晴好雨奇の写真日記




Olympus-Pen EED, Konica 現場監督, Kyocera T-Proof, Yashica T4,
Minolta TC-1, Contax T, Contax T2, Contax T3, Ricoh GR1s,
Konica Hexar, Contax G1, Contax G2, Leica M3, Leica M4, Leica M6,
Asahiflex IIB, Nikomat FTn, Nikon F, Nikon F2, Nikon F3, Contax RX, Contax RTSII, Contax RTSIII,
Hasselblad 503cx, Hasselblad 903swc, Fuji GS645S Professional, Mamiya 7II, Fuji GSW690II Professional,
Ebony SV45TE, Linhof Master Technika,
Polaroid 690SLR,
Fuji Fine Pix F10, Fuji FinePix F30, Panasonic Lumix FX35,
Ricoh Caplio G3, Ricoh GR Digital II, Ricoh GR Digital III, Ricoh GR Digital IV,
Sony RX100,
Sigma DP1x, Sigma DP2, Sigma DP2x, Sigma DP1 Merrill, Sigma DP2 Merrill, Sigma DP3 Merrill,
Ricoh GXR, Ricoh GR, Fuji X-Pro1, Fuji X-T1, Fuji X-M1
Nikon D200-IR,
Canon EOS 5D Mark II, Sony A7R




2014/10/23: Apple iPad mini 3

2年前に初代iPad miniを買い、MacBook Airの代わりに旅行に持ち歩くようになりました。
キーボードはロジクール ウルトラスリム キーボード。

旅行に持ち歩くとなると、やはりセキュリティが気になるので、当然パスコードでロックするわけですが、
しかし、毎回のロック解除がこれまた面倒なわけです。

昨年iPhone 5sが出た時に、即iPhone 5から機種変更した理由は、Touch IDの搭載が最大の理由でした。
iPad miniの後継機種にもTouch IDの搭載を期待していましたが、
昨年秋に発表されたiPad mini RetinaディスプレイモデルにはTouch IDは実装されていませんでした。
したがって、iPad mini Retinaディスプレイモデルは見送り、Touch ID搭載の後継機を待ちわびていました。

そして、ついにiPadにもTouch IDが搭載されたので、iPadを更新することにしました。





141023_MBA13_001.jpg

(富士フイルム X-M1 w/FUJINON XF 35mm F1.4)

iPad mini 3は、前機種のiPad mini Retinaディスプレイモデルとスペックは全く同じです。
違いはTouch IDだけです。
「3」を名乗る資格無し、とかなり叩かれています。

しかし、初代iPad miniを使用している私にとっては大進歩です。

やはりTouch IDは便利です。
長いパスコードを入れてセキュリティ強度を上げても、指紋一発でロック解除出来ます。



そして、Retinaディスプレイです。

初代iPad miniとの差は歴然。




141025_MP_002.jpg


初代iPad miniでの産経新聞の表示。



141025_MP_003.jpg


iPad mini 3での表示。

すばらしいです。
電子書籍もグンと読みやすくなりました。



141025_MP_001.jpg

(Ricoh GXR w/GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)

LCDの色みは少し変わりました。
右が初代iPad mini、左がiPad mini 3です。



CPUもA5からA7にアップグレードしているのでキビキビ動きます。

iPadは毎晩寝る前のベッドでの読書にも使っていますので、大活躍しそうです。




※iPad mini 3は10月23日に到着。本投稿は25日に書いています。




日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. コンピュータ/iPad |
  2. この記事へのリンク|
  3. Apple
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2014/10/03: 牛込 イタリア料理「リストランテ アモローソ」(8回目)

今回は鎌さんとしのぴーと3人で訪問。




写真は全て、富士フイルム X-M1 w/FUJINON XF 35mm F1.4。

141003_MBA13_001.jpg

141003_MBA13_002.jpg

141003_MBA13_003.jpg

141003_MBA13_004.jpg

141003_MBA13_005.jpg

141003_MBA13_006.jpg

141003_MBA13_007.jpg

141003_MBA13_008.jpg

141003_MBA13_009.jpg

141003_MBA13_010.jpg

141003_MBA13_012_01.jpg

141003_MBA13_012.jpg

141003_MBA13_014.jpg

141003_MBA13_015.jpg

141003_MBA13_016.jpg

141003_MBA13_017.jpg


また来ます。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/イタリアン |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2014/08/23: 西国分寺「潮」(15回目):怪我にもめげず

