蕎麦 凜桜」があるビルの3階の一室。

年配の方々が集まっている。

Kさんによれば、蕎麦打ちもいれば、食べるだけの蕎麦好きもいらっしゃるようだ。



ビールで乾杯して、様々な酒を楽しみながら5種の蕎麦を味わった:

・北海道 サロマ。香りが殆ど無い。
・秋田 横田、十割。
・茨城 日立。これはいい香り。
・福井 大野。
・熊本 阿蘇。




120218_001_利き蕎麦会

(Ricoh GR Digital IV)

もう蕎麦はトップクラスでなければ満足できなくなってしまったよ。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/02/10: 久しぶりに自宅で生牡蠣

久しぶりに自宅で生牡蠣。
ワインはセブンイレブンで買ってきました。



120210_001_生牡蠣

(Canon EOS 5D Mark II w/ Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

牡蠣も大好物です。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/美味しかった♪ |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:1

2012/02/04: 秋葉原、つくばエクスプレス、蕎麦

久しぶりに、いや数年ぶりに、秋葉原にやってきた。

小学生の頃から1990年代前半まではしょっちゅう訪れた街だが、
オタクだのアニメだのメイドなんとかだのの聖地と言われるようになってから、
子供の頃から親しんでいたこの街を嫌悪するようになった。

要は、秋葉原はオレにとってキモい街なのだ。



昔の秋葉原駅の面影はもう無い。




120204_001_秋葉原

(Ricoh GR Digital IV)

ラジオ会館は建て替えられている最中。
1993年までのオーディオ・ビジュアル装置はほぼ全てラジオ会館内の店で買っていた。




120204_002_秋葉原

(Ricoh GR Digital IV)

ラジオデパートは健在なんだね。


それにしても人が多い。
どこから湧いて出てくるのかね?




さて、今日は仲間と蕎麦三昧の日なのです。

目的地は、流山「すず季」。




120204_003_つくばエクスプレス

(Ricoh GR Digital IV)

つくばエクスプレス。
初めて乗ります。

それにしても運賃、高っ!






120204_003_流山 すず季

(Ricoh GR Digital IV)

今日は、蕎麦コンサルタントのKさんの計らいでいろいろな蕎麦を楽しむ会なのです。

新潟のコメ農家・田中さんの蕎麦、金砂郷、丸岡、など。
どれも美味いが、それぞれの個性があって面白い。




120204_002_流山 すず季

(Ricoh GR Digital IV)

4種の蕎麦を楽しんだところで酒と肴。
どれも美味しかったが、焼き蕎麦がきと白子の小鍋が絶品だった。




120204_003_流山 すず季

(Ricoh GR Digital IV)

最後の手挽き蕎麦の写真を撮るのを忘れました。




それにしても皆さんの食に対するこだわりと広く深い知識にには脱帽です。
\(^o^)/








日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:4

2012/01/31: おべんとう冬の最後の日

久しぶりに崎陽軒のお弁当で昼食。

季節毎の弁当がコストパフォーマンスがいいです。

本日は、冬の弁当「おべんとう冬」の最終日。
まだまだ寒い日が続くけど、明日からは「おべんとう春」です。




120131_001_崎陽軒_お弁当・冬

(Ricoh GR Digital IV)

原材料名:
カニご飯(うるち米、つゆ、カニ、その他)、シウマイ、筍煮、つくね煮、ツボダイの照り焼き、
玉子焼き、豚そぼろと根菜のきんぴら、かぼちゃ入り高野豆腐煮、人参煮、大福、バター風味の帆立煮、
錦糸玉子のカニフレーク和え、付合せ、醤油、保存料(ポリリジン、しらこ)、pH調整剤、酢酸ナトリウム、
調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、アカビート、カロチノイド、紅花色素、クチナシ)、
酸味料、ソルビトール、香辛料、香料、甘味料(ステビア)
(原材料の一部に卵、乳成分、小麦を含む)











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/お弁当 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/01/27: 国分寺「潮」(2回目)

先月の忘年会で伺った「潮」にまた行きたくて仕方がなかったのですが、
新年会の話があったときに店は迷うこと無く「潮」に決めました。




120127_001_西国分寺・潮_湯葉蒸し

(Ricoh GR Digital IV)