東南アジア旅行中も心待ちにしていたのは8月23日の「潮」でした。

しかし、出発前の入浴中に立ちくらみで転倒し顔面を強打して唇を裂傷し、
タクシーで大学病院の救急受付に駆けつけることになってしまいました。

病院では若い女医さんに唇の表と裏を約15針縫ってもらいました。
しかし、時計を見ながら「これでは潮さんに間に合わない!」と焦っていたのでした。




140823_000.jpg

(Apple iPhone 5s)

どうしたら一番早く病院から西国分寺に行けるかとあれこれ考え、
結局タクシーと東上線と武蔵野線を組み合わせて、何とか約束の10分遅れで「潮」に到着。



皆さんにご心配とご迷惑をおかけして本当に申し訳ないです。

アルコールは禁止の指示でしたが、ご馳走をアルコール抜きでは悲しいです。
ヱビスで乾杯して、いよいよスタートです。






140823_001.jpg

(Sony A7R w/Voigtländer Nokton 35mm F1.2 Aspherical VM II、以下同じ)

先付 水玉豆腐、生うに、芽葱、からし。

ああ、めげずに来てよかった・・・



140823_002.jpg


「潮」の夏です。
涼しそうでしょう。



140823_003.jpg


前菜 帆立明太衣、ほうずき鱧南蛮、新子卯の花寿司、白ダツ枝豆和え、ふっこ白瓜巻、水蛸樽醤油。

毎度のことながら驚くことは、これらの美しい前菜が毎回違っていることです。
潮さんの無限のアイデアと驚異的技術とお持て成しの優しさから生み出されます。

素晴らしい。




140823_004.jpg


椀盛り 蟹朝顔、葉冬瓜、吸口・柚子。

朝顔の中身は蟹ですよ。
はぁ〜。



140823_005.jpg


向附 あずきはた、鱧、塩、山葵。

カンペキなお造り。完璧。まさに非の打ち所がないとはこのこと。



140823_006.jpg


焼物 比内鳥、加茂茄子焼きつけ、葱、すだち。

茄子、メチャウマ。



140823_007.jpg


冷し煮物 利休南京、人参。

南京に白ゴマと黒ゴマのコーティング。
味わい深いです。美味しいです。




140823_008.jpg


さあ、本日のメインイヴェントです。

鍋 鮑しゃぶしゃぶ、三葉、若布、肝ポン。




140823_009.jpg


鍋の白い液体は鮑の汁。
潮さんが取り分けてくれます。




140823_010.jpg


口の怪我も忘れてしまいます。



140823_012.jpg


止 ぞうすい。

鮑の肝入です!



140823_011.jpg


漬物 水茄子、その他。



潮さんとのいつもの会話です。

潮さん:「もうおなかいっぱいでしょ?蕎麦は要らないよね?」
私たち:「蕎麦くださーい!」\(^o^)/



140823_013.jpg


蕎麦 秋新そば 北海道雨竜群雨竜町 キタワセ。



140823_014.jpg


甘味 練り切り仕立、朝顔。

その辺の和菓子専門店は潮さんにかないません。



140823_015.jpg


甘味 シュークリーム。

潮さんに出来ないことは何もありません。





140823_999.jpg


潮さんは早朝から準備をしてくれているというのに、
私は不注意から怪我をしてしまって、本日は申し訳なかったです。猛省しています。

次回も楽しみです。







日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/蕎麦 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2014/07/12: 東村山 蕎麦懐石「土家」(5回目)

昨年の東南アジア旅行前も「土家」に来ました。

本日もいつものメンバ、Kさん、Nさん、Mさんの4名です。




140712_MBA13_001.jpg

(Sony A7R w/Voigtländer Nokton 35mm F1.2 Aspherical VM II、以下同じ)