湯葉蒸し、ウニ、穴子入り。
この出汁の旨さ。




120127_002_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

河豚の煮こごり。あっという間に溶けます。




120127_003_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

百合根、チーズ豆腐といくら、丹波の黒豆、蕗の薹、唐墨と平目の皮。
この一皿に日本の味が凝縮されています。




120127_004_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

クエの潮汁。




120127_005_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

クエとカンヌキ(大きな細魚)の刺身。




120127_006_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

セイコガニ(越前がにのメス)の鍋焼き。
一瞬グラタンの類かなと思ったけど、一杯の蟹を卵でとじて焼いたもの。
蟹の全ての旨みが凝縮されています。




120127_007_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

さて、潮さん御自ら鍋を準備してくれます。




120127_008_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

鍋の中身は、真鴨(合鴨ではない)、下仁田ネギ、しろ菜、原木の椎茸。




120127_009_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

鍋の出汁で平蕎麦。
実に美味しいです。



もう一つ蕎麦をいただいたのだけど、どういうものかお訊きするのを忘れてしまいました。





120127_010_西国分寺・潮

(Ricoh GR Digital IV)

もちろんデザートも格別です。




今晩も驚きの晩でした。

四季の彩りを楽しみにまた来たいお店です。

ごちそうさまでした。












日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/美味しかった♪ |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:6

2012/01/22: コーンビーフのサンドイッチ

特上コーンビーフのサンドイッチです。



120122_001_熱海_中田屋精肉店のコーンビーフ

(Ricoh GR Digital IV)

大量のキャベツでいただきました。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/美味しかった♪ |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/01/14: 久しぶりにオムライスを作った

久しぶりにオムライスを作ってみた。

・食材の準備:
 ー玉葱、適量、みじん切り。
 ー鶏胸肉、適量、1cm角。
 ーご飯、一杯分。
 ー卵3個、白身と黄身に分ける。ボールで白身を徹底的に泡立てた後、黄身を加えてさっとかき混ぜておく。
 ーバター10g。

・フライパンを熱して適量のオリーブ油で玉ねぎを弱~中火で約5分間炒める。
・鶏肉を入れて炒める。
・ケチャップ、塩、胡椒を入れて味を調える。
・ご飯を入れてよく混ぜて炒める。ヘラでラグビーボール状に整える。
・別のフライパンを熱したら、とろ火にしてバターを適量入れる。
・準備した卵を入れて温める。
・箸で玉子焼きの状態を確認したところで、取っておいたケチャップ鶏肉ご飯を乗せる。
・皿に載せたときに綺麗に仕上がることをイメージしながら、皿に盛る。




っm.、・m

(Canon EOS 5D Mark II w/ Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

ハイ、しっぱぁ~い!
\(^o^)/



オレみたいな素人はなかなか綺麗にまとめられないんだよね。

見た目は悪いけど、美味かったよ。









日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/オムライス |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2012/01/08: 酒盗炒飯

120108_001_酒盗

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

正月は「寿司いずみ」の絶品の酒盗で炒飯を作ります。



・私のような素人は上手く炒められないので、ご飯にあらかじめ卵の黄身を混ぜて卵かけご飯状態にしておきます。
・卵の白身は別に取っておきます。
・鉄のフライパンを熱して、ラードを適量入れ、刻んだ葱を炒めます。
・卵の白身を入れて、白身の具を作ります。
・卵の黄身を混ぜたご飯を入れてよく炒めます。弱火から中火でゆっくり炒めればいいです。
・酒盗を大さじ一杯、醤油一回しを入れて炒め続けます。
・ご飯がパラパラになったら、挽いた胡椒(私はカンボジア産)を少量かけて出来上がり。






120108_001_酒盗炒飯

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/炒飯 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2

2012/01/07: 田中さんの米で鮪丼

新潟の農家・田中さんのお米は、病気・防虫のための品種改良をしていないコシヒカリ。
以前、品種改良したコシヒカリに切り替えたら「前の方が美味い」と言われたそうです。

このお米で鮨飯を作り、鮪丼にしてみました。

鮪はもちろん近所の鮮魚店の本鮪で、スーパーではありません。
漬け汁は、醤油60cc、味醂20cc、酒20cc、赤ワイン5ccをひと煮立ちさせて、たっぷりの和芥子を溶かし入れます。




120107_001_鮪丼

(Canon EOS 5D Mark II w/Carl Zeiss S-Planar T* 60mm F2.8 AEWG)

田中さんのお米は鮨飯にして、翌日になっても固くならずに美味しくいただけます。










日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/男の料理 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

コメント

次のページへ 前のページへ

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