この佇まい、いいでしょう。




140712_MBA13_002.jpg


八坂神社の例大祭だそうです。





140712_MBA13_003.jpg


いつものようにハートランドビールで乾杯。




140712_MBA13_004.jpg


座付は蕎麦豆腐。夏野菜、じゅん菜、ブルーベリー。
ブルーベリーと蕎麦豆腐が合うなんて不思議。




140712_MBA13_005.jpg


糖質ダイエット中なので蕎麦焼酎だ。
\(^o^)/




140712_MBA13_006.jpg


トウモロコシのスープ。焼きとうもろこし入り。
濃厚で美味しい。一同絶賛。





140712_MBA13_007.jpg


酒の肴は、モロヘイヤ、オクラ、鰻の玉子焼き、カマス、カボチャのカレー煮、ヤングコーン、コーンのひげ、ナス、ししとう、茗荷の酢漬け、稚鮎の南蛮漬け。
一つ一つがカンペキな仕上げ、しかも全体としてまとまっている隙の無さに感動です。





140712_MBA13_008.jpg


梅のシロップ漬け。
とろとろ。





140712_MBA13_009.jpg


蕎麦がき。いさき、夕顔、青梗菜。
この出汁の美味しさ。




140712_MBA13_010.jpg


日本酒も2品いただきました。





140712_MBA13_011.jpg


天婦羅。
皆で「今は太刀魚が美味しいよね」と話していたら、太刀魚が出てきましたよ。






140712_MBA13_012.jpg


シメの蕎麦。
美味しい。





140712_MBA13_013.jpg


デザートはスイカ。






140712_MBA13_014.jpg


「土家」、素晴らしいです。

東京の蕎麦屋の頂点です。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2014/06/27: 下目黒 寿司いずみ (81回目):夏の旅行前に

夏の東南アジア旅行の前に「いずみ」へ。

本日は、KさんとMさんが一緒です。




140627_MBA13_002.jpg

(Ricoh GR、以下同じ)

「いずみ」は万年「準備中」です。




140627_MBA13_003.jpg


はじまりはじまりぃ〜。





140627_MBA13_039.jpg


なんと、座付の写真を撮り忘れました!

鱧の卵の凝りと甘夏、だったような。




140627_MBA13_004.jpg


穴子の玉子焼き。




140627_MBA13_005.jpg


岡山県浅口の焼き蝦蛄。
大きい。




140627_MBA13_006.jpg


赤鮑。




140627_MBA13_008.jpg


鮑の肝。
これに鮑を浸けていただくのです。




140627_MBA13_009.jpg


鮑を食べちゃったので、鮨飯をちょこっと入れてもらって・・・




140627_MBA13_010.jpg


よぉ〜く混ぜ混ぜすると、激ウマの鮑の肝飯の出来上がり。
\(^o^)/





140627_MBA13_007.jpg


鮑の紐。




140627_MBA13_011.jpg


今日の刺し身はスマガツオとシマアジ。




140627_MBA13_012.jpg


いつもの行者ニンニクの醤油、玉ねぎ、和芥子。




140627_MBA13_013.jpg


海鞘の茶碗蒸し。
酒が進むぞ!




140627_MBA13_014.jpg


琵琶湖の鮎のフライ。小さいが稚鮎ではなくてこれで成魚だそうだ。
濃厚な味。




140627_MBA13_016.jpg


鰹の酒盗と鮪の塩辛。




140627_MBA13_017.jpg


鯛の卵の塩辛。




140627_MBA13_018.jpg


烏賊の塩辛の黒造り。




140627_MBA13_019.jpg


プリン体アラモード。
鯔の卵巣の風干し、鯛の卵巣の味噌漬け、ヒラマサの卵巣の風干し、鼈甲卵。

これで酒を飲むなというのは拷問でしょう。

「いずみ」特製明太子もあったと思うけど写真無し。




140627_MBA13_020.jpg


珍味の最後は、もちろん、苦うるか。
絶品。死にそう。



いよいよお鮨屋さんの開店!







140627_MBA13_021.jpg


甘鯛。




140627_MBA13_022.jpg


稚鮎。
7年前に初めて「いずみ」で稚鮎の鮨をいただいて以来、この美味しさの虜になっています。




140627_MBA13_023.jpg


鯵の赤酢〆。




140627_MBA13_024.jpg

140627_MBA13_025.jpg

140627_MBA13_027.jpg

140627_MBA13_028.jpg


怒涛のウニ4品。
宇宙一美味い。




140627_MBA13_026.jpg


墨烏賊。




140627_MBA13_029.jpg


幻のキメカ、黃メカジキ。




140627_MBA13_030.jpg





140627_MBA13_031.jpg





140627_MBA13_032.jpg


何の炙りでしたか?




140627_MBA13_033.jpg





140627_MBA13_034.jpg


カワハギ。




140627_MBA13_035.jpg


真鰯。




140627_MBA13_036.jpg


金目鯛の漬け。




140627_MBA13_037.jpg


煮蛤。





140627_MBA13_038.jpg


シメの煮穴子。








酒:

・サッポロラガービール中瓶。
・群馬 群馬泉 樽酒。
・宮城 阿部勘 金魚。
・静岡 志太泉 特別本醸造。
・鳥取 こなき。
・静岡 志太泉 八反。
・群馬 水芭蕉。

いや、いつものことですがもっと飲んだと思います。





この鮨屋の神髄を知りたければ、この本を読むべし。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2014/06/21: 西国分寺「潮」(14回目):すっぽん三昧

初夏の「潮」はすっぽん三昧。全部すっぽん。凄いぞ。


いや、言葉軽く「すっぽん三昧」などと言えるようなものではないことは、
潮さんをご存知であれば容易に想像でき、しかし容易には想像できないのであります。




西国分寺から歩いている途中で、Kさん・Nさん・Mさんと合流。




140621_MBA13_001.jpg

(Ricoh GR、以下同じ)

この暖簾に出会ったのは初めて。




140621_MBA13_002.jpg


何度来ても「潮」の料理を待つこの緊張感がたまりません。

今日はカメラはRicoh GRのみ。
肩が痛くて重いカメラを持ってくることが出来ませんでした。






140621_MBA13_003.jpg


先付・すっぽんの肝刺。

前回の肝刺しとはちょっと違う、レモンの香り。



140621_MBA13_004.jpg


冬瓜釜むし。

いきなりこれですよ。すっぽんの冬瓜釜し。3時間蒸したそうです。



140621_MBA13_005.jpg


潮さんが冬瓜釜むしを取り分けてくれました。

目黒の親方の赤鮑の冬瓜スープを彷彿とさせる深い味わい。





140621_MBA13_006.jpg


造り・こち洗い。

この厚み、温度。魚の旨さの頂点。




140621_MBA13_007.jpg


すっぽんの茶碗蒸し。

小さな餅まで入っている。この発想力に脱帽。




140621_MBA13_008.jpg


焼物・すっぽんの塩焼き。

これですよこれ。一昨年も感動した一品です。



140621_MBA13_009.jpg


揚物・すっぽんの唐揚。

サイコー!



140621_MBA13_010.jpg


鍋・すっぽんのなべ。

すっぽん以外の具はありません。
潮さんは余計なものを入れるのが嫌いなんです。




140621_MBA13_011.jpg


潮さんが取り分けてくれます。

このスープに熱燗。
永遠に続いて欲しい時間。




140621_MBA13_012.jpg


すっぽん鍋。



140621_MBA13_013.jpg


すっぽんの雑炊を水なす、人参、胡瓜、大根でいただきます。



140621_MBA13_014.jpg


蕎麦・常盤秋そば。






140621_MBA13_015.jpg


本日のデザートは和菓子です。
美しい器と一緒に出てきました。



140621_MBA13_016.jpg


菓子・水牡丹。

先のすっぽんもこの美しい和菓子も潮さんが作るんです。



140621_MBA13_017.jpg


菓子・落とし文。
梅雨の雨の雫の表現。



140621_MBA13_018.jpg


菓子・レモンタルト。

レモンの充実した酸味が程よい甘みでまとめられてる。

潮さん、なにものですか!





140621_MBA13_019.jpg


お薄。
和菓子のシメは抹茶。





毎回、思うのですが、
潮さん、このかたはどこまで進むのでしょう?

一同、圧倒されて店を出たのでした。











日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/和食 |
  2. この記事へのリンク|
  3. グルメ・料理
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0

2014/05/30: 下目黒 寿司いずみ (80回目):5ヶ月ぶり

140530_MBA13_001.jpg

(Ricoh GR、以下同じ)

80回目の訪問は5ヶ月ぶりとなってしまいました。




140530_MBA13_002.jpg


いつものように「赤星」で開幕。




140530_MBA13_003.jpg


座付はこの時期の定番、鯵の酢なめろう、ジュンサイ入り。




140530_MBA13_004.jpg


焼き蝦蛄。
「いずみ」でこんな大きな蝦蛄は初めて。岡山県浅口のもの。




140530_MBA13_005.jpg


玉子焼きも蝦蛄入り。こちらは三河湾。




140530_MBA13_006.jpg


赤鮑。
「いずみ」の鮑は海の香りが素晴らしい。




140530_MBA13_007.jpg


鮑の肝。
すし飯を入れて拭い取ります。




140530_MBA13_008.jpg


勝浦の鰹。
親方曰く「春なのに何でこんなに脂がのっているんだ?おかしいでしょ?」

キメカジキ。ペルー沖から。
「いずみ」で初めてだそうで、築地のカジキの老舗から連絡を受けて仕入れたそうです。




140530_MBA13_009.jpg


芝海老のしんじょう、赤山椒を添えて。




140530_MBA13_010.jpg


パッションフルーツの沼田(ぬた)。
これも「いずみ」初夏の定番。本日はマンボウの腸、黄ニラ。




140530_MBA13_011.jpg


さあ、ここから珍味スタートです。

まずは、スッポンの卵の醤油漬け。
ブレてますね。酒が回ってます。\(^o^)/




140530_MBA13_012.jpg


鯛の子の塩辛、鰹の塩辛・酒盗、鮪の塩辛。
酒が絶好調です。




140530_MBA13_013.jpg


穴子のシラス?
メモにはそう書いてあるのだけど、記憶が・・・・




140530_MBA13_014.jpg


苦うるか。
気絶しそうな風味です。これほど酒に合う肴が他にあるでしょうか。




140530_MBA13_015.jpg


プリン体アラモード。
鯔の卵巣の風干し(唐墨)、鯛の卵巣の味噌漬け、鰊のまこ、鰊のしらこ、卵の鼈甲漬け。
尿酸値向上中。




140530_MBA13_017.jpg


干瓢。




140530_MBA13_018.jpg


さあ、ここからお鮨屋さん開店です。

まずは、真子鰈。




140530_MBA13_019.jpg


稚鮎。
これぞ「いずみ」の真骨頂。




140530_MBA13_020.jpg


ムラサキウニ。これは大畑から。
ウニも「いずみ」ならではの味だ。




140530_MBA13_016.jpg


「いずみ」のウニは箱入りではなく、海水入りです。





140530_MBA13_021.jpg


白魚。
たまりません。




140530_MBA13_022.jpg


豆鯵、赤酢〆。




140530_MBA13_023.jpg


もう一つ豆鯵、白酢〆。
鯵が最高に美味い季節だ。




140530_MBA13_024.jpg


黃メカジキ。
不思議な味だったなぁ。




140530_MBA13_025.jpg


鮪。




140530_MBA13_026.jpg


アオサのお吸い物。




140530_MBA13_027.jpg


墨烏賊、烏賊専用のツメ。




140530_MBA13_028.jpg


鯵。




140530_MBA13_029.jpg


白子。




140530_MBA13_030.jpg


鰤?




140530_MBA13_031.jpg


かわはぎ。




140530_MBA13_032.jpg


小鯛。




140530_MBA13_033.jpg






140530_MBA13_035.jpg


煮蛤。





140530_MBA13_036.jpg


シメはやはり煮穴子。






酒:

・サッポロラガービール中瓶。
・秋田 山本 うきうき純米吟醸生 ゴージャス山本酵母。
・佐賀 鍋島 活性にごり酒。
・静岡 志太泉 焼津山田錦。
・新潟 鄙願。
・群馬 水芭蕉。
・東京 神津島 盛若 島。

他にもいただいたはずだけど、いつものように記憶も記録もありません。
\(^o^)/





この鮨屋の神髄を知りたければ、この本を読むべし。





日常写真ランキング ←応援よろしくお願いします!
  1. グルメ/寿司・鮨・すし |
  2. この記事へのリンク|
  3. 鮨・寿司・鮓・すし
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:5

コメント

次のページへ 前のページへ

プロフィール

Khon_Ruai


管理者:Khon_Ruai

私のアイデンティティは写真作家。
私の写真は白黒銀塩が本流ですが、
このブログではデジカメ画像を中心に日々を記録していきます。

昭和36年7月生まれ。
東京都区内在住


アメリカン・エキスプレス


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリー


今日の月


ClustrMaps

Locations of visitors to this page


since 2007/04/17


最新の記事


ベストセラー


月別アーカイブ